フリーターにおすすめの就職サイト・就職エージェント5選を徹底比較

フリーター向けの就職サイトってあるの?」
どのサイトを活用すればいいのか選べない

といった不安を持っている人は少なくないのではないでしょうか?

フリーターの就職活動は、就職サイトや就職エージェントなどを有効に活用すれば希望の企業と出会えるチャンスは十分にあるでしょう

ただしフリーターが就職を成功させるためには、フリーターに特化した+自分に合った就職サイト、就職エージェントを選ぶことが重要です。

この記事では、フリーターが就職活動する際に利用したいおすすめの就職サイトと就職エージェントを厳選してご紹介します

★20代・フリーターにおすすめの就職エージェント★
サービス
特長
公式サイト
ウズキャリ

ウズキャリ
  • 他社の10倍のサポート時間
  • 内定率86%
  • 入社後定着率93%

詳細

ハタラクティブ

ハタラクティブ
  • 書類審査通過率91.4%
  • 内定率80.4%
  • 未経験歓迎求人が2,300件以上

詳細

就職サイトと就職エージェントの違い

冒頭から「就職エージェント」という言葉をあえて使っていますが

そもそも「就職エージェント」の存在を知ってるフリーターの人はどれくらいいるのでしょうか?

※もし知っている場合はこの目次を飛ばして、次の目次に移りましょう。

知らない人のために、就職エージェントと就職サイトの違いについて軽く説明します。

就職エージェントには充実した就職サポートがある

就職サイト 企業情報・採用情報が業界別、職種別、地域別といったさまざまな項目で検索できる情報サイト
就職エージェント 就職者1人または複数名に対して専任のアドバイザーが就職活動のサポートしてくれるサービス

違いを一言で表すと

就職のサポートをしてくれる人がいるかどうか」です。

就職のサポートとは具体的にいうと以下のようなサポートがあります。

★就職エージェントがサポートしてくれること★

  • ネットでは探せない求人の紹介
  • 必要書類の添削
  • ビジネスマナー講座の実施
  • 面接対策

就職エージェントを活用するだけで就職成功率が2倍になる?

一例ですが第二新卒・既卒・フリーター・ニートをターゲット層とした就職支援サービス「JAIC」では

実績として利用者の就職成功率が「80.3%」という数値を持っています。

JAICの就職成功率

※JAIC公式サイトより引用

上の図の通り、普通に就活をした場合の就職成功率が48.9%に対して、JAICのような就職エージェントを利用すればその数値を倍近くにできることがわかります

つまり

就職サイトや就職エージェントといったサービスをいかに就活で活用できるかが鍵となります。

就職エージェントの重要性がわかったところで、本題のフリーターにおすすめな就職サイト、就職エージェントについて紹介します!

フリーターにおすすめの就職サイト・就職エージェント5選

フリーター向けの就職サイトと就職エージェントはありますが、どれでも良いというわけではありません

自分に合った就職サイトと就職エージェントにしよう!」

と言われても、選ぶ基準がなければどれが自分に合っているかなんてわかりませんよね?

ここでは

  • 各就職サイトと就職エージェントの特徴
  • どんな人に合っているのか

についてわかりやすく紹介します!

★フリーター向けの就職サイト・就職エージェント5選★
サービス
特長
詳細
リクナビNEXT
  • 転職者の約8割が利用(毎週2.6万人が新規登録)
  • フリーターを対象とした求人も揃っている
  • 転職決定数NO.1の転職サイト

詳細

ウズキャリ
ウズキャリ
  • 内定率86%
  • ブラック企業を除外しているため定着率93%以上

詳細

ハタラクティブ

ハタラクティブ
  • 正社員就職率約80.4%
  • 未経験OK企業求人が1,500件以上

詳細

JAIC
JAIC
  • 就職成功率80.3%以上
  • 入社後定着率94.3%

詳細

DYM就職
DYM就職
  • 就職率96%
  • 優良企業求人2,000社以上

詳細

自分に合った就職サイト、就職エージェントがわかるサービス比較表

就職サイト、就職エージェント別に「どんな人におすすめなのか」を比較表でまとめました!

下の比較表を参考に、各サービスの特徴についてチェックしてみましょう。

サービス こんな人におすすめ
リクナビNEXT
  • 豊富な求人数を比較検討したい
  • エージェントを介さず自分のペースで就職活動をしたい
  • できるだけ幅広い業界、職種の会社を見てみたい
ウズキャリ
  • IT・Web系の会社に興味がある
  • 時間をかけて就職のサポートをしてほしい
  • 同じ会社で長く働きたい
ハタラクティブ
  • 同じ会社で長く働きたい
  • 首都圏で就職したい
  • 書類選考がなかなか通らない
JAIC
  • 営業職に興味がある
  • ビジネスマナーや面接の講習をみっちり受けたい
DYM就職
  • できるだけ短期間で就職したい
  • 書類選考を受けたくない

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職決定数No.1+転職者の約8割が利用しているリクナビNEXT

