20代女性の転職体験談|転職に成功する人と失敗する人の違いはどこにある?

二人のビジネスウーマン

20代の転職を絶対に失敗したくない
20代女性で転職した人がどのように転職活動をしたのか気になる

誰もが不安を抱える「20代の転職」。周りの女性がどのように転職をしていたか気になりますよね?

今回、独自に集めた「20代女性の転職成功談と失敗談」を元に、転職で成功する20代女性と失敗する人の違いについて分析しました。


この記事を読んで、少しでも20代の転職活動の役に立てればと思います。

★20代女性の転職におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
パソナキャリア
(女性専用)

パソナキャリア女性専用
★当サイト女性の申込数No1
  • オリコンの顧客満足度ランキングNo1
  • 25,000件以上の求人
  • 利用者満足度96.8%

詳細

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
  • 女性専門のアドバイザーが転職活動をサポート
  • 利用者の約71%が年収UP

詳細

doda
doda
  • 【業界最大級】10万件以上の求人
  • 女性の求人特集が見れる

詳細

※公式サイトより引用

20代女性の転職成功談

まずは20代の転職活動が「成功」した女性の体験談をご紹介します。

転職成功談1|「転職エージェントの方が親身になって寄り添ってくれた」

アパレル販売員から旅行会社に転職した女性の転職成功談
女性アイコン 25歳:女性
カテゴリー第二新卒
転職活動期間3カ月
転職経験なし
きっかけリクルートエージェント

Q:「転職を決断した理由はなんですか?」

A:当時付き合っていた彼氏からのモラハラから逃げるための口実で、離れた場所で募集のあった会社に転職をしようと決めたのが一番の理由です。

Q:「転職活動前に不安に思っていたことはなんですか?」

A:全く知らない職種に転職をするので、かなり不安はありました。
仕事柄、英語も使わないといけなかったりしたので、一番そこが気がかりでした。
しかし、転職の理由がモラハラの彼から逃げ出すという理由だったので、当時はそれが叶えば何でも頑張れました。
若かったですし、かなりプラス思考だったので、モラハラやDVから抜け出せない人間にはなりたくないという思考が凄く働いていました。 そんな理由もあり、不安も特に不安と思わず就職活動に専念できました。

Q:「転職エージェントを利用してよかったことはなんですか?」

A:まず始めにホームページから検索したのがきっかけでした。
ホームページは凄く検索しやすく、自分にあった職種も選びやすかったです。
なんと言っても自分で転職雑誌などを買ったりしなくて良いですし、外に出向いて職探しをしなくていいというのが、当時凄く楽だと感じた事でした。
自分にはどんな仕事があっているかも悩んでいた時も、ホームページ上からエージェントさんに相談できたりもしましたし、その相談にも親身になって返してくださるのにはとても感動した事を覚えています。

Q:「20代女性でこれから転職する人にアドバイスするとしたらどのようなアドバイスをしますか?」

A:転職はとても勇気がいる事かもしれません
しかし、新しい自分を見つける凄く良い機会だとも思います。長く同じ会社で働くのも良い事かもしれませんが、長く同じ場所に居ていつもと同じ事の繰り返し(流れ作業)的な事をしていてもあまり自分を成長させる事にはならないかな、とも考えます。
同じお金を貰えるなら、見た目からも輝いていく自分に成長させてあげながらお金を稼いだ方が間違いなく良いはずです。
ありきたりですが、人生一度きり。いろんな自分に会ってみても良いのではないでしょうか

転職成功談2|「旬な情報をいかに入手できるかがポイント」

旅行業営業職から教育業事務職にキャリアチェンジした女性の体験談
女性アイコン 26歳:女性
カテゴリー20代後半
転職経験1回
きっかけリクルートエージェント
マイナビエージェント

Q:「転職を決断した理由はなんですか?」

A:会社の待遇面や人間関係が理由で退職を決めました。

Q:「転職活動前に不安に思っていたことはなんですか?」

A:業種が全く異なる会社を何社か検討していたので、前職の経験を活かせるのか、それをうまく面接でPRできるのかが不安でした。
中途採用なので頂いた内定を保留にするのが難しく感じることもあります。受かったら100%入社する会社のみエントリーし、エントリーの順番なども予めしっかり考えておく必要があると反省してます。

