20代は未経験業界への転職チャンス!成功の方法や人気の業種・職種を解説

【20代必見】未経験業界への転職を成功に繋げるためのノウハウ紹介|

ある程度仕事に慣れてくると、「現在の仕事や会社が想像と違った」と転職を意識することもありますよね。

20代での転職は、現職の業種にこだわらず転職活動をする人も多く「20代で未経験業種への転職ってどうなの?」と思っている人もいるでしょう。

20代の未経験業種への転職は十分に可能で、20代だからこそ挑戦しやすいというメリットもあります。

その理由やポイントについて、詳しくみていきましょう。

この記事でわかること

  • 20代で未経験の業界・職種へ転職するために必要なこと
  • 20代の未経験の転職でおすすめな業種・職種
【無料で利用可能!】
★20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
doda
doda
  • 10万件以上の求人を紹介
  • 圧倒的な求人数の多さからホワイト企業を探しやすい
  • 人気企業への内定確率を合格診断で確認

詳細


リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 【キャリアUPを狙う20代におすすめ!】
  • 20万件もの独自の非公開求人を持つ
  • 大手ならではの細かく手厚いサポート体制が整っている

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 正社員就職率80.4%の高い実績
  • 全求人を訪問取材してブラック企業をブロック
  • 書類作成から円満退職までお任せ!

詳細

20代の未経験業界・職種への転職事情は20代前半と後半違う

20代で未経験の業界への転職は可能?

実際に20代で未経験業界・職種へ転職をする人は大勢います。

転職サイト「doda」によると、24歳以下で70.5%25歳〜29歳で63.4%の人が未経験業種へ転職をしています。

参考:異業種・異職種転職の実態

しかし、年代が上がるごとに未経験業界の転職率が下がっていることから、20代前半と後半で転職事情に違いがあることを注意しなければいけません。

20代前半(20~25歳)は第二新卒枠を活用できる

20代前半(20~25歳)は転職市場でも需要の高い第二新卒枠のなかで転職ができます

企業側も、第二新卒枠は会社での実績より今後のポテンシャルを見込んで採用をおこなうので、たとえ未経験の業界や職種でも採用される可能性が生まれます。

そのため20代前半の未経験業界・職種への転職チャレンジは、第二新卒枠から外れる20代後半に比べて有利になるでしょう。

20代後半(26~29歳)から未経験業界・職種への転職は厳しくなる

20代後半(20~25歳)になると第二新卒枠から外れ、企業側もポテンシャルに対する期待が薄くなり、具体的なスキルを求めるようになります。

そのため、20代後半の未経験業界・職種への転職は、同年代の業界経験者または20代前半と比べると不利と言えるでしょう。

しかし、近年は人手不足の企業が多く存在し、業界や職種によっては20代後半でも今後の育成枠として採用したいと考えているところもあります。

また、20代後半の採用は経験やスキルを重視する企業が多いですが、たとえ未経験の業界・職種でも前職の経験をうまく活かせる業界を選べば未経験でも採用される可能性が高くなるでしょう。

20代の未経験業界への転職で失敗するパターン

勇気を持って未経験の業界に飛び込むからこそ、後悔しない転職をしたいと誰でも思うでしょう。

未経験業界への転職で失敗しないためにも、まずは失敗パターンを理解しておくことが大切です。

イメージや憧れだけで転職する

前から憧れていた業界や職種を目指して、20代のうちに転職を目指す人がいます。

しかし、転職に成功していざ仕事に取り組んでみた結果、「華やかな仕事だと思っていたら地味な作業ばかり」、「仕事内容がハードすぎてついていけない」と言って再び転職してしまう人が少なくありません。

これは未経験業界・職種へ転職する人の中で特に多い失敗パターンです。

憧れやイメージだけで転職を進めてしまい、業界や企業の情報収集ができていなかったことから、入社前と入社後のギャップが生まれて挫折してしまいます。

まずは転職を希望する業界や職種について、「どうしてその仕事に就きたいのか」を徹底的に深掘りすることが大切です

できれば実際に同じ業界で働く人と話をして、理想と現実のギャップを埋めることができれば転職先も自然と見えてくるでしょう。

今の仕事に対する不満を解消したくて転職する

今の業界よりもっと楽なところで働きたい」と考えて未経験業界への転職を検討している人も多いのでは?