本記事で紹介する唯一のフリーター向け就職サイトになります。

※就職エージェントではありません

フリーターから正社員を目指す人向けの求人情報が豊富

リクナビNEXTは「第二新卒」や「20代後半~40代」のような層向けの転職サイトというイメージが強いと思うかもしれませんが、フリーター向けの求人も豊富に取り揃えています

フリーターから正社員以外にも求人検索一覧で

  • 契約社員
  • 派遣社員
  • 業務委託

といった選択肢も含まれています。

転職決定数No.1の実績

リクナビNEXTは転職者の約8割が利用しているサービスであり、転職決定数No.1の実績を持っています

ただしあくまでリクナビNEXTは情報サイトです。

自分一人で求人を選びきれない方は、この後紹介する就職エージェントについて見てみましょう。

ウズキャリ

ウズキャリ

「ウズキャリ」は第二新卒・既卒・フリーター向けのサービスで、他社よりも長いサポート時間が売りの転職or就職エージェントです。

内定率「86%」、書類選考通過率「87%」の実績を誇っています。

他社の20倍サポートに時間をかける

上記の内定率や書類選考通過率の高さは、この徹底的なサポート体制があるからこその実績といえるでしょう。

書類の添削、求人の紹介はもちろんのこと、欠点が治るまで何回も模擬面接の場を用意してもらえる徹底ぶりです

紹介される案件はブラック企業を完全排除

ウズキャリの厳正な自社基準によって離職率が高いブラック企業は完全に排除されているため、入社後の定着率はなんと「93%」という実績をたたき出しています。

  • 離職率が高さ(若手社員)
  • ハラスメントの有無
  • 残業時間の長さ
  • 求人情報との差異

といった企業の細かい情報まで知っているウズキャリだからこその強みですね。

若手人材を積極的に育成・採用している企業を中心に紹介

言葉の通り、主に若年層の採用・育成を中心とした企業の求人を豊富に取り揃えています

大手上場企業からベンチャー企業まで多くの優良求人をウズキャリなら紹介できます。

ただし、ウズキャリで取り扱っている求人は「IT・Web系」の企業が多いため、そういった業界・職種に興味がない人との相性はあまり良くないかもしれませんね。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は、主に20代の正社員を目指す人のための就職支援サービスです。

フリーターの就職活動にも、基本的な就活の流れからはじまり、ビジネスマナーややりたい仕事探しをサポートしてくれます。

未経験歓迎の求人が常時2,300求人以上

紹介される求人企業は未経験歓迎(40種類以上の職種あり)で、しかも常時2,300以上!

求人数が多ければ、自分の希望にマッチする確率は自然とアップします。

カウンセリング実績約6万人以上

「ハタラクティブ」がこれまでにカウンセリングした実績は約6万人以上にわたります。

正社員を目指す数多くの登録者と接するなかで培った、豊富な知識が魅力です。

専属の就活アドバイザーは、カウンセリングだけに終わらず、将来の仕事を決めるためのさまざまな悩みにも耳を傾けてくれます。

営業、企画、エンジニア、事務などの求人の豊富さ

複数のサイトを見ていると気づくでしょうが、同じ求人案件が複数のサイトに掲載されていることもありますよね?

「ハタラクティブ」では、他で掲載されていない非公開求人も多数持っています。

なかには、誰もが入りたいと思うような魅力的な案件も。職種も複数そろっているので、ぜひ利用してみましょう。

JAIC(ジェイック)

DYM就職

「JAIC(ジェイック)」は、フリーターはもちろん、既卒・第二新卒など若年層の就職支援エージェントとして知られています。

無料で受けることができる就活講座や書類選考なしの面接会が魅力的です。

厚生労働省委託事業にも認定された「フリーターの就職支援」

厚生労働省委託の「職業紹介優良事業者推奨事業」において、職業紹介優良事業者として認められています。

認定されている企業数は全国約18,000社もある就職支援会社のうち、わずか43社(2018年4月時点)。

国の厳正な審査基準を通過した就職エージェントです。

80.3%という高い就職成功率(通常は約48%)

冒頭でも例で紹介したように

JAICは実績として、80.3%(2018年8月現在)という就職成功率が物語っています。

通常は約48%といわれる割合を大きく超えているのは、就職活動におけるノウハウがあるからこそ。

5人のうち約4人が就職に成功しているとなれば、ぜひ活用すべきサイトだといえるのではないでしょうか?

