20代後半の転職で失敗しない方法|未経験業界・職種におすすめな転職サイト・エージェントを紹介

20代後半にさしかかると、仕事もある程度できるようになり、男性・女性ともに結婚や出産などのライフイベントについて考え始める人も多い時期。

このままこの会社で働いていていいんだろうか…」という考えが頭をよぎったことは一度や二度ではないでしょう。

実際20代後半は転職に適していて、30代を前に転職する人が最も多いというデータが出ています。

20代後半の今、行動を起こした場合のメリット・デメリットもご紹介しますので、ぜひ今後のライフプランに役立ててみてください。

>
【無料で利用可能!】
★20代後半の人におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト

リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 【キャリアUPを狙う20代におすすめ!】
  • 20万件もの独自の非公開求人を持つ
  • 大手ならではの細かく手厚いサポート体制が整っている

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 正社員就職率80.4%の実績
  • 全ての求人先へ訪問取材し、ブラック企業を徹底排除
  • 就職支援実績60,000人以上!

詳細

doda
doda
  • 約10万件以上の求人を紹介
  • 圧倒的な求人数の多さからホワイト企業を探しやすい
  • 人気企業への内定確率を合格診断で確認

詳細

目次

30歳になるまえに転職すべき?20代後半の転職と30代の転職は何が違うの?

20代後半と30代前半の転職の違いってあるの?

20代後半で転職すべきか?30代で転職すべきか?」というのはよくある悩みですが、どちらが良いというものではありません。

20代後半の転職と30代の転職では求められるものや環境が異なります。

20代の転職と30代の転職で大きく違うのは以下の2つです。

20代後半の転職と30代の転職の違い

  • 求められる経験値
  • 組織への馴染みやすさ

20代後半と30代では求められる経験値が違う

一般的に20代後半と30代では、社会人経験の差から求められるスキルにも差が出ます。

企業が求めるのは年齢相応の経験やスキル能力です。

20代後半の転職では、仕事から身に着けたスキルをさらに伸ばそうとする「成長」の姿を求められます。

一方で30代の転職では、今までのスキルや経験を活かして会社に貢献する「即戦力」としての役割が期待されます。

20代後半と30代では組織への馴染みやすさが違う

同僚が昇進・昇格していくことも多くなる20代後半。

もちろん転職先にも20代後半の上司がいます。

そこに30代の転職者が入社してきたとして、その転職者は前職での成功体験があるので、自分にある程度の自信も持っているでしょう。

この場合、30代の転職者がすでにいる年下上司の言うことをなかなか聞いてくれないというケースがあります。

こうした事例を知っている採用担当者だった場合、20代後半と30代では、どちらを採りたいと思うでしょうか?

配置に余計な神経を使わずに済むかどうか?」、「組織にうまく馴染んでくれるかどうか?」という懸念が少なくて済む点では、20代後半の転職の方が有利と言えるでしょう。

20代後半で転職活動するメリット・デメリット

実際に20代後半で転職すると、どのようなメリットやデメリットがあるでしょうか。

20代後半で転職するメリット・デメリットは以下になります。

20代後半の転職のメリット

  • 年収を上げられる可能性が高い
  • 未経験の仕事にもまだチャレンジできる
  • 役職経験がなくても雇ってもらえる可能性が高い

20代後半の転職のデメリット

  • ライフイベントの組み立てが難しくなる

メリット1:キャリアアップで年収を上げられる可能性が高い

増加 減少 増加-減少の割合
20代後半 46.6% 27.8% 18.8ポイント
30代前半 44.7% 29.2% 15.5ポイント

出典:厚生労働省「平成30年雇用動向調査結果の概況」

20代後半の転職では30代に比べて年収を上げられる可能性が高いです。

厚生労働省による「平成30年雇用動向調査結果の概況」では、30代前半の転職者より20代後半の転職者の賃金が増加した割合が3.3ポイント多いことがわかります。

20代後半であれば仕事に対するポテンシャルがある程度考慮されるので、経験を買われて転職のタイミングで役職者になれる、あるいは前職よりも年収を上げることも可能です。

