web系への転職を未経験でするには?職種とおすすめエージェント紹介

未経験でもweb系の業界へ転職する方法

現在転職を考えていて、web系に関心のあるあなた。何となくweb系はこれから伸びそうだと思いつつも

そもそもweb業界ではどんな仕事をするの?」
未経験でも転職できる?」

なんて考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、転職となると経験者が求められる傾向にあるため未経験はどうしても不利になります。未経験の人こそ転職エージェントの利用がおすすめです。

この記事で分かること

  • web系の代表的な職種4つ
  • 会社に入らなくても未経験から始められること
  • web系への転職におすすめのエージェント3選
★20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
doda
doda
転職サイト
転職エージェント
  • 多くの求人を見たい人におすすめ
  • 転職エージェントと転職サイトの両方を使える
  • 【業界最大級】常時10万件の求人を紹介

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
転職エージェント
  • 未経験業界に転職したい人におすすめ
  • 実際に調査した優良企業のみ紹介
  • 面接のフォローがあるため安心!

詳細

DYM就職
DYM就職
転職エージェント
  • 職歴・学歴に自信がない人におすすめ
  • 書類選考なしで面接可能!
  • 高い就職率96%

詳細

20代・Web系を目指す人向け|IT・通信・Web系に強い「type転職エージェント」

エンジニア向けのtype転職エージェント

【この記事を執筆した人】

名前:杉本友美

  • 新卒で専門商社へ入社し、総務・経理・人事事務職として約7年勤務
  • その後公的機関の人事部門にて、人事・労務事務およびディレクション業務に約2年従事(委託業務)
  • その後も大手化学メーカーでの経理事務などを含め計4社約12年の総務・人事・経理キャリアを持つ
  • 現在は総務・人事・就転職・女性の働き方といったジャンルを中心に、フリーライターとして活動中

※本人都合により顔写真は非公開とさせていただきます。

web業界は未経験でも転職できるのか?

web系は未経験でも転職できるのか

web業界でも、未経験で転職できる可能性が十分にあります。

というのも、「web業界」と一口にいってもその職種・フィールドは幅広く、必ずしもIT系の資格がなければ仕事ができないというわけではありません

社会全体の慢性的な人材不足

現在ではどの業界でも深刻な人材不足に陥っています。web業界もそのひとつ。

厚生労働省のまとめた「一般職業紹介状況(平成30年7月分)」によれば、情報通信業における1カ月間の新規求人数(新規学卒者を除く)だけでも25,974人であり、いまだに多くのweb関連企業が人材を求めているのです。

(参考:厚生労働省 一般職業紹介状況 平成30年7月分

仕事をしながらノウハウを覚えていったという人もおり、未経験からスキルを積めるチャンスも秘めた業界でもあります。

web系の業務内容

web系の業務内容・職種

営業

web系の業界にも営業職は存在します。主な仕事内容は、顧客との直接商談。プロジェクトの内容に応じ、予算・納期など具体的な契約内容をまとめていきます。

正式契約となれば、品質や内容に応じて適した制作チーム・スタッフに仕事を回します。なかなか仕事の依頼がないときには、積極的にセールス活動を展開する必要もあるでしょう。

しかしいたずらに多くの仕事を受注しようとして、納期が近いうえ予算が低い仕事ばかり取ってくると実務を行う社員に大きな負担がかかります

現場の負担を減らしてスムーズに仕事を回すためにも、クライアントと無理のない料金や納期を交渉することが営業の最も重要な役回りといえます。

webマーケティングコンサルタント

顧客からの依頼でwebサイトを作成した後、どのように収益化するかが重要になってきます。事業の拡大・成長を図るべく、相談に応じ、具体的な方法を提示するのが「webマーケティングコンサルタント」の仕事です。

検索上位を獲得するため、広告宣伝・SEO対策・新たなコンテンツの企画やサイトの設計など、必要に応じた対策を考えていきます。またSNSをはじめ、新たなサービスもうまく活用するなど、webサイトを盛り立てていくポジションでもあります。