離職率の高い業界(外食、投資用不動産など)を紹介しない

「JAIC(ジェイック)」では、できるだけ長く企業に定着し、存分に活躍してほしいという理念にもとづいて、離職率が比較的高い業界(外食系・投資用不動産など)については紹介されないようになっているのも特徴の1つです。

就職後も、専任のアドバイザーが厚くサポートする

「JAIC(ジェイック)」では、就職後も専任のアドバイザーからサポートを受けられます

入社前後の研修をはじめ、個別相談にも応じてくれます。就職が決まったらそれで終わり、ではなく、入社後にありがちなさまざまな悩みも相談できるので安心ですね。

DYM就職

DYM就職

「DYM就職」は、未経験から正社員を目指す人がプロのサポートを受けられると注目を集めています。

対応エリアは東京・大阪をはじめ、名古屋・広島・福岡・札幌・仙台まで幅広いのも大きな特徴です。

就職成功率96%|優良企業の求人数は2,000件以上

就職相談からの就職成功率96%!非公開求人含めて優良企業の求人が2,000以上(2018年8月現在)というのも、利用価値がある魅力的な就職エージェントといえるでしょう。

就業経験がなくても担当者と面談可能

正社員への就職活動となると、これまでの職務経験が重要になる場合が多いです。

しかし「DYM就職」では、これまでの就業経験にとらわれることなく面談が可能です

営業職・エンジニア職・販売職などの求人案件も豊富なので、気になっている職種であれば、ぜひ利用してみたい就職エージェントのひとつです。

書類選考なしで企業と面接

フリーターなどこれまでの職務歴に自信がない場合、書類選考は大きな難関でもあります。

「DYM就職」では書類選考なしでそのまま企業との面接をセッティングが可能になっています

これは、求人企業と「DYM就職」の強い信頼関係があってこそ。エージェントの手厚いサポート・就活対策も受けながら、自分に合う就職先を見つける手助けをしてくれるでしょう。

【フリーター向け】失敗しないための就職サイト・就職エージェントの選び方

今回フリーターにおすすめの就職サイトと就職エージェントについて紹介しましたが、最後にフリーターのみなさんにお伝えしたいのは

就職サイト・就職エージェントの選定は慎重にやりましょう

就職成功のためにはもちろん自分自身のやる気も必要ですが、どの就職支援サービスを選ぶかも就職の成功に大きく影響するでしょう

この目次では「フリーターが失敗しないための就職サイト・就職エージェントの選び方」について紹介します!

自分の希望に沿ったサービスかどうか

フリーター向けの求人を取り扱っているかどうかに加えて

自分の希望(業界、職種、拘束時間、内定までの期間など)に沿ったサービスかどうかの見極めが重要です。

この記事で取り扱っているサービスを例にしてみましょう。

ウズキャリの場合

ウズキャリの特徴 フリーターの希望 相性
  • 他社の20倍サポートに時間をかける
  • IT/Web系の求人に強い
  • あまり時間を拘束されたくない
  • 事務職を希望している
×
  • みっちり就職のサポートを受けたい
  • IT系の会社に興味あり

上の表を見てわかる通り、「時間を拘束されたくない人」にとって「サポート時間が他社より長いウズキャリ」はあまりおすすめできません。

つまりフリーターが就職サイトと就職エージェント選びに失敗しないためには

  • サービスの特徴
  • 自身の希望

の2つを把握しておくことが重要です。

フリーター向けのサービスだからといって必ずしも相性が良いとは限らないことを覚えておきましょう

各就職サイト・就職エージェントごとで「どんな人におすすめなのか」については、こちらから確認できます。

自分に合ったサービスを見てみる

大手の転職エージェントは避ける

当サイトでは「doda」や「リクルートエージェント」といった大手転職サイト・転職エージェントについても紹介していますが、フリーターの方にはあえておすすめしません

理由はシンプルで、フリーター向けの求人が少ないからです

大手の転職エージェントで高い実績を積んでいるとしても、サービスとの相性が良くなければ何の意味もありません。

とりあえず登録をする前に、必ずフリーター向けの就職サイト・就職エージェントなのかどうかをチェックしましょう

まとめ|フリーター向けの求人が豊富な就職エージェントを活用しよう

この記事のポイントをおさらいしましょう。

  • 就職サイトと就職エージェントの違いはプロのサポートがあるかどうか
  • フリーター向けの就職サイト・就職エージェントを利用することが就職成功への近道
  • 自分に合ったサービスを見極める

フリーターから正社員への就職を考えたとき、どんな風に就職活動をしてよいのかイメージできない人もいるでしょう。


就職サイト・就職エージェントといった就職支援サービスをうまく有効活用し、納得のいく形の就職を実現しましょう

関連記事

必見!女性フリーターでも正社員になれる方法と就職しやすい職業

「女性のフリーターって就職難しい?」「フ…

【見本あり】フリーターから正社員を目指す人向けの職務経歴書ガイド

「職務経歴書の書き方がわからない…」「そも…

フリーターでも怖くない!就職に成功するために必要な面接のポイント

「フリーターから脱出しようと転職活動を始めて、やっと面接までこぎつけたけれ…

フリーターを武器にできる?就職を成功に導くための勝てる履歴書ガ…

「履歴書に書く事がない…」「項目が多すぎて何を書けばいいかわからない…」「本…

【フリーターが就職できないのは嘘】就職できない人が守るべき3つの…

「フリーターだと就職活動をしてもうまくいかないのでは?」「