初めての転職は誰に相談するべき?|転職活動の相談先と進め方を解説

初めての転職で、どう進めたらよいかわからない
誰に相談したらよいかわからない

初めて転職は何から手を付けていいのかわかりませんよね。他の人はどのように進めているのでしょうか。

そこでこの記事では、転職の相談を誰に、どのようにすればいいのかを解説しています。

★20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
リクナビNEXT
転職サイト
  • 転職者の約8割が利用
  • 常に5,000件以上の求人を掲載
  • 都合のいい時間に全国の求人をチェック

詳細

DYM就職
DYM就職
転職エージェント
  • 就職率96%
  • 優良企業求人2,000社以上
  • 転職成功者5,000人
  • 関東・東北・東海・関西・九州(福岡)で展開

詳細

doda
doda
転職サイト
転職エージェント
  • 【業界最大級】10万件以上の求人
  • 女性の求人特集が見れる

詳細

【この記事を執筆した人】

ペンネーム:はちみつ☆三郎

  • 上場企業からベンチャー企業までの人事担当者を約10年間歴任
  • 実績2,000記事以上の転職記事、求人広告、人事担当者向けアドバイス記事などの執筆経験

※本人都合により顔写真は非公開とさせていただきます。

転職相談は誰にすべき?

転職の相談は、どこにすればよいのでしょうか。転職は人生の大きな選択のひとつですから、相談する相手は慎重に選びたいですよね。

相談相手によっては、転機となる転職のキッカケをもたらしてくれますが、逆に相手を間違えると、転職活動の障害になることもありますので注意が必要です。

会社の同僚には相談しないほうがいい

会社の同僚は身近で自分の境遇を理解してもらいやすく、相談しやすいと思う方もいるでしょう。

しかし、基本的にはおすすめできません

どれだけ信頼できる相手であっても、思わぬところから情報が洩れてしまう可能性があります。相談した同僚によっては、職場での自分の評価が下がったり、仕事がやりにくくなることも考えられます。

波風を立てずに転職活動を進めるためには、現在の職場に近い人に転職を匂わせることは避けるべきでしょう。

友人・家族に相談するときの注意点

会社の同僚に比べると、友人・家族は、仕事上の利害関係がなく、本音で話しやすい相手でしょう。親しい間柄であれば、より親身になって話を聞いてくれるはずです。

しかし、彼らは決して「転職のプロ」ではありません。一緒になって今後のキャリアを考えるのは不向きです。また、相談者の気持ちに同調しやすいため、むやみに転職を煽ってしまう危険性もあります。

転職相談ができるサービス/機関

会社の同僚や友人・家族以外で相談できるのは、以下に挙げられる転職サービスや機関になります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、それらを踏まえて自分に合ったサービスを選びましょう。

転職相談ができるサービス/機関

ハローワーク

それぞれの自治体にある職業安定所(ハローワーク)に登録し、そこで保有される求人情報を閲覧、応募ができます。

  • メリット
    企業が無料で求人を登録できる仕組みのため、有料の採用手段にはない求人案件が見つかるケースがあります。また、地元求人が多く見つかるという部分がメリットです。
  • デメリット
    民間企業が運営しているわけではないので、手厚いサービスが用意されているわけではありません。相談窓口は基本的に1年契約の契約社員が担当するため、親身になって相談に乗ってくれないケースもあります。

ハローワークに向いている人:地元の求人を重点的に探したい人

転職フェア

転職フェアは、一つの会場に採用活動を行う複数の企業が集まる合同説明会です。企業ごとのブースで採用担当者や現場の社員と話せたり、キャリアアドバイザーによる転職相談を受けられます。

  • メリット
    書類選考なしで企業の採用担当者と直接話ができるので、現場の名前の声が聞けたり、会社の雰囲気を知ることができます。
  • デメリット
    大規模のイベントとなると数百の企業が参加するので、待ち時間が長かったり、人の多さに疲れてしまうということがあります。