メリット2:未経験の仕事にもまだチャレンジできる

20代後半であれば、まだ未経験の仕事にチャレンジできる可能性も高いです。

未経験の業種ではなく、未経験の職種の場合は少々難易度が高くなりますが、業種の場合は転用できるスキルがあるようであれば問題なく転職が可能でしょう。

メリット3:役職経験がなくても雇ってもらえる可能性が高い

30代と比較すると、20代後半は経験だけでなくポテンシャル部分も期待されるため、役職経験がなくても雇ってもらえる可能性が高いです。

30代の転職でも、応募先の企業で40代以下の役職経験者がいない超大手企業なら、役職経験がなくても問題視されることは少なくありません。

しかし、30代で役職者がいる企業ではそう見られないことも多く、30代で役職経験なしの転職だと不利になる可能性があります

そのため、20代後半のうちに転職しておく方が業界や企業の選択肢も増えるので、30代の転職より有利に動くことができます。

デメリット:ライフイベントの組み立てが難しくなる

20代後半で転職するデメリットは1つ。

それはライフイベントの組み立てが難しいということです。

20代後半で結婚などの話が出ていれば、「お互いにどれくらいの年収が必要なのか」という基準が作れます。

しかし、まだ相手が決まっていない状態、あるいは結婚するかどうかもわからない状態だと、相手の年収や希望する子どもの数によっては必要年収も大きく変わる可能性も出てくるのです。

結婚相手がまだ決まっていない中での転職となると、何を決め手としていいのか判断しづらいという点はデメリットといえるでしょう。

転職を始める前に、まずは近い将来の計画を決めておくことが重要です

子どもの人数や希望の生活基準など先んじて設定しておき、それが実現できるように予定を組んでおけばライフイベントに沿った転職を進めることができるでしょう。

20代後半の転職理由と年収・結婚・出産事情

性・年齢階級別転職入職率のグラフ(令和元年上半期)

出典:令和元年上半期雇用動向調査結果の概要

上記のデータを見ると、他の年代と比較して20代後半で転職している人が男女ともに多いことがわかります。

その先を見ていくと年齢が上がるにつれて入職・離職ともに定年までは減っていく傾向が見て取れます。

このデータから見ても30代で転職活動をするより、20代後半の今のうちに動いておく方が成功確率が高いのは間違いなさそうです。

一方で、20代後半で転職に踏み切った方には様々な理由があります。

そこで、厚生労働省の雇用動向調査結果を基に、20代後半の転職理由を比較しながら調べてみましょう。

20代後半の男女別転職理由TOP3

まずは転職した方たちが前職を辞めた理由について見ていきましょう。

男性の理由 女性の理由
1位 給料が少なかった 人間関係が好ましくなかった
2位 仕事内容に興味を持てなかった 労働条件が悪かった
3位 労働条件が悪かった 給料が少なかった

出典:令和元年 上半期雇用動向調査結果の概要

男性の多くは「給料が少なかった」「仕事内容に興味を持てなかった」が離職理由となっており、女性では「人間関係が好ましくなった」「労働条件が悪かった」が離職理由として多く挙がっています。

ここから、男性の主な転職理由は「キャリアアップ」、女性の転職理由は「ライフスタイル重視」に集約されていることがわかります。

どちらの理由にしても、20代後半の転職には自分の将来を予測し対応できるような職場選びが必要になってくる可能性が高いです。

20代後半の男女別平均年収

転職する人の多さや離職理由はわかったものの、同じ20代後半の人たちの平均的な年収が気になるという人も多いでしょう。

自分の年収が世の中の平均と比べた時にどうなのか、実際に男女別の平均年収を見て判断してみてください。

男性の年収 女性の年収
26歳 384万円 339万円
27歳 401万円 348万円
28歳 415万円 354万円
29歳 427万円 361万円

出典:平均年収ランキング最新版【年齢別】

dodaが発表している『平均年収ランキング最新版【年齢別】』では、男性の平均年収26歳が384万円、27歳が401万円、28歳が415万円、29歳が427万円となっていて、26歳〜27歳の上昇幅が最も大きいです。