この場合、実は仕事内容の不満というよりも、職場の環境や人間関係が問題であることが多いのです。

そのため、業界を変えたからといって必ずしも今の状況が解消されるわけではありません

まずは転職を考えるに至った理由について、落ち着いて自己分析することをおすすめします。

不満の内容によっては、上司や人事に相談することで解決できる場合があります。

また、同じ業界でも会社を変えることで環境が改善される可能性もあるため、未経験業界を検討する前に同じ業界の会社の様子を調べて比較してみるのが良いかもしれません。

20代で未経験業界・職種の転職を成功させるために必要なこと

20代における未経験の業界・職種への転職は、同業種の転職よりも人生を大きく変える可能性がある重要な決断になります。

転職活動を成功させるためにも、行き当たりばったりで進めるのではなく、ひとつずつ計画を持ってやり切ることが大切です。

ここでは、20代で未経験業界・職種への転職に成功させるために必要な6つのポイントを紹介していきます。

転職を成功させる6つのポイント

  • 未経験業界・職種向けに自己分析をしておく
  • 一貫性のある面接・書類対策
  • 面接日などのスケジューリングを徹底する
  • 転職に向けた社内調整は余裕を持っておこなう
  • 転職後に社風が変わることへの心づもり
  • 転職活動が不安なら転職エージェントを活用する

