第二新卒の転職成功術|需要が高い今が転職のベストタイミング

第二新卒

第二新卒は転職にあたって不利にならないか
第二新卒ならではの転職の進め方を知りたい

第二新卒は前職での在籍期間が短いので転職で不利にならないかなと不安に感じるのではないでしょうか?

実は第二新卒は転職に非常な有利な時期であり、これを逃すと採用ハードルが高い経験者向けの採用枠にトライしなくてはならなくなります。

この記事でわかること

  • 第二新卒の定義
  • 第二新卒の転職状況と需要
  • 第二新卒の転職の進め方
  • 第二新卒の転職で成功するコツと失敗の原因
★20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
doda
doda
転職サイト
転職エージェント
  • 多くの求人を見たい人におすすめ
  • 転職エージェントと転職サイトの両方を使える
  • 【業界最大級】常時10万件の求人を紹介

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
転職エージェント
  • 未経験業界に転職したい人におすすめ
  • 実際に調査した優良企業のみ紹介
  • 面接のフォローがあるため安心!

詳細

DYM就職
DYM就職
転職エージェント
  • 職歴・学歴に自信がない人におすすめ
  • 書類選考なしで面接可能!
  • 高い就職率96%

詳細

目次

第二新卒とはいつまで?定義は会社によってバラバラ

「第二新卒」とは、社会経験3年目くらいまでの、経験よりもポテンシャルを期待されている方のこと。

出典:リクルートエージェント 第二新卒とは?

年齢としては大学卒業後3年未満なので一般的に23歳から25歳が第二新卒とは呼ばれています

ただし、企業によって第二新卒の定義や意味は異なるため明確な定義というものは存在しません。

第二新卒の転職市場における需要と転職の戦略

第二新卒が積極採用されている!なぜ需要が高いのか?

第二新卒での転職となると、「新卒採用後すぐに会社を辞めることが悪い」というイメージを想像してしまうかもしれませんが、第二新卒を積極的に採用する企業は増えている事実があります。

転職希望者の50%以上が24歳以下の若者

厚生労働省の発表した平成29年度の雇用動向調査における年齢別の統計では男女合わせて24歳以下の入職者の割合がなんと一番高く、実に全体の5割以上を占めていました。

新しく内定を獲得した転職希望者の50%以上が24歳以下の若者です

第二新卒の一般的な定義が職歴3年未満の24歳から25歳までの若者とすると、一番内定を獲得しているのは第二新卒であると言えます。

また企業の採用意欲を示すデータとしては、東京労働局の資料があり、24歳以下の年齢に対する有効求人倍率は平成29年2月の段階で1.57倍となっており、企業側の第二新卒に対する高い採用意欲が事実としてあることが確認できます

若年層が離職率が高いので穴埋めをする必要がある

厚生労働省の発表する「新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)」では新卒で就職した若者の32.2%以上が離職したと発表されています。

若者の3人に1人が離職しているため、第二新卒の若者を採用して穴埋めをしている企業が多いです。

上記の内容からも国家が発表する正確なデータでも第二新卒の需要が高まっていることがハッキリと理解できますね。

第二新卒はスキルよりもポテンシャルへの期待が高い

労働政策研究・研修機構の第二新卒者の採用実態調査によるとスキルよりもポテンシャルよりの項目が第二新卒には求められていることがわかります。

企業が第二新卒に求める人物像

  • 人間としての魅力
  • 自ら考え、自ら行動し、高い成果を出せる人
  • コミュニケーション能力
  • リーダーシップ
  • 理解力
  • チャレンジ精神
  • 好奇心旺盛

つまり第二新卒の転職を成功させるための戦略としては、「人としての魅力」や「就業意欲」をいかにアピールできるかが鍵になります。

もちろん専門的をスキルを持っているに越したことはありませんが、第二新卒は転職の時期として良いタイミングなのです。

【体験談あり】第二新卒の転職で成功するコツと失敗の原因

第二新卒の需要が高いからといって転職が必ずうまくいくとは限りません。

ここでは第二新卒で実際に転職した人の成功談と失敗談を交えながら、転職のコツについて紹介します。

第二新卒の転職を成功させる4つのコツ

第二新卒の転職を成功させるためのコツは主に以下の4つです。

第二新卒の転職を成功させる4つのコツ

  1. 自己分析をして将来のビジョンを明確にする
  2. 今の仕事を続けながら転職活動をする
  3. 自己PRで就業意欲をアピールする
  4. 転職エージェントを活用する