Q:「転職エージェントを利用してよかったことはなんですか?」

A:ハローワークや新聞広告だと地元の情報がメインですが、転職エージェントは世界規模、全国規模の会社が数多く登録されているので、選択の幅が広がりました。
全体として分母が大きいと感じました。勤務地域や業種などによる検索もしやすいのも有難かったです。そして大企業の地方支社の募集なども見つけやすかったです。
情報量の多さとその情報の新しさが、転職エージェントを利用する上でのポイントだと思います。旬な情報を早く得られるというのは、良かったです

Q:「20代女性でこれから転職する人にアドバイスするとしたらどのようなアドバイスをしますか?」

A:中途採用はタイミングが大切だと思います。
旬な採用情報の収集を心がけるがオススメです。興味ある企業情報が更新されないか常にチェックし、採用されたら入社するつもりの企業に絞ってエントリーするのがいいと思います。
そして「前職で自分が何をしてきたのか」「その経験を次の仕事にどう活かしたいのか」、予め考えをまとめておく事をオススメします。
自分の得意な事、不得意な事なども見えてくるので、自己PRに上手く繋げていくと良いです。

20代女性の転職失敗談

転職失敗談1|「休日を有効活用して転職活動をすればよかった」

転職失敗談1|広告代理店営業からアパレル販売員になった女性の失敗談
女性アイコン 21歳:女性
カテゴリー第二新卒
転職活動期間1年
転職経験なし
きっかけ職場の環境が悪かった

Q:「転職を決断した理由はなんですか?」

A:広告代理店での仕事が内勤営業でした。
電話のみでのクライアントとの対応で人との関わりがなく、社内のどんよりとした空気に耐えられなくなったためです。

Q:「転職活動前に不安に思っていたことはなんですか?」

A:一から新しい仕事を覚えるにあたって今までやってきたことが役にたつのか、また、資格やスキルが特になかったため新しく入る業界になじめるのかが不安でした。
アパレルはもともと入りたかった業界でしたが、身体を使う仕事なので、いつまで続けていけるのかを考えました。
広告代理店は仕事環境はあまり良くなかったですが。大学を中退し、高卒の学歴しかない私にとってはお給料面が良かったので転職先でも条件を下げることはしたくなかったです

Q:「転職中にこれだけはやらなければよかったと思ったことはなんですか?またそれはなぜですか?」

A:私の場合、転職をしようと決めてからすぐに退職し、アルバイトをしながらの転職活動でした
アルバイトは働いた分が給料なので、転職活動にかける時間がもったいなく感じてしまい、一瞬アルバイトに落ち着いてしまいました。
生活面でも安定した給料が得られず苦労しました。広告代理店が土日休みの会社だったので、休日を利用すればもっと効率よく転職できたと思います。
有給を使わせてもらいやすい会社であれば、有給期間を使って面接できました。

Q:「20代女性でこれから転職する人にアドバイスするとしたらどのようなアドバイスをしますか?」

A:まずはリサーチが大事だと思うので、20代であるならば転職した先輩に聞くのが一番いいと思います。
また友人で転職先希望の業種の人に聞くこともおすすめです。私は転職で3社受けましたが、第一希望のお店が想像と違い第二希望のお店に決めました。
自分のイメージにあった会社を見つけるのも難しいとは思いますが。少しでも後悔しないようにたくさんの会社を見た方が良いと思います。

転職失敗談2|「最大の失敗は未経験職種だからといって下手に回ってしまったこと」

プログラマーから学習塾のエリアマネージャーになった女性の失敗談
女性アイコン 25歳:女性
カテゴリー第二新卒
転職活動期間1カ月
転職経験なし
きっかけ残業が多く体力的に辛い

Q:「転職を決断した理由はなんですか?」

A:プログラマーは職業柄残業も多く体力的に辛いので、結婚することも考え定時で帰れて女性に向いている仕事にしようと考えました。

Q:「転職活動前に不安に思っていたことはなんですか?」

A:自分の経歴では未経験の業界に転職するのは難しいんじゃないかと不安になりました。そして仮に就職が決まったとしても、結婚して家庭と仕事をちゃんと両立できるのか不安でした。
プログラマー時代も女性に優しい制度が整った会社と謳っている企業に就職しましたが、結局その制度は形骸化していてほとんど利用する女性社員はいませんでしたし、辞めてしまう女性がほとんどでした
またそういう企業に入ってしまったら、もう私には転職の機会はないのではないかと考えていました。