未経験業界・職種向けに自己分析をしておく

学生時代の就職活動でも十分に行った自己分析ですが、社会人として仕事を経験した現在はあの頃の自分と違うはず。

新卒時でも重要だった自己分析は、転職活動でも最優先で行うべき大切なポイントです。

今の仕事を辞めてでも未経験の業界・職種に転職したいということは、それだけ自分を動かす大きな理由があるはずです。

また、自己分析に基づいて強みや得意なこと・スキルを掘り下げていくことで、未経験の業界・業種でも説得力のある志望理由を作れるようになります

学生時代とは違って、社会に出たからこそ見えるようになった自分の強みを言葉にしてみましょう。

一貫性のある面接・書類対策

職務経歴書などの書類対策と合わせて、面接対策も忘れずにしておきましょう。

代表的な質問である転職理由は、言い換えれば現在の仕事を辞める理由で、志望動機とも関係がある部分になります。

転職理由と志望動機は一貫性のある内容を心がけましょう。

また、転職理由で「嘘をつく」「本音すぎる」理由はNGです。

転職理由がネガティブで嘘をつきたくなるかもしれませんが、嘘をつくと他の質問とは様子が違うのでバレやすく、よい結果を招きません

転職理由を本音ベースで伝えると、自分では正直に言ったつもりでも企業によっては印象が悪くなってしまうこともあります。

伝えにくい転職理由でもポジティブに言い換えて、うまく話すようにしましょう。

書類や面接の対策には、次の流れを意識することが大切です。

転職理由:「将来のキャリアをこう考えている」「このような仕事をしたいと思っている」

志望動機:「望むキャリアを御社なら具現化できる」「したいと思っている仕事ができる」

自己PR:「自分の強みは◯◯。それを活かしてこの仕事に貢献できる」

未経験業界・職種の場合、「この業界・職種を志望する理由」について聞かれることも多いと思います。

その場合もこの流れに沿った志望理由が言えれば、納得度の高い志望理由を伝えることができます。

面接日などのスケジューリングを徹底する

未経験業界・職種に限りませんが、転職活動のスケジューリングに十分注意しましょう。

現職があるとはいえ何度も面接日程の変更などを申し入れると、「社会人なのに段取りが悪い」と相手企業の心象も悪くなってしまいます。

緊急時は仕方がないかもしれませんが、ある程度余裕を持ったスケジューリングをして極力スケジュール変更のないように心がけてください

現職と並行して転職活動を行う場合は、有給などをうまく利用してスケジュールを調整しましょう。

転職に向けた社内調整は余裕を持っておこなう

これも未経験業界に限ったことではありませんが、引き継ぎ準備などの社内調整は余裕を持っておこないましょう。

せっかく希望の会社から内定が出ても、引きとめられて現職に残留というケースもあります。

スムーズに社内調整を行い、円満退社を目指しましょう。

社内調整で大切なのは退職交渉のタイミングです。

タイミングとしては退職予定日の1~3ヶ月前が目安です。

いきなり退職交渉をするのではなく、上司のスケジュールを確認したうえで転職報告の場を設けるようにしましょう。

また退職日を逆算したスケジュールを立て、仕事の引き継ぎも忘れずに進めていきましょう。

退職告知時に転職先企業名を言う必要はありません。

余計なトラブルを招く可能性もあるので、極力企業名を伝えるのは避けたほうが無難です。

転職後に社風が変わることへの心づもり

いざ採用されて会社に入ってみたものの、職場の雰囲気が合わないことから短期間で退職を決断してしまうことも少なくありません。

「社風」は転職理由のなかでも上位になることが多い項目です。

業界や職種が異なれば、社風や働いている人の雰囲気はガラッと変わることもあります。

また、それが想像していた通りとは限りません。

これまであなたが学習してきたコミュニケーションは、あなたが今までいた業界・会社・職種での常識です。

未経験での新しい職場では、良かったことも悪かったことも一度フラットに受け止める心の準備をしてみましょう。

先入観や思い込みだけではなく自分からその業界や会社の雰囲気に慣れるよう、社風が変わることへの心づもりは欠かせません。

転職活動が不安なら転職エージェントを活用しよう

未経験業界や職種への転職は、面接や自己分析だけでなく業界分析までひとりでおこなう必要があり、「思っていたより転職活動が大変」と感じて挫折する人も少なくありません。

そんなときにおすすめなのが、転職を全面的にサポートして成功に導いてくれる転職エージェントです。

転職エージェントは求人を紹介してくれるだけでなく、ひとりだと難しい自己分析や、ネットで検索するだけでは出てこない業界の情報を教えてくれるので、有利に転職活動を進めることができます。

また、転職エージェントが持っている求人の中には非公開求人もあり、希望していた企業に出会う確率も高くなるのでおすすめです。

20代の転職におすすめのエージェントはこちら↓

20代の未経験業界への転職でおすすめな業種・職種

業種や職種によっては、未経験者を積極的に採用しているところもあります。

次にどんな業種や職種が未経験でも転職しやすいのか見ていきましょう。

将来性があり今後も需要が拡大していく業種・職種

未経験の転職で検討しておくと良いのが、将来性があり今後も需要が拡大していく業種・職種です。

需要が少なくなっている業界は、今後給与や求人数も需要の低下に合わせて少なくなっていく可能性があります

そのため、将来性といった不安を解消するためにも、需要が高い業種や職種を選べば長期的に見て自分自身の大きな成長を期待できます。

需要が拡大している主な業種・職種

  • AI・IT業界
  • webサービス業
  • 人材紹介業
  • クリエイティブ職
  • 農業・漁業

参照:厚生労働省 中途採用に係る現状等について

人手が不足している業種・職種

人手が不足している業種や職種は、未経験での転職に大きなチャンスです。

人手不足の業界や企業には「人材がほしいのに応募者が集まらない」、「事業が急拡大して採用が追い付かない」といった理由があります。

そのため、他の業種に比べてポテンシャル採用される可能性も高くなります。

人手が不足している主な業種・職種

  • 建設・建築業界
  • 運送・物流業界
  • 介護・福祉・医療業界
  • 飲食業界

参照:厚生労働省 人手不足の現状把握について

常に未経験の人材を広く受け入れている業種・職種

業界によっては常に未経験者歓迎で求人を応募しているところもあります。

こうした仕事は入社時に特殊な資格や専門的な技能を求められないので、ノウハウをしっかり身につければ長期的に活躍することができます

特に20代の若い人材であれば、採用後にスキルを積ませて最終的には管理職へと成長させようと考える採用担当者も多く、キャリアアップを視野に入れて転職を検討できる可能性があります。

未経験歓迎の主な業種・職種

  • 営業職
  • 接客サービス業
  • 製造業界
  • 専門商社

参照:厚生労働省 一般職業紹介状況(令和元年12月分及び令和元年分)

20代で未経験の業界へ転職した人の声

未経験業界への転職の成功談
男性アイコン 25歳:男性
カテゴリー第二新卒
転職活動期間6ヵ月
転職経験1回
きっかけDODA

Q:「未経験職種への転職を決断した理由はなんですか?」

A:営業のノルマが辛かったのでノルマがない事務職に転職したかった為

Q:「転職活動前に不安に思っていたことはなんですか?」

A:新卒で1年間営業として働きましたが、ベンチャー企業で大した経歴も資格もないので経歴にじ自信がありませんでした。 また、パソコンスキルも全くなかったため事務職に不安もありました。 この経歴で次の職場が決まるのか、弱気になっていました。