Webマーケティングコンサルタントになるには、常にアンテナを張り、ネットの情報から世の中の需要をリサーチする力が求められます。また、マーケティングに限らず政治など幅広い目線から物事を見る能力があるとよいでしょう。

webデザイナー

webデザイナーの仕事は、主にwebサイトのデザインを担当します。全体的なレイアウトをはじめ、写真の加工・配色・フォント選定・動画作成など細かな点にも注意しながら制作していきます。なかにはデザインやコーディングなどをするwebデザイナーも。

ただ単純に「見た目がきれい」なのではなく、操作性もよく、顧客の要望を取り入れたサイトにデザインするスキルが求められます。

デザインの際には専用ソフトなどが必要になるため、ある程度の技術・知識を事前に習得しておくことが必要です。

SE・プログラマー

SE・プログラマーは、web業界のなかでも専門知識が非常に重要なポイントとなる仕事。webサイトのシステムを構築・開発する役割を担っています。

HTMLやCSSのコーディングはもちろん、PHP・Java・C++などのプログラミング言語を用いてシステムを作り上げていきます。

セキュリティなどの知識を求められることもあり、webサイト制作の要を担う重要なポジションです。

また、専門知識とはいえ一度習得して終わりではないのがプログラミングです。移り変わりはそこまで激しくありませんが、時代ごとにどんどんプログラミング言語もアップデートされていくため、常に学ぶ姿勢が求められるでしょう。

未経験で会社に入らずとも経験できること

web系未経験でも会社に入らず 経験できること

web広告の出稿

入社してから「こんな仕事だと思わなかった!」となってしまうのはつらいですよね。

そこで、会社に入る前に経験できることをやってみて、webの仕事を体感することをおすすめします。例えばFacebookなどで、1,000円単位からでもweb広告の出稿が可能です。個人でも可能なので一度チャレンジしてみましょう。

webマーケターやコンサルタントなどに興味がある場合、まずは広告関連の知識がとても重要になってきます。web業界に入る前に、仕事の一例を体験してみることで、その仕事内容がつかみやすくなるでしょう。

webサイトの制作

web関連事業が制作しているwebサイトは、豊富な知識を使ったプロ仕様ともいえるものです。実はwebサイトは個人でも制作できるのをご存知ですか?

例えばサーバー・ドメインを契約し、WordPress(ワードプレス)などを使って自分でサイトを作っていくことが可能です。

今ではwebサイト制作初心者のための書籍も多く発行されています。自宅で一度チャレンジしてみてその仕事が自分の適性とマッチするか確認してみるのもよいでしょう。

WordPressはパソコンだけでなくスマホ用アプリから作ることが可能なので、現在勤務中の方でも移動時間を利用してwebサイトを製作することもできます。

プログラミングの習得

webサイトを本格的に制作するためには、やはりプログラミングの知識を習得する必要があります。専門的な知識ではありますが、学校に通わなければ習得できないわけではありません。

プログラミング初心者向けの書籍などを読み、習得した人も少なからずいます。基礎的な知識であれば十分に備わりますので、独学でチャレンジしてみて適性をチェックしてみることをおすすめします。

web系の仕事へ転職するのにおすすめな転職サイト・転職エージェント

web系の仕事へ転職するのにおすすめな転職サイト・転職エージェント

web業界への転職を本格的に考えてみたいけれど、求人はどこで探したらよいの?

web系の仕事を探すのであれば、豊富な求人情報が魅力の転職サイト・転職エージェントを使ってみましょう。ここでは、「リクルートエージェント」「doda」「ワークポート」についてご紹介していきます。

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は、求人業界大手のリクルートが運営する転職エージェントです。転職成功実績も豊富にあり、非公開求人はなんと約20万件以上(2019年11月現在)。圧倒的な求人数が大きな魅力でもあり、登録して損はないサービスのひとつです。

