仕事が決まらない人の特徴6つ!年代別の転職のコツと仕事が決まるための解決策

「仕事が決まらない、どうしよう……」
「周りは働いているのに、自分は仕事が全然決まらない」

仕事が決まらず悩んだり落ち込んだりする人は多いです。

しかし、転職サイト・エージェントサービスを提供しているdodaによると、転職成功者の平均応募社数は6~10社が14.3%、21社以上応募した人は32.9%もいるんです。

転職希望者のなかには1社のみの応募で内定がもらえる人もいますが、複数の企業に応募する人の方が多いので内定がもらえなくても必要以上に落ち込む必要はありませんよ。

この記事では、20代~40代の転職のコツや仕事が決まらないときの解決策を紹介しているので仕事が決まらず悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね。

【無料で利用可能!】
★20代・第二新卒におすすめの転職サービス★
サービス
特長
公式サイト

リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 【業界最大級】約10万件の非公開求人を保有
  • 高い専門性を持つ各業界に精通したアドバイザーが面談

詳細

DYM就職
DYM就職
  • 上場企業やトップベンチャーなどの厳選求人
  • 書類選考なしで面接から選考開始!

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 正社員就職率80.4%の実績
  • 全ての求人先へ訪問取材しブラック企業を徹底排除

詳細

転職のコツを年代別に紹介

20代と30代、40代では企業が求職者に求めるスキルや、与えられる立場はそれぞれ違います。

まずは、自身が企業からどのような部分を見られるのか知ることが転職成功への第一歩となるでしょう。

20代の場合

20代は入社後の成長を見越した「ポテンシャル採用」をしてもらいやすいです。

スキルや経験よりも、向上心や人柄などが重視されるので、応募先の企業に「今後の成長が見込める人材だ」と思われるようなアピールが効果的になります。

たとえば、「勉強中の資格」や「入社後のどのようなキャリアプラン築いていきたいか」などを伝えると熱意が伝わりやすいでしょう。

30代の場合

30代は20代と違い「即戦力」の人材を求められるようになります。

これまでの経験や実績を積極的にアピールし、即戦力として貢献できることを伝えるといいでしょう。

もし、未経験の職種に転職する場合は「ポータブルスキル」をアピールするのがおすすめです。

ポータブルスキルとは、マネジメント経験や計画立案力など、どの会社でも役立てられるスキルのことで、未経験であっても戦力になれると伝わるでしょう。

40代の場合

40代の転職では経験や実績が最も重要視されます。

そのため、数字が出せる実績があれば必ず伝えるべきですし、資格や自身の経験をしっかりと伝えましょう。

また、40代の求人はマネジメント職が多くなるため、年代や性別を問わずどんな人とも接することができるコミュニケーション能力も重要になります。

中途採用は採用枠が少ないから仕事が決まらない人が多い

仕事が決まらないのは自分だけではなく沢山の人が抱える悩みです。

けれども、「書類選考の時点で不採用になってしまう」、「人手不足の業界なのに仕事が決まらない

このような状況だと必要以上に悩んでしまったり、自信をなくしてしまう人もいるかもしれません。

しかし、企業の中途採用枠は1人のみの場合が多く、ほとんどの場合は採用者よりも不採用者のほうが多くなるんです。

不採用になってしまっても落ち込みすぎずに、「仕事が簡単に決まらないのは当然のことだ」と切り替えて転職活動を続けると転職成功に近づくでしょう。

仕事が決まらず疲れたときは1日ゆっくり休む

仕事が決まらないと焦りや不安が出てきて精神的に疲れてしまいますよね。

このような状態では、転職活動が上手く行く可能性が低くなるので、思い切って1日転職活動を完全に休むことをおすすめします。

転職のことをまったく考えずに、趣味に没頭したり行きたかったお店へ外出してもいいでしょう。

リフレッシュすることで、転職活動で張りつめていた緊張の糸が緩み、翌日から前向きな気持ちになれますよ。

ただし、休むときは「1日だけ」と決めるべきです。

ダラダラと休む期間が長くなると、再び転職活動しよう気持ちになるのに苦労するので、オンとオフの切り替えは必ず意識しましょう。

仕事が決まらない人の特徴や原因

仕事が決まらない人に共通している特徴や原因は6つあります。

  • 具体的な目標がない
  • 働きたい意志が弱い
  • 社会人マナーが身についていない
  • 企業研究不足
  • 求人の条件を確認していない
  • 面接対策ができていない