同じく『平均年収ランキング最新版【年齢別】』を見ると、女性は26歳で338万円、27歳で347万円、28歳で354万円、29歳で365万円となっています。

男性同様、年齢が上に行くに従って年収が上がっていますが、その上昇幅は男性と比較すると半分程度となっています。

もう間近?20代後半に控える結婚と出産

20代後半になり、「まだ先に思っていた結婚や出産が周囲の変化によってどんどん現実味を帯びてきた」という方も多いでしょう。

初婚の平均年齢や第一子出生の母の平均年齢のデータを見ても、20代後半に結婚や出産が控えていることがわかります。

平均初婚年齢は男性31歳、女性は29歳

男性 女性
平成28年度 31.1歳 29.4歳
平成29年度 31.1歳 29.4歳
平成30年度 31.1歳 29.4歳
令和元年 31.2歳 29.6歳

出典:厚生労働省 令和元年人口動態統計月報年計の概況

上記のデータを見ると、初婚年齢の平均は男性31歳、女性は29歳となっているのがわかります。

結婚をするとライフスタイルが変化しますので、転職する時期を逃してしまいがちです。

妊娠・出産などのライフイベントも遠くない未来に迫り、責任も増す中、転職活動を積極的に行おうという人は多くないのではないでしょうか?

そういった意味では、30歳を超えて転職をするよりも、20代後半のうちに転職しておく方が将来を考えやすいと言えそうです。

初婚年齢は平成24年~27年にかけて男性が30.8~31.1歳、女性が29.2~29.4歳となっています。

今後、徐々に年齢が上がっていくにしても、20代後半が今後を検討する時期であることは変わりないでしょう。

初めての出産の平均年齢は30歳

令和元年の第一子出生時の母の平均年齢は30.7歳

出典:厚生労働省 令和元年人口動態統計月報年計の概況

第一子出生時の母の平均年齢は30歳ということから逆算すると、平均で29歳時点で妊娠をしている状態です。

正社員ではなく、派遣社員や契約社員など期間限定の雇用契約を会社と結んでいる場合、転職してから育休を取得するためには、1年間は在籍していなければなりません。

そのため、29歳の時点で出産してからも働き続けられるところにいなければならないことがわかります。

現在の環境が子育てとの両立が難しいようであれば、転職を早めから考えておくのもいいでしょう。

未経験分野や育休重視の転職なら20代後半、役職経験があるなら30代の転職でもOK

20代後半と30代前半で違う転職理由

ここまでの内容をまとめると、未経験分野にチャレンジしたいと考えている人、あるいは育休といったワークライフバランスがしっかり取れるように転職したいと考える人なら20代後半での転職がおすすめです。

一方で30代の転職となると、会社にとって30代の採用は後進を育てるという意味合いが強くなります。

それを考えると、30代になった場合、未経験分野への挑戦を受け入れてくれる母数が圧倒的に減ってしまうと考えられます。

逆に役職経験があるのであれば、30代の転職でも問題ない場合もあります。

まずは転職を考えた理由を改めて見直して、20代後半のうちに転職した方がいいのか、あるいは30代になってからでも遅くはないのか、判断するようにしてみてください。

20代後半の転職で失敗しないための3つのコツ

なんとか転職したものの、思っていた環境と違うことから転職を後悔することも少なくありません。

20代最後の転職になるので、できれば失敗を回避して良い転職にしたいところ。

そこで、20代後半の転職で失敗しないための3つのコツをご紹介します。

  1. 自分の特性を理解する
  2. ポータブルスキルを身につける
  3. 成長産業を見る目を養う

1.自分の特性を理解する

まずは自分の特性を理解することが大切です。自分があまり苦労を感じずにできること、得意と人にいわれることは何でしょうか?

年収を上げていこうと考えた場合、苦手を克服しようとするよりも、人よりも優れたポイントを伸ばしていくことに注力するのが一番です。

あなたが他の人よりも突き抜けられるポイントを探し、自分を使うメリットを提示することができれば、転職先でも重宝される人材になれるはずです。

2.ポータブルスキルを身につける

ポータブルスキルとは、コミュニケーション力やマネジメントスキルといった、どの企業に行っても通用するスキルのことです。

やり方が異なる企業への転職、あるいは業界をまたいでの転職の場合、仕事のやり方などで目減りするような能力ではなく、どこに行っても使えるスキルが必要です。

例えば人の購買意欲を刺激するプレゼンテーション能力は営業・企画・広報など職種や業種問わずどこでも使えます。

どこでも通用するポータブルスキルを身につければ、年収アップも比較的簡単に達成できるはずです。

3.成長産業を見る目を養う

20代後半での転職はライフイベントに耐えられるよう、年収も安定していて今後長く働いていける会社を選ぶことが重要です。

そのため、働き始める業界が成長産業かどうかを見抜ける目を養うことが重要です。

薬品や介護系の業種であれば超高齢化社会の日本では需要がずっとあり続けるでしょうし、その業界に関連する企業であれば、安泰と言ってもいいでしょう。

20代後半の転職活動では、株価の動きやニュースなどをチェックし、自分が検討している業界が今後どのような動向を見せるか、という部分まで考えるようにしてみてください。