Q:「転職中にこれだけはやらなければよかったと思ったことはなんですか?またそれはなぜですか?」

A:転職活動自体はほとんどうまくいっていましたし、悔いは残さないようにと意識して活動していました。
私の活動の最大の失敗は、、こちらも選ぶ権利があり、対等な立場であることを忘れていたことです未経験業界への転職だからと自分が下手に回り過ぎて。
最終的に就職することになった転職先は結局3週間で辞めてしまいましたが、その原因は自分の上司にあたる人のパワハラ、モラハラでした。
最終面接の際にその方が同席し、社長に「この人と働くことになるけど大丈夫?」と紹介された時、嫌だと感じたフィーリングを素直に伝えるべきでした。

Q:「20代女性でこれから転職する人にアドバイスするとしたらどのようなアドバイスをしますか?」

A:自分が良いと思った企業は積極的に受け、とにかく数を増やして機会を増やしましょう
採用される側だからと下手に回ることなく、自分も選ぶ権利があるということを忘れないでください。
受けた候補の中で誰が一番自分がワクワクする企業か、フィーリングも大切することをおすすめします。
嫌だな、と少しでも感じたらまだ転職活動は続けるべきです。悔いのない転職活動ができるよう頑張ってください。

20代女性の転職で成功する人と失敗する人の違い

いかがでしたでしょうか?

さきほどの「成功談」と「失敗談」を見てわかるのは

転職エージェント」を利用しているかどうかの違いです。

別記事でも紹介している「20代女性が転職活動ではやってはいけないこと」の1つに

誰にも相談せずに1人で転職活動をする

があります。

転職経験が浅い人は特に、専門知識を持った第三者の意見が転職成功を命運を左右するといっても過言ではありません

是非、自身のキャリアプランを明確に持ったうえで、豊富な転職ノウハウを持つエージェントを利用することをおすすめします。

ただし、転職エージェントを利用することだけが選択肢ではないので、周囲の転職経験者や志望先の業界の人などと頻繁に会って行動していきましょう。

【関連記事】
20代女性の転職成功術|転職で絶対にやってはいけない5つのこと
20代女性に人気?おすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介

20代女性の転職に強い転職エージェント

★20代女性の転職におすすめの転職サイト・エージェント★
転職エージェント
特長
詳細
doda
doda
  • 10万件以上の求人から、希望に合う会社を見つけられる
  • 未経験職種への転職に強い
  • イベントの出展企業数・募集職種数No.1

詳細

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
  • 女性専門のアドバイザーがあなたの転職活動をサポート
  • サービス利用者の約71%が年収UPに成功
  • 事務職への転職相談OK

詳細

パソナキャリア
(女性専用)

パソナキャリア女性専用
  • 25,000件以上の業界トップクラスの求人数
  • 25万人の転職支援実績
  • 女性の転職に精通したキャリアアドバイザー

詳細

まとめ|転職は一人で行動してはいけない

記事中でもお伝えした通り


転職活動は一人で行うものではありません


第三者の意見も取り入れつつ、自分が腑に落ちるまで転職活動をすることがポイントとなります。


その中でも「誰から」情報を入手するかも重要なので、そこの見極めは慎重に行いましょう。

関連記事

20代女性が登録すべき転職サイト・転職エージェント8選をタイプ別に…

「20代女性向けの転職サイトはあるの?」「種類が…

20代女性必見!転職の面接にふさわしい服装とNGな服装

「20代女性の場合、転職の面接ではどんな服装が良い?」「

【体験談からわかる】20代女性が事務職への転職を成功させる方法

「20代女性が事務職に転職するにはどうすればいいの?」「

女性の転職 20代前半/20代後半,年代別に処方!2つの成功プラン

女性はプライベートが将来のキャリアに大きく影響するため、さまざまな不安を感じてしまいますよね。

女性が転職を考える時と実際の転職理由の差“転職すべき?”に答えます

女性は20代から30代にかけてライフイベントが重なることが多く、