転職フェアに向いている人:転職ビジョンがある程度決まっていて、転職希望先企業に具体的な相談をしたい人

転職エージェント

転職支援のプロがキャリアカウンセリングをしたうえで、求人案件の紹介を行うサービスです。求職者に担当者がつき、二人三脚で転職活動を進めていきます。

  • メリット
    以下に詳しく説明しますが、どんな会社がよいか、今の会社を辞めても本当によいのかも含め、初めての転職活動で気になる部分を徹底的にフォローしてもらえます。
  • デメリット
    受動的な姿勢で登録をしてしまうと、転職エージェントの提示した選択肢の中からしか、転職先を選べないことになります。

転職エージェントに向いている人:転職に関する不安の解消など、転職まわりのことを全面的にサポートしてもらいたい人

メリット デメリット
ハローワーク 他にはない地元の求人案件が見つかる可能性 親身なって相談に乗ってくれないことも
転職フェア 企業の担当者と直接話ができる 人の多さに疲れてしまう可能性
転職エージェント 初めての転職活動で気になる部分を徹底的にフォローしてもらえる 受動的な姿勢で登録すると最適な転職先を選べない

初めて転職をする人は、転職エージェントがおすすめ

初めての転職で感じる不安を解消してくれる

以下のような悩みを抱える人は、転職エージェントに相談してみるとよいでしょう。

  • 自分がどのような仕事をしたいかわからない
  • 転職活動をどのように進めていけばよいかわからない
  • 履歴書の書き方や職務経歴書の書き方がわからない
  • 面接に自信がない
  • これまでの職歴に自信が持てない
  • 自分の年収相場がわからない

なぜなら、転職エージェントは求人案件の紹介だけでなく、転職活動そのものの進め方から、履歴書・経歴書の書き方、面接時のポイントなど、転職活動をトータルにサポートしてくれるからです。

特に、転職が初めての方は

何から手をつけていいかわからない
自分が望む仕事を定めきれない

など、不安が多いと思いますので、そうした問題を手取り足取りサポートしてくれる存在はとても心強いでしょう。

転職エージェントサービスの利用の流れ

転職エージェントを活用するメリット

転職エージェントを利用するメリットはいくつかありますが、その中でも特にポイントとなる部分を紹介します。

転職のプロに無料で相談できる

転職エージェントを活用すれば、転職のプロに無料で相談できることが一番大きなメリットです。

転職エージェントは大勢の転職希望者を内定に導いていますので、内定を獲得できるノウハウの蓄積があります。特に初めての転職の場合には、転職エージェントのように転職を成功させた実績を持っている経験豊富な人にアドバイスを受けることで、内定確率を高めることが可能です。

カウンセリングの内容から自分に合った求人を紹介してもらえる

カウンセリングで希望の年収や職種、どのような社風の会社で働きたいかなどの希望の条件を伝えることで、自分の行きたいと思えるような企業の求人を紹介してもらえます

カウンセリングの場では希望する条件や、働きたいと思う企業の特徴などを率直に伝えるようにしましょう。

求人を自分で探す手間が省ける

転職サイトとハローワークを活用する場合は自らの力で希望にマッチした求人を探す必要がありますが、転職エージェントの場合には希望にマッチした求人を紹介してもらえるため便利です。

特に在職中の転職活動は時間がない中での転職活動になるため、転職エージェントが求人を紹介してくれることで大幅な時間の節約が可能となり、動きやすくなります。

模擬面接で面接の練習ができる

転職エージェントは面接を受ける予定の企業の求人を紹介するだけではなく、実際にその企業を受けた人から質問内容などをヒアリングしてデータを持っています。

模擬面接の質問内容もヒアリングしたデータを基に行うため、面接の合格率を飛躍的にアップさせてくれます。

エージェントに相談したことでスムーズに転職できた
女性アイコン 29歳:女性
カテゴリー20代後半
転職活動期間2ヶ月間
転職経験なし
きっかけDODA

Q:「転職エージェントを利用してよかったことはなんですか?

A:エージェントの担当者と話をすることで、自分の希望条件やどういう環境で働きたいと思っているのかということを整理することができた。
また他業種への転職だったため、業務内容や求められるスキルなどを教えてもらえたことがかなり大きく、面接の際に役に立ったと感じた。
それ以外にも担当者が希望業界にかなり詳しい方だったようで、業界の全体的な話や各会社の特色や人事の傾向を教えてもらうことができ、他業種から転職だったにもかかわらずスムーズに転職できたように思います。

Q:「転職・就職活動前に不安に思っていたことはなんですか?