豊富な知識を持つ専任アドバイザーのアドバイスはもちろん、全国各地の求人がそろっているので、都心・地方に関わらず、多くの人が利用しやすいのも魅力です。また転職サイトの「リクナビNEXT」と同時登録も可能で、利便性にも優れています。

転職業界最大手!約90%が非公開求人のリクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • 非公開求人数100,000件以上
  • 成功実績NO.1
  • 業界・職種の専門知識をもったキャリアアドバイザー
  • 登録時に職務経歴書・履歴書は不要
リクルートエージェントの登録・詳細はこちらから

doda

非公開求人含めて10万件以上(2019年11月現在)もの求人数が魅力の「doda」。

たくさんある案件のなかには、SE・webエンジニアなどの職種も豊富にそろっています。dodaはもともと転職情報誌だったこともあり、転職フェアやイベントなどを随時開催している点にも注目。

例えば、未経験からITエンジニアに挑戦したい人向けの転職フェアなども開催されています。東京・大阪・愛知の各拠点で行われているので、自分の目で耳で情報をキャッチしてみるのもおすすめです。

日本最大級のエージェントサービス|非公開求人の豊富さに定評のある「doda」

dodaの特徴

  • 10万件以上の求人から、希望に合う会社を見つけられる
  • 未経験職種への転職に強い
  • 2人のプロによる転職活動サポート
  • イベントの出展企業数・募集職種数No.1
公式サイトはこちら

ワークポート

「ワークポート」は、IT・web・ゲーム系の転職に強い転職エージェントです。

ITエンジニアやwebディレクターをはじめ、web系に特化した求人を豊富にそろえています。ワークポートのアドバイザー「転職コンシェルジュ」は、IT・web分野に強みのある人が多く、的確なアドバイスで転職活動を後押ししてくれます。

ワークポートはweb系の求人が多いことでも知られており、web系の業界が未経験であっても豊富なノウハウと手厚いサポートで、転職を成功へと導いてくれるでしょう。

まとめ|イメージだけでなくしっかりとしたリサーチが転職成功のカギ

web業界といえどもその仕事内容はバリエーションに富んでおり、未経験でも転職して活躍できる可能性があります。ただ、漠然としたイメージだけで安易に転職してしまうと、思わぬミスマッチとなってしまう恐れもあります。

web業界未経験の転職希望者のなかで一歩リードするためには、やはり事前の対策は欠かせません。どんなスキルが有効なのか、どんな人材が求められているのか、業界研究も必須です。

もしweb業界に関心があり転職を考えているのであれば、まずは必要なスキルを今から学んでできることからはじめましょう。これからの世の中は、ますますIT化が進んでいくはずです。将来的な需要も見込めるweb業界へ転身することは不可能ではありません。
★20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
doda
doda
転職サイト
転職エージェント
  • 多くの求人を見たい人におすすめ
  • 転職エージェントと転職サイトの両方を使える
  • 【業界最大級】常時10万件の求人を紹介

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
転職エージェント
  • 未経験業界に転職したい人におすすめ
  • 実際に調査した優良企業のみ紹介
  • 面接のフォローがあるため安心!

詳細

DYM就職
DYM就職
転職エージェント
  • 職歴・学歴に自信がない人におすすめ
  • 書類選考なしで面接可能!
  • 高い就職率96%

詳細

関連記事

第二新卒が転職失敗しないための5つのコツ!理想の働き方を手に入れ…

第二新卒での転職を考えた時、「次こそは失敗したくない!」そんな風に思…

20代未経験の転職者におすすめ転職サイト・転職エージェント10選

どうしてもハードルが高く思えてしまう未経験での転職。 「未経験者向け」と書かれた転職サー…

第二新卒が転職すると年収はどうなる?平均年収と年収アップの方法…

第二新卒の転職理由はそれで大丈夫?“理由のポジティブ化”例文9つ

第二新卒者の転職の場合、特に転職理由が重視されがちです。 理由…

第二新卒って転職時期を選ぶべき?有利な時期とその理由を解説

第二新卒の転職に適した時期は一般的には1〜3月と7〜9月です。 「第二新…