Q:「転職エージェントを利用してよかったことはなんですか?」

A:私の経歴よりも、ポテンシャルや人柄を重視している企業を多く紹介してくださいました。 第二新卒ということは、まだ会社のルールに染まっていないので、育てがいがある人材だと企業にとってメリットになりますよ。と励ましてくださいました。

Q:「これから転職する人にアドバイスするとしたらどのようなアドバイスをしますか?」

A:若さや素直さをプラスに捉えてくださる企業が、労働人口の減少に伴い増えているというお話をエージェントの方がしてくださいました。 迷われている時は、転職するしないに関わらずまずエージェントに登録して仕事を探してみることが第一歩かと思います。 思い切りも大事です、頑張ってください。

未経験業界への転職の成功談
女性アイコン 23歳:女性
カテゴリー第二新卒
転職活動期間3ヵ月
転職経験なし
きっかけマイナビエージェント

Q:「未経験職種への転職を決断した理由はなんですか?」

A:前職が潰れてしまいそうだった為

Q:「転職活動前に不安に思っていたことはなんですか?」

A:学生時代からバイトとして、洋菓子店に勤務していた為、飲食店以外の仕事を経験したことがなかったので、転職して自分に他の仕事ができるのか心配でした。また、仕事を辞めてしまって、新しい仕事が本当に決まるのかも心配でした。

Q:「転職エージェントを利用してよかったことはなんですか?」

A:ケータイを使い空いてる時間を利用し朝晩関係なくサイトで探すことができたので助かりました。 キーワードを入力し検索をかけるとキーワードにあった仕事が一覧で出てくることも助かり数多くの求人を見ることができました。

Q:「これから転職する人にアドバイスするとしたらどのようなアドバイスをしますか?」

A:転職をすることはすごく勇気がいることだと思います。 しかし1度きりの人生、今自分に向いていないんじゃないかと思って働くよりも仕事でも毎日充実できる、楽しいと思える仕事についた方がいいと私は思います。年齢が上がるにつれて転職することも難しくなると思うので早めの方がいいと思います。

未経験業界への転職の失敗談
女性アイコン 28歳:女性
カテゴリー初めての転職
転職活動期間1ヵ月
転職経験なし
きっかけ過労による体調不良

Q:「未経験職種への転職を決断した理由はなんですか?」

A:介護の仕事で過労となりドクターストップを受けたことと、結婚する予定のため、引っ越し先で仕事を探す予定でした。

Q:「転職活動前に不安に思っていたことはなんですか?」

A:介護の仕事しかして来なかったので、パソコンが入力程度であまり出来ないので、私にできる仕事が介護以外であるのかが心配でした。給与が夜勤と残業代で貰えていたのが、夜勤がなくなると、給与が下がってしまうことが心配でした。

Q:「転職中にこれだけはやらなければよかったと思ったことはなんですか?またそれはなぜですか?」

A:事務職を探すのに未経験だと受け入れてもらえないだろうて思い、介護関係の事務に応募しましたが、面接までいくのですが、自分の職歴と資格を見て、介護事務ではなくて、現場のリーダーとして働いてほしいと何社からか言われてしまいました。

Q:「これから転職する人にアドバイスするとしたらどのようなアドバイスをしますか?」

A:未経験だとなかなか受け入れてもらえないことは多いですが、自分の関連してる職種と関係があると、そっちに誘われてしまい、無駄な転職活動になってしまうので、気をつけてください。また、未経験だから受け入れてくれるだけ良いところだと思うと待遇が悪かったりするので、採用されてもしっかりと考えて入職してください。

20代で未経験業界への転職に便利なエージェント3選

未経験転職が不安なら転職サイト・エージェントを活用すべき

未経験の業界・職種選びなら、手厚いサポートが魅力の転職エージェントを利用しましょう。

20代の転職活動に使えるおすすめ転職エージェントを3社ご紹介します。

doda(デューダ)

doda

doda(デューダ)は全国に拠点を展開する大手転職エージェントです。

業界・職種ごとに配置されているキャリアアドバイザーがいるので、同業種の特化した転職相談にもおすすめです。

dodaの強み
  • 公開求人数は8万件ほど。うち約4,000件が「第二新卒歓迎」求人
  • dodaでしか取り扱っていない求人も多く、就労条件の良い案件が多い
  • 「転職ガイド」コンテンツも充実しており、初めての転職にも安心
dodaの注意点
  • 取り扱い案件数は多いが未経験者可の求人が相対的に少ない
  • dodaのエージェントサービスに登録しないと応募できない案件もある

dodaはこんな方におすすめ

  • 転職に関する様々な情報を知りたい人
  • 豊富な求人情報から転職先を選びたい人
  • キャリアの選択肢を広げたい人

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人業界大手の「リクルート」が運営する転職エージェントです。