コツ1|自己分析をして将来のビジョンを明確にする

1年先の仕事に対するビジョンを明確に決めて、それから更に5年後、10年後にどのように活躍したいかを考えて自分なりの軸を作りましょう

例えば経理業務を行っていたとして

キャリアビジョン(経理の場合)
  • 1年後には基礎を完成させる
  • 5年後には財務を行えるようになる
  • 10年後には会社全体のお金の動きを見て判断できる
  • ファイナンスの仕事ができるようになる

というのが「具体的なキャリアビジョン」です。

コツ2|今の仕事を続けながら転職活動をする

第二新卒を成功させるうえで大切なことは焦らずに転職先を決めることです。

もしも会社を辞めて転職活動をしようとすると、毎月のお給料がなくなってしまうため、精神的にも不安定になってしまいます。

お金がなくなってしまうことや空白期間が空くことに対する不安感から、あせって不本意な企業に就職しては意味がありません

コツ3|自己PRで就業意欲をアピールする

さきほどの第二新卒に求める人物像でもありましたが、履歴書や面接でいかに就業意欲をアピールできるかが重要となります。

20代前半の第二新卒はスキルよりもポテンシャルへの期待が高いので、自己分析と同様に、履歴書の添削・面接対策にはより力を入れるべきでしょう。

第二新卒が転職をする際に準備する書類作成(履歴書・職務経歴書)や面接のコツは別記事で詳しく紹介しているので是非読んでみてください!

コツ4|転職エージェントを活用する

これまで「自己分析」「自己PR」などの重要性について触れていきましたが、これらをすべて無料でサポートしてくれるのが「転職エージェント」になります。

転職エージェントでサポートしてもらえること

  • ネットでは探せない非公開求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 自己分析
  • 面接対策
  • 企業の面接日程調整

第二新卒の転職に成功するためには、この転職エージェントの利用が重要ポイントとなります

第二新卒の転職で失敗する4つの原因

逆に第二新卒の転職を失敗させてしまうような要因は何なのでしょうか?

この見出しでは失敗談とあわせて第二新卒が転職を失敗する要因について紹介します。

第二新卒が転職で失敗する4つの要因

  1. 会社を辞めることが転職の目的になっている
  2. 転職先が決まる前に辞めてしまう
  3. 転職理由を人間関係や会社・仕事のせいにしている
  4. 前職の在籍期間が短い

失敗要因1|会社を辞めることが転職の目的になっている

今の会社が嫌だから転職先はとりあえずどこでも良いしとにかく早く辞めたい

というような転職活動をすることは避けましょう。

何の展望も持たず、キャリアビジョンも描かないまま転職活動をしてもしっかりとした志望動機が面接の場で伝えられないなどの矛盾に直面することになります。

景気がよく内定が出やすい状態なので、自分の志望していない会社に入社してしまう可能性が高いです。

失敗要因2|転職先が決まる前に辞めてしまう

理由としては、退職をしてしまうとお給料がなくなってしまうため転職活動中にあせりが出てしまうためです。

早く就職して安心することが目的となってしまい、いまよりよい会社に行くという最大の目的を果たせず、再度就職活動をすることになってしまう可能性があります。

失敗要因3|転職理由を人間関係や会社・仕事のせいにしている

転職理由を考えるとき、そして面接担当者に伝えるときは、「他責にしない」という点を注意するようにしましょう。

一番重要なのは「上司が嫌だ」「給料が低い」といった感情をそのまま転職理由として設けないことです。

第二新卒に限らず、転職理由は「ポジティブ化」することがポイントになります。

第二新卒の転職理由をポジティブ化した例文を別記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてはいかがでしょうか?

