初めて転職する方必見|履歴書の書き方と印象を下げるNG例を紹介

初めて転職する方必見|履歴書の書き方と印象を下げるNG例を紹介

転職をしようと考えたとき、久々に書く履歴書に戸惑う人も多いのではないでしょうか。

書き方はバイトのときとどう違う?」
どんなポイントに注意をすればよい?」

と疑問を抱くはずです。

そんなときに役立つ、履歴書の書き方と印象を下げるNG例についてご紹介していきます。

採用者に好印象を与えられる内容にするためのコツも解説しますので、ぜひ参考にして、履歴書を作成してみてください。

この記事でわかること

  • 履歴書は印象を左右する重要な鍵
  • 履歴書の書き方と印象を下げるNG例
  • 好印象を与えられる内容にするためのコツ
★20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
doda
doda
転職サイト
転職エージェント
  • 多くの求人を見たい人におすすめ
  • 転職エージェントと転職サイトの両方を使える
  • 【業界最大級】常時10万件の求人を紹介

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
転職エージェント
  • 未経験業界に転職したい人におすすめ
  • 実際に調査した優良企業のみ紹介
  • 面接のフォローがあるため安心!

詳細

DYM就職
DYM就職
転職エージェント
  • 職歴・学歴に自信がない人におすすめ
  • 書類選考なしで面接可能!
  • 高い就職率96%

詳細

この記事を執筆した人 高下真美

【この記事を執筆した人】

  • 新卒でインターンシップ紹介・人材派遣・人材紹介のベンチャー企業に入社
  • 営業・コーディネーター・人事・総務に2年半従事
  • その後大手人材会社に転職し、求人広告の年間採用計画を提案する営業として8年勤務
  • 大手アパレル、外食チェーン、流通、医療など幅広い業種を担当
  • 現在は就職・転職系メディアの記事執筆など、フリーライターとして活動中

履歴書「1枚」で採用者のあなたに対する印象は変わる

履歴書「1枚」で採用者のあなたに対する印象は変わる

転職する際に自分が何者かを表す履歴書はたった1枚の書類。

しかし、その履歴書の内容によって、面接まで到達できるか、書類選考で終わってしまうかが決まります。

また、最初に企業側があなたを認識する書類ですので、今後の印象を左右する非常に重要な鍵を握っていることを忘れないようにしましょう。

履歴書を書くうえで大事なポイントは

  • 論理的でわかりやすい文章が書けているかどうか
  • 企業側が聞きたいことに対してしっかりと答えられているか

この2つです。

では次に、初めて転職する人が知っておくべき履歴書の書き方について実例を挙げてご紹介します。

初めて転職する人が知っておくべき履歴書の書き方

例)銀行から銀行へ転職したい求職者の履歴書
履歴書

2019/xx/xx

【年齢】
満28歳

  • 満◯◯歳と記載。

【氏名(フリガナ)】
転職 守

  • 大きくトメ・ハネなどを書き、丁寧に記載する。

【住所】
◯◯県◯◯市◯◯区△△△1-1-1

  • 省略せずに丁寧に記載(算用数字)する。

【学歴・職歴】
◯◯◯◯年 3月 ◯◯県立◯◯中学校 卒業
◯◯◯◯年 4月 私立◯◯高等学校 入学
◯◯◯◯年 3月 私立◯◯高等学校 卒業
◯◯◯◯年 4月 ◯◯大学 △△学部 ××専攻 入学
◯◯◯◯年 3月 ◯◯大学 △△学部 ××専攻 卒業

  • 学歴は中学校卒業から記載。西暦か元号どちらかに統一する。
    大学は学部・専攻まで記載。

【職歴】
◯◯◯◯年 4月 株式会社◯◯銀行 入社
◯◯◯◯年 ◯月 一身上の都合により退社

  • 職歴について、退職は「一身上の都合により退職」に統一する。

【免許・資格】
◯◯◯◯年 ◯月 自動車運転免許(AT)限定
◯◯◯◯年 ◯月 日商簿記検定2級取得
◯◯◯◯年 ◯月 FP技能士2級取得
◯◯◯◯年 ◯月 TOEICスコア750点

  • 金融機関なので、それに関連する資格を記載する。

【志望動機】
 私が貴行を志望する理由は、生まれ育った◯◯県の人口減を食い止め、企業を誘致できる県にするためです。自治体と連携して中小企業の誘致・スピード感のある融資を行っている貴行は、昨年度1,000社を誘致し、◯◯県に法人を呼び込む取り組みを成功させました。これまでに培った預金・融資・外為の知識と融資業務経験を活かし、◯◯県の発展に努めていきたいと思っております。

  • チェックポイント
  • ・金融業界の中でもなぜ銀行を選んだのか
    ・銀行の中でもメガバンク、地方銀行・信託銀行がある中でなぜ地方銀行なのか
    ・地方銀行の中でもなぜその銀行でなければならないのか
    ・自分は入行したら何ができるのか
    という理由を入れて伝えることが重要です。

【趣味・特技】
テニス(高校時代に全国大会ベスト8)
読書(朝5時からの読書が日課です)

  • 面接官が気にかけてくれそうな内容を盛り込み、面接で会話が弾むようにするのが目的です。

【本人希望記入欄】
御社規定に従います。

                   

  • 希望年収などを書くケースもありますが、基本的には「御社規定に従います」と書くのがベストです。

採用者の印象を下げる?履歴書を書く際のNG例

採用者の印象を下げる?履歴書を書く際のNG例

履歴書の書き方を実例を交えてご紹介したところで、次に求職者の印象を下げてしまう履歴書のNG例についてご紹介します。

  • 誤字・脱字がある
  • ネガティブな退職理由
  • 強みがわかりにくい
  • 本人希望記入欄に記載されている内容が多い
  • 顔写真の印象が悪い

誤字・脱字がある

まずは誤字・脱字があること。

履歴書という大切な書類にも関わらず誤字・脱字がある場合、「きちんと確認をしない人」「大切なときに大きな失敗をしでかす人」という印象を与えてしまいます。

あなたが採用担当者だったらどうでしょうか?