それぞれ詳しく解説しますね。

転職してなにをしたいのか明確な目標がない

なんとなく「いまの仕事を辞めたい」、「そろそろ働かないとやばい」と思って転職活動をしても転職は成功しにくいでしょう。

転職活動を始める前に、なぜ転職活動をしたいと思ったのか、新しい会社でなにをしたいのかを明確にします。

目標が決まっていますと転職先の選定でミスマッチを防ぐことができますし、面接官に好印象を与える志望動機を伝えることができますよ。

周りに言われたから就活をしている

転職活動を始める理由が「友人や家族に言われたから」というように、自分の意志ではなく周りから言われたから転職活動をしているという人は仕事が決まりにくいでしょう。

ただし、周囲の意見をきっかけに自分の意志で就活を始めた場合はその限りではありません。

転職活動は多くの時間が必要になりますし、肉体的、精神的にも消耗します。

転職活動を成功させて目標とする会社に入りたいと強い意志をもって活動すると転職成功近づくでしょう。

基本的な社会人マナーが身についていない

社会人マナーは難しいものではありません。

  1. しっかり挨拶をする
  2. 時間を厳守する
  3. 丁寧なコミュニケーションを心がける

基本的にこの3つをしっかりできていれば、基本的な社会人マナーが身に付いているといえるでしょう。

簡単なことに思えますが、緊張していたり焦りがあるとつい手を抜いてしまいできなくなってしまいがちです。

仕事がなかなか決まらず転職活動が上手くいかないなというときは、改めて社会人マナーが守れているのか見直してみてはいかがでしょうか。

応募する企業の研究ができていない

企業研究が不足していると企業から「本当に入社したいのかな?」と思われてしまうかもしれません。

企業研究は面接時に役立つことが多いですが、求人に応募する前に事業内容や制度についてよく確認しておくとミスマッチを防ぐことができますよ。

求人の条件が自身のスペックを大きく上回っている

好条件の求人は求職者に求めるスペックが高くなる傾向にあります。

自身のスペックは募集条件を満たしていないけど、どうしても働きたいから応募する」といった場合は、書類選考が通過できず不採用になる場合がほとんどです。

募集条件を無視して応募する行為は企業と自身、どちらにとっても時間の無駄になってしまうので絶対にやめましょう。

面接対策ができていない

書類選考は通過するけど、面接試験で不採用になってしまう場合は面接の対策が不十分かもしれません。

  • 自己紹介
  • 志望動機
  • 退職理由
  • 職務経歴

以上4つは、面接試験でほぼ確実に聞かれると思っていいでしょう。

面接の前から想定問答を用意しておき、実際に声に出してスムーズ伝えられるか練習するのがおすすめです。

しかし、質問はほかにもありますし面接の雰囲気や空気感が苦手な人もいるかもしれません。

そこでおすすめなのが、転職エージェントで面接トレーニングを受けることです。

模擬面接は無料で受けられるので、面接試験の通過率が低く、苦手意識を持っている人は相談してみてはいかがでしょうか。

\面接トレーニングを受ける!/

リクルートエージェント公式サイトはこちら

仕事が決まらないときの解決策

仕事が決まらない時の解決策は5つあります。

  • 応募数を増やす
  • 正社員以外の選択肢も
  • 自己分析をする
  • スキルや資格を取得
  • 転職エージェントに相談

それぞれ解説しますね。

求人に応募する数を増やす

転職成功した人の平均応募社数が約22.2社というように、理想的な企業に出会い内定をもらうためには多くの応募が必須です。

複数の企業と同時にやり取りをするのは、大変ではありますが同時に応募することで企業の特徴気付かなかった自身の武器が見つかるかもしれません。

22社以上応募しなければならないというわけではありませんが、応募求人数が少ないかもと思う人はもう少し積極的に応募してみてはいかがでしょうか。

正社員以外の道も探してみる

正社員で仕事が決まらない人は、派遣社員やアルバイトも選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