A:他業種への転職活動だったため、未経験者を採用してくれる会社があるのかどうかが一番不安でした。
幸い前職の知識を生かせる業種ではあったので、前職の経験を生かすためにどうしようと思っているかということを面接ではアピールしていきました。
また他業種への転職ということで年収が上がるのか下がるのか、よくわからず不安でしたが、そこはエージェントで相談する際にたいだいの相場を教えてもらうことができ、こちらの希望年収も正直に伝えることができました。

Q:「20代でこれから転職する人にアドバイスするとしたらどのようなアドバイスをしますか?

A:まったくの未経験の仕事にチャレンジしたいのであれば、20代での転職は最後のチャンスだと思います。
もし今やっている仕事が向いていないと悩んでいるのであれば、転職エージェントに登録して、自分の適性を確認してみることをおすすめします。
私も大学を卒業してから、20代後半まで何の仕事をしていこうかと悩んで転職を繰り返しましたが、29歳の転職で適職を見つけることができ、現在も同じ仕事を続けることができています。

6年ぶりの面接だったので、うまくできるか不安だった
男性アイコン 28歳:男性
カテゴリー20代後半
転職活動期間3ヶ月程度
転職経験なし
きっかけtype転職エージェント

Q:「転職エージェントを利用してよかったことはなんですか?

A:サポートが豊富だった点です。
希望すれば担当エージェントと面談ができるのですが、その際に希望に沿った求人を案内してもらえます。
応募する際に必要な職務経歴書やエントリーシートの書き方や採点などもしてもらえるので、独学で転職活動を行うより安心かつ効率的です。

Q:「転職・就職活動前に不安に思っていたことはなんですか?

A:面接をするのは新卒以来6年振りでしたので、初めのうちは緊張して思うようにうまくいきませんでしたが、担当のエージェントの方に相談に乗って頂きながら少しずつこなせるようになっていきました。
もうひとつ不安だったのは、転職先での業務や職場環境でした。職場関係は良好か、違法な労働を強いていないか、新しい企業での業務がこなせるかどうか。 こういった情報は自分でも調査しつつエージェントに相談しながら仕入れるようにしていました。

Q:「20代でこれから転職する人にアドバイスするとしたらどのようなアドバイスをしますか?

A:日々、多くの人が転職活動を行なっていますので、良い求人に巡り会えるどうかかは運次第なところがあります。
その可能性を少しでも高める為に選択肢を多く持つことが大切だと思います。

まとめ|初めての転職なら「転職エージェント」を活用しよう

この記事のポイントをおさらいしましょう。

  • 転職の相談を会社の同僚にするのは避けるべき
  • 転職の相談ができるサービス/機関は主に、ハローワーク、転職相談会、転職エージェントの3つ
  • 転職エージェントを活用すれば、転職のプロに無料で相談できる

初めての転職は不安が大きいものなので、1人で悩まずに転職のプロに相談しましょう。

関連記事

未経験転職におすすめ!採用されやすい業界職種10種と攻略法6選

未経験分野への転職を検討している人たちにとって、「未経験での転職の際、年齢が…

新卒1年目の転職を成功させたい人が知るべき全知識と4つの必須条件

新卒1年目は学生から社会人へと変化していく過程です。その中で、入社前と入社後のギャップに悩む人も…

入社3年目での転職の全知識|4年目との違いやメリット・デメリット…

入社してから3年が経つ時期になると、ある程度仕事にも慣れてきて周りの状況にも目を配れるようになる…

社会人2年目の転職が難しい人3つの特徴はこれ!成功させるコツも解説

新卒で現在の企業に入社して2年目を迎えたものの、転職したいという気持ちを抱えている人は少なくない…

未経験の転職では年収ダウンが当たり前?知っておくべき交渉術とは

未経験で転職をしようとすると、「年収が下がるのでは?」と不安に感じる人も多いのではないでしょうか。…