一緒に働きたいとは思えないはずです。

チェックをすることでそのデメリットを払拭できるわけですから、丁寧に見返してケアレスミスを防ぐことを心がけてください。

ネガティブな退職理由

履歴書に限らず面接でもそうですが、ネガティブな退職理由もかなり印象を悪くします。

勤めていたわけですから、少なからず前職の勤め先にお世話になっているはず。

にもかかわらず会社のせいとでも言わんばかりにネガティブな理由を伝えるのはNGです。

そもそもその会社を選んで入社したのはあなただったはず。

入社前後のあなたの行動にも責任があることを肝に銘じておきましょう。

また、愚痴をいうために転職活動をしているわけではありませんので、ポジティブに「◯◯がやりたい(というわがままで辞めさせていただいた)」という理由で退職したことを書いておきましょう。

面接では()の部分をプラスして伝えると好印象です。

強みがわかりにくい

強みがわかりにくいのも、マイナス評価につながる可能性が高いです。

せっかくのアピール機会を自分で潰してしまわないように、伝えたいことを整理しておいてください。

強みがわかりにくい主な理由としては、2つあります。

  • 企業と関係のない強みが書かれている
  • 強みに関するエピソードがない、もしくは適切でない

なぜこれらが分りにくくさせるかというと、「その強みは自社で活かせるのか?」という企業側の質問意図からずれているためです。

つまり、志望先企業で活かせないのであれば書く必要はないのです。

志望先企業で活かせるものをピックアップして書くようにしてください。

そしてもう1つの理由であるエピソードについては、強みを事実(エピソード)で補強することが必要です。

推敲する際は「このエピソードは志望先企業で活かせる強みを補強できているか?」と自問自答しましょう。

エピソードを追加したことで、説得力が増したかどうかを確認してください。

そうすれば適切なエピソードを選べたかどうかがわかります。

本人希望記入欄に記載されている内容が多い

本人希望記入欄に記載されている内容が多いと、その企業を志望している理由が条件面であるように見えてしまいます。

志望動機がかすんで見えてしまう可能性もありますので、「御社規定に従います」と書いておきましょう。

顔写真の印象が悪い

顔写真は履歴書の印象を決める重要な要素です。

朗らかな表情に見えるよう、写真館で撮影するようにしましょう。

写真館ではカメラマンが姿勢のアドバイスや、志望業界別に背景色を選んでくれます。

何枚も撮った中からベストの1枚を客観的に選んでもらえるので、非常に有用です。

初めての転職を成功させるために「履歴書」をプロに添削してもらう

初めての転職を成功させるために「履歴書」をプロに添削してもらう

履歴書の実例やNG例についてご紹介しましたが、自力で改善する以外にも質の高い履歴書を作るためにできることがあります。

それは、転職エージェントを利用すること

転職エージェントは年間に数えきれないほどの履歴書を見ていますので、添削すべきポイントを瞬時に見抜いてくれます。

  • 履歴書や職務経歴書で書くべきポイント
  • 好印象を与える書き方
  • 企業が書いてほしいこと

などを教えてくれますので、的確に履歴書の質を高めることが可能です。

特に在職中で時間がない場合や早めに転職先を決めたい・プロの手を借りたい場合はぜひ転職エージェントの力を借りてみてください

転職活動において自分の分身とも言える書類のクオリティで、ご自身を過小評価されないよう適切なアドバイスをくれますよ。

まとめ|採用者の目に留まる履歴書を作って初めての転職を成功させよう

初めての転職で書き方に戸惑ってしまいがちな履歴書。


たった1枚で求職者の印象を大きく変える力があることを改めて知った」という人も多いのではないでしょうか。


今回ご紹介した履歴書の実例やNG例、そして転職エージェントを利用した履歴書添削などを参考に、自分に合った方法を選んで実施してみてください。


ぜひ、採用担当者の目に留まるような質の高い履歴書を意識して、書類選考を突破できるように努力していきましょう。

★20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
doda
doda
転職サイト
転職エージェント
  • 多くの求人を見たい人におすすめ
  • 転職エージェントと転職サイトの両方を使える
  • 【業界最大級】常時10万件の求人を紹介

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
転職エージェント
  • 未経験業界に転職したい人におすすめ
  • 実際に調査した優良企業のみ紹介
  • 面接のフォローがあるため安心!

詳細

DYM就職
DYM就職
転職エージェント
  • 職歴・学歴に自信がない人におすすめ
  • 書類選考なしで面接可能!
  • 高い就職率96%

詳細

関連記事

第二新卒が転職失敗しないための5つのコツ!理想の働き方を手に入れ…

第二新卒での転職を考えた時、「次こそは失敗したくない!」そんな風に思…

20代未経験の転職者におすすめ転職サイト・転職エージェント10選

どうしてもハードルが高く思えてしまう未経験での転職。 「未経験者向け」と書かれた転職サー…

第二新卒が転職すると年収はどうなる?平均年収と年収アップの方法…

第二新卒の転職理由はそれで大丈夫?“理由のポジティブ化”例文9つ

第二新卒者の転職の場合、特に転職理由が重視されがちです。 理由…

第二新卒って転職時期を選ぶべき?有利な時期とその理由を解説

第二新卒の転職に適した時期は一般的には1〜3月と7〜9月です。 「第二新…