正社員にこだわりたいという気持ちはわかりますが、派遣社員やアルバイトから正社員になる道もあります。

面接時に「アルバイト入社だが、将来的に正社員を目指している」と伝え、正社員になるためにはなにをするべきか確認しておくといいでしょう。

自己分析をする

自己紹介とは、自身の経歴や性格を改めて見直すだけではありません。

  • 自身がなにを求めているのか明確にする
  • 自分のスキルを正しく把握する
  • 自分のレベルにあった仕事を探す

まず、なぜ転職をしたいのか理由をよく考えてみましょう。

転職する理由が明確になれば、転職先の選定で誤ることはなくなりますし、志望動機がはっきりしているので面接でも効果的なアピールになるでしょう。

つぎに、自分がなにをできるのかスキルや経験を洗い出してみましょう。

たとえば、実務経験がないスキルでも「実務経験がなくても可」という求人もあるので、実務経験がなく学習のみのスキルも見直しておくべきです。

自身のスキルを正しく把握したら、自分のレベルに合った求人を選びましょう。

自分のスキルがわかると求人を探す時間が捗りますし、ミスマッチの求人に応募して無駄な時間を過ごすことがなくなりますよ。

スキルや資格を取得して求人の選択肢を広げる

応募から内定まではだいたい1ヶ月以上かかります。

その間、ほかの求人に応募するのと同時におすすめしたいのがスキルや資格の取得です。

スキルや資格が増えると、転職先の選択肢が増えますし面接で「実務経験はありませんが、〇〇を練習しています」と伝えると、向上心が高いとアピールできますよ。

転職エージェントで転職のプロに相談する

仕事が決まらずなにをすればいいのかわからないという人は、転職エージェントで転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは、転職先の紹介だけではなくさまざまな転職サポートもおこなっています。

転職活動の方法や、将来的なキャリアプランなどの相談もできるので、仕事が決まらず悩む人は転職エージェントで無料相談してみてはいかがでしょうか。

この記事のまとめ

仕事が決まらず悩んでいる人は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントでは、転職活動の方法など転職に関するさまざまな悩みや不安を相談できます。

仕事が決まらずどうすればいいのかわからない、自分の転職活動はいまの方法で合っているのだろうかなど不安な人は、転職エージェントで無料相談してみてはいかがでしょうか。

【無料で利用可能!】
★20代・第二新卒におすすめの転職サービス★
サービス
特長
公式サイト

リクルートエージェント
リクルートエージェント
  • 【業界最大級】約10万件の非公開求人を保有
  • 高い専門性を持つ各業界に精通したアドバイザーが面談

詳細

DYM就職
DYM就職
  • 上場企業やトップベンチャーなどの厳選求人
  • 書類選考なしで面接から選考開始!

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 正社員就職率80.4%の実績
  • 全ての求人先へ訪問取材しブラック企業を徹底排除

詳細

関連記事

第二新卒は不利な転職じゃない!市場価値の高さやメリットを解説

第二新卒は不利な転職になると思われがちです。 入社して間もない会社を辞めて転職を検討する…

未経験の転職では年収ダウンが当たり前?知っておくべき交渉術とは

未経験業界・職種でも年収UPを目指せる転職エージェント

第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント!求人数と利用者評…

今や3人に1人は転職をしている時代。第二新卒と呼ばれる、入社後数カ月~数年のタイミングで転職される…

未経験でITエンジニアへの転職は可能?成功に必要なことやおすすめ…

未経験からITエンジニアへの転職は、準備さえしっかり整えることができれば十分に可能です。 …

第二新卒とはいつまで?企業が欲しがる20代の転職の極意

「第二新卒っていつからいつまでを指すの?」「