長く働ける職場=順調にキャリアが積める職場になるので、順調な年収アップにも繋がっていきます。

20代後半の女性が結婚後も働きやすい職場へ転職する2つのコツ

次に、20代後半の女性が結婚後も働きやすい職場へ転職する2つのコツをご紹介します。

  1. 女性の復職率と満足度を見て選ぶ
  2. 自分なりの入社後計画を話す

1.女性の復職率と満足度を見て選ぶ

転職先の職場で結婚・出産を迎える可能性が高いため、生活の変化に対応可能な職場を選びたいと思う人も多いはずです。

育休取得率を開示している企業は多いですが、問題は職場に復帰してからのこと。

復職率はどの程度なのか?復帰後はどういう仕事についているのか?満足度は高いのか?というところまで見て選ぶようにしましょう。

2.自分なりの入社後計画を話す

結婚後の女性が転職活動をすると、「すぐ育休に入ってしまうのでは…?」という懸念をする人事も多いでしょう。

しかし、その場合は自分なりの入社後計画を話すことが重要です。

入社後に即戦力になれるよう、こういった勉強をして◯年経ったら出産、出産してからはこのような働き方がしたいため、そのために今◯◯をやっているなど、しっかり準備をしていることを伝えてみてください。

それでもNGの場合は入社しても不幸な働き方をする可能性が高いと思われるため、内定をもらえなくても気にしないのが一番です。

20代後半でも未経験業界へ転職はできるの?