転職のサポートだけでなく、30代以降のキャリア形成も視野に入れたアドバイスをしてくれます

キャリアアドバイザーがしっかり相談に乗ってくれるため、未経験職種・業界の転職活動では登録しておいて損はないでしょう。

リクルートエージェントの強み
  • 公開求人140,000件以上、 非公開求人150,000件以上という圧倒的な案件数を保持
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーの助言が受けられる
  • 一人では気づけない様々な可能性を模索し紹介できる案件紹介力
リクルートエージェントの注意点
  • 紹介してくれる案件数が多いメールが多いので受け取りには工夫が必要
  • マイペースに進めたい人は振り回されないよう希望軸を早めにしっかり固めること

リクルートエージェントはこんな第二新卒の方におすすめ

  • 実績の多い転職エージェントを利用したい人
  • 様々な業界・職種の求人を検討したい人
  • 年収や条件面の交渉をしてほしい人
  • 平日夜や土日にも面談をしてほしい人

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは、20代の転職に特化した転職エージェントです。

未経験歓迎の求人を多く取り扱っており、キャリアに自信がない第二新卒でも利用しやすいのが特徴です。

新型コロナ感染症対策として、LINE電話による面談もおこなっているのでコミュニケーションもとりやすく安心です。

ハタラクティブの強み
  • 未経験OKの求人が1,500件以上
  • 学歴よりも人柄を重視する企業が多数
  • 書類審査通過率91.4%!内定率80%!
ハタラクティブの注意点
  • キャリアアップを望む方には物足りない
  • アドバイザーは若い人が多い

ハタラクティブはこんな第二新卒の方におすすめ

  • 第二新卒でキャリアにまったく自信のない人
  • ビジネスマナーから面接のコツまでじっくり学びたい
  • 学歴にコンプレックスがある

まとめ|20代で未経験の業界へ転職するために必要なこと

ポテンシャルや柔軟性が高い20代にとって、未経験業界や職種への転職は十分可能です。

とはいえ、ポテンシャルがあるからといって必ず転職が成功するわけではありません


その業界や職種を目指す理由、企業への志望理由を自分の強みや転職理由とうまく結びつけアピールしましょう。

また、書類・面接対策や退職準備などしっかり準備をすることも大切です。


自分一人ではやることが多い未経験業界や職種への転職活動は、転職エージェントを利用するのもコツです

応募可能な企業を増やせたり、書類選考や面接を突破しやすくなったりしますよ。


キャリア構築のための一歩として、大勢の20代が新しい業界へ転職しています。

正しく転職活動の準備を行い、未経験業界・職種への転職をぜひ成功させましょう!

【無料で利用可能!】
★20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
doda
doda
  • 10万件以上の求人を紹介
  • 圧倒的な求人数の多さからホワイト企業を探しやすい
  • 人気企業への内定確率を合格診断で確認

詳細


リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 【キャリアUPを狙う20代におすすめ!】
  • 20万件もの独自の非公開求人を持つ
  • 大手ならではの細かく手厚いサポート体制が整っている

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 正社員就職率80.4%の高い実績
  • 全求人を訪問取材してブラック企業をブロック
  • 書類作成から円満退職までお任せ!

詳細

関連記事

【7月最新】20代未経験者が登録すべきおすすめ転職サイト・転職エー…

未経験の転職におすすめの転職サービスをお探しではないでしょうか。 「未経験者向け」と書か…

第二新卒の失敗しない転職サイト・エージェントの選び方【タイプ別】

今や3人に1人は転職をしている時代、転職サービスもたくさん増えてきました。 しかし増えすぎ…

初めての転職でも迷わない履歴書の書き方と印象を下げるNG例を紹介

初めての転職で、久々に書く履歴書に戸惑う人も多いのではないでしょうか。 「

第二新卒の転職理由はそれで大丈夫?“理由のポジティブ化”例文9つ

第二新卒者の転職では、転職理由が特に重視されがちです。 理由が…

第二新卒の面接対策!自己PRや志望動機の回答例・服装のマナーを解説

「第二新卒の自己PRは、新卒と同じでいいの…