失敗要因4|前職の在籍期間が短い

第二新卒での転職は若いほうが有利ですが、職歴1年未満での転職はできる限り避けるようにしてください(できれば1年間は耐えるようにしてください)。

24歳が内定率のピークではあるのですが、一方で最低でも1年間は仕事の経験を積んでいないと、企業にとって第二新卒を採用するメリットである「最低限のビジネスマナー」が身についていない、と判断されてしまう可能性があるのです。

最低限、社会人として活躍できる素地が作られた状態で転職活動を始められるようにしましょう。

第二新卒の転職におすすめの転職サイト・エージェント

転職エージェントの存在は知っているけど、どれに登録すればいいのかわからない

といった方は是非参考にしてみてください。

転職エージェントはどれでも登録してよいわけではなく、きちんと第二新卒にマッチしたサービスを利用するべきです

今回は第二新卒にマッチした3つのエージェントを厳選して紹介します。

エージェントごとに特徴やおすすめする人が違いますので自分に合うエージェントを見つけてください。

多くの求人を見たい人にはdoda

dodaは、パーソルキャリアが提供する無料転職支援(人材紹介)サービス無料転職支援(求人情報サイト)の2つを持ったサービスです。

圧倒的に多い約10万件以上の求人があり、幅広い職種の求人があります。

未経験業種に転職したい人にはハタラクティブ

ハタラクティブは実際に取材した企業のみを紹介しているため自分に合った企業を紹介してくれます。

さらに、面接でうまくいかなかった場合でもエージェントがあなたのアピールをしてくれるので安心して転職活動に取り組めます。

職歴・学歴に自信がない人はDYM就職

登録後は書類選考なし面接からのスタートができます。

他のエージェントが転職成功率80%程度のところ、DYM就職は就職・転職率は96%と高い水準になっています。

まとめ|第二新卒の転職で人生は変わる

第二新卒の転職は需要が高いため成功しやすく、新卒よりも社会人としてのマナーを身につけているため有利です

第二新卒の採用は毎年増えており、市場規模が拡大しています


転職に成功するコツは、自己分析とキャリアの棚卸をしっかりと行い自分だけの転職条件を決め、今の仕事を続けながら転職活動をすることです。


新たな職場で希望に満ちた日々を送られるように転職エージェントと共に頑張りましょう。

★20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
doda
doda
転職サイト
転職エージェント
  • 多くの求人を見たい人におすすめ
  • 転職エージェントと転職サイトの両方を使える
  • 【業界最大級】常時10万件の求人を紹介

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
転職エージェント
  • 未経験業界に転職したい人におすすめ
  • 実際に調査した優良企業のみ紹介
  • 面接のフォローがあるため安心!

詳細

DYM就職
DYM就職
転職エージェント
  • 職歴・学歴に自信がない人におすすめ
  • 書類選考なしで面接可能!
  • 高い就職率96%

詳細

カテゴリー内記事一覧

初めて転職する方必見|履歴書の書き方と印象を下げるNG例を紹介

転職をしようと考えたとき、久々に書く履歴書に戸惑う人も多いのではないでしょうか。 「

初めて転職する方必見|職務経歴書の作成ポイントと具体的な書き方…

初めて転職する方に向け、職務経歴書を簡単に説明すると、求職者のキャリアをプレゼンテーションするた…

転職の面接を初めて受ける人が気を付けるべき全注意点と対策

初めて転職をしようと考えているけれど 「転職の面接ってどんなことを聞…

web系への転職を未経験でするには?職種とおすすめエージェント紹介

現在転職を考えていて、web系に関心のあるあなた。何となくweb系はこれから伸びそうだと思いつつも…

転職では平均何社に応募するべき?「量」ではなく「質」にこだわろう

転職活動を始めたときに困るのが、平均何社応募すれば内定が出るのかという判断軸がないこと。

初めての転職の不安は、転職エージェントに相談して解消しよう!

「初めての転職活動で不安だ」「どうやれば…

これだけは知っておきたい! はじめての転職活動の進め方

「初めての転職だけど、絶対に失敗したくない

第二新卒の転職時期は1〜3月と7〜9月が有利!根拠を徹底解説

第二新卒の転職に適した時期は一般的には1〜3月と7〜9月です。 「第二新…

転職の相談をする相手はどう決める?|転職活動の相談先と進め方を…

「転職の相談は誰にすればいいの……?」「初…

【第二新卒】転職サイト・エージェントの選び方とお勧め3選

「第二新卒ってどの転職サイトを使えばいいの?」「