20代後半で未経験職種に転職

20代後半を最後のチャンスと捉えて、「異業種に未経験で転職したい」と考える方も多いでしょう。

もちろん、20代前半といった若ければ若いほど、企業側が未経験に対する抵抗を感じないのは確かです。

しかし、ある程度放っておいても仕事ができる業種の違いさえ把握すれば即戦力になってくれる人材は20代前半にはいません。

この即戦力という点が、20代前半の人にはない20代後半の人の強みになってきます。

同じ土俵で戦うのではなく、自分しか持っていない経験をアピールし、いかにその企業にとってメリットになるのかをプレゼンし、内定をしっかり勝ち取っていきましょう。

未経験の異業種へ挑戦したい20代後半におすすめの業界・職種5つ

  1. 法律事務所の事務
  2. 不動産仲介の営業
  3. Webマーケティング職
  4. 製薬会社のコンサル職
  5. 介護職

法律事務所の事務

事務職経験があれば比較的定時で帰れることも多い仕事として法律事務所の事務職に転職するのもおすすめです。

もちろん入社してからは法律関連のことを勉強する必要もありますが、依頼された業務を確実に行う能力をアピールしていけば転職も難しくありません。

長く働いていくこともできる仕事ですので、将来性もあるといえるでしょう。

2.不動産仲介の営業

不動産仲介の営業職であれば、高齢者も含めて単身者が増えていることから、今後も需要が減ることはないでしょう。

また、専門的な話は宅建の資格を持った方が対応してくれますので、内見の案内、顧客対応ができそうなコミュニケーション能力があれば問題なく転職できます。

3.Webマーケティング職

企業がどうやってWebを活用すれば自社の商品が売れるのか、広告効果を上げる提案をするのがWebマーケティング職の仕事です。

こちらも営業職など顧客に接する仕事、あるいはマーケティングを学んだことがあれば異業種でも転職が可能です。

知識を身につけ、マーケティングで効果が出せるようにしておけば会社勤めだけに限らず、フリーランスや独立をして年収を上げることも可能です。

4.製薬会社のコンサル職

製薬会社は医療が進歩すること、そして寿命が延びていくこれからの時代には成長することが目に見えている業界です。

コンサルティングファームで研究開発などの経験があれば、例え異業種であっても転職が可能です。

仕事内容としては製薬会社の戦略立案・マーケティング・組織設計・営業体制の構築などさまざま。

製薬会社の業務の中で、大きな組織を動かす経験をすることができます。

5.介護職

介護業界は人手不足なだけでなく、今後も長寿化により拡大していくことが予想される業界です。

資格試験の補助が出る施設も多くありますので働きながら資格を取得していくこともできるのがメリットと言えます。

また、資格を取得していけば管理職になることも可能です。

業界的にも将来性がある仕事だと考えられるでしょう。

【20代後半向け】おすすめ転職サイト・エージェント3選

この記事でお伝えしてきたように、さまざまなライフイベントに対応できることや将来的に働き続けられる会社を見つけるためにも、20代後半の転職活動はとても重要です。

忙しく仕事をしながら条件に合う会社を探すためには、転職サイトや転職エージェントをうまく活用するのがおすすめ。

今回は20代後半向けの転職サイト・エージェントを厳選して3社ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

圧倒的求人数保有の「doda」

dodaは転職サイト・転職エージェントの2つを利用することができます。

登録しておけば求人情報を探すための転職サイトとして利用できることや、エージェントを介して企業に応募することもできます。

中でもdodaの強みは約10万件という圧倒的な求人数であり、自分の希望に合った仕事を探しやすいことがポイントです。

日本最大級のエージェントサービス|非公開求人の豊富さに定評のある「doda」

dodaの特徴

  • 約10万件の求人から、希望に合う会社を見つけられる
  • 未経験職種への転職に強い
  • 2人のプロによる転職活動サポート
  • イベントの出展企業数・募集職種数No.1
公式サイトはこちら

各業界・職種に強い「パソナキャリア」

パソナキャリアはキャリアアドバイザーが業界職種別のチーム体制で利用者のサポートに当たるため、20代後半の転職において心強い味方となってくれます。

様々な業界/職種に対応!約15,000件の非公開求人があるパソナキャリア

パソナキャリアの特徴

  • 各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザー
  • 平日、土日問わず1.5時間〜2時間程の面談
  • 約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人
公式サイトはこちら

年収交渉に強い「type転職エージェント」

type転職エージェントは関東一都三県限定の転職エージェントですが、関東圏では大手に引けを取らない案件数を誇ります。

また、転職時の年収交渉に強く、転職者の約71%が年収アップに成功したというデータもあるので、年収アップ中心に転職を考えている方にはおすすめです。

業界ごとに専門のキャリアアドバイザーが全力サポート

type転職エージェントの特徴

  • 非公開求人に出会える!
  • 年収交渉はお任せ!
  • 応募書類・面接にプロのアドバイス!
  • 条件や入社日の交渉などは不要!
公式サイトはこちら

転職エージェントにはそれぞれ強み弱みがあります。

複数社の併用をしてお互いの弱みをカバーし合うかたちで使うのがベストです。

充実した30代を迎えるために

今20代後半の方が充実した30代を迎えるためには、やりがいと条件が合致する会社で働くことが大切です

今後のライフイベントや将来性を考えた時、今の職場環境に疑問が浮かぶようであれば、まず転職エージェントに登録してみるなどの行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

1人で活動するより多くの情報を得ることができますし、手間を省いて効率的に転職活動ができるはずです。

使えるものはすべてうまく活用し、必要なスキルを身につけながら転職への準備を進めてみてください。

うまく活用できれば、自分のキャリア・プライベートをより輝きのあるものにできるはずです。

>
【無料で利用可能!】
★20代後半の人におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト

リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 【キャリアUPを狙う20代におすすめ!】
  • 20万件もの独自の非公開求人を持つ
  • 大手ならではの細かく手厚いサポート体制が整っている

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 正社員就職率80.4%の実績
  • 全ての求人先へ訪問取材し、ブラック企業を徹底排除
  • 就職支援実績60,000人以上!

詳細

doda
doda
  • 約10万件以上の求人を紹介
  • 圧倒的な求人数の多さからホワイト企業を探しやすい
  • 人気企業への内定確率を合格診断で確認

詳細

カテゴリー内記事一覧

29歳の転職はエージェント利用が成功へのおすすめ!未経験職種を目…

28歳の転職は遅いの?キャリアアップと未経験転職の違いや成功のコツ…

30歳手前の28歳という年齢にさしかかると、仕事を覚えることも一段落して今後のキャリアプランについて…