28歳の転職は遅いの?男女/異業種/スキルなし,ケース別採用目線のコツ

28歳 転職(1)

30歳手前の27歳、28歳くらいの年齢にさしかかると、仕事を覚えることも一段落して次のキャリアや転職について考える人も増えてくるもの。

そこで気になるのが「自分の市場価値がどうなのか」「転職は難しくなってくるのか」ということだという人も多いでしょう。

そこでこの記事では、28歳の転職ではどんなことが求められるようになるのか、28歳での転職を成功させる採用目線でのコツをまとめてご紹介します。

★20代後半の人におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
リクナビNEXT
  • 転職者の約8割が利用
  • 常に5,000件以上の求人を掲載

詳細

マイナビジョブ20's
マイナビジョブ20's
  • 1,500件の求人全てが20代向け
  • 未経験OK求人が50%以上

詳細

doda
doda
  • 業界最大級10万件以上の非公開求人
  • 内定率86%
  • 入社後定着率93%

詳細

高下真美

【この記事を執筆した人】

  • 新卒でインターンシップ紹介・人材派遣・人材紹介のベンチャー企業に入社
  • 営業・コーディネーター・人事・総務に2年半従事
  • その後大手人材会社に転職し、求人広告の年間採用計画を提案する営業として8年勤務
  • 大手アパレル、外食チェーン、流通、医療など幅広い業種を担当
  • 現在は就職・転職系メディアの記事執筆など、フリーライターとして活動中

「28歳の転職は遅い?」元採用側が教える28歳、2つの市場価値

28歳は30歳という区切りのある年齢の手前であるため、「28歳の転職では遅いのかも…」と不安になる方もいることでしょう。

しかし、28歳という年齢の市場価値を正しく把握しておけば問題ありません。

これからご紹介する2つの市場価値を理解し、ぜひ転職活動でアピールできるようにしていきましょう。

28歳は即戦力である

28歳1つ目の市場価値は、「即戦力であること」です。

20代半ばの場合、仕事にやっと慣れてきた頃合いのため、新しい職場で即戦力になるほどの力はついていないケースが多いです。

しかし、28歳であれば自分の仕事をこなすだけでなく、後輩の指導や社内にも目を向けられるようになってくる時期です。

転職した先でも後輩からすぐに頼られるような存在になることは難しくないでしょう。

28歳はポテンシャルがある

28歳2つ目の市場価値は、「ポテンシャルがあること」です。

30代になると、人材への会社側の要望がマネジメント経験者マネジメント候補者になってきます。

企業によりますが、28歳ころからマネージャーなどのマネジメント職に就く人も増えてくるため、30代のマネジメント未経験者をわざわざ中途で採用しようと考えない企業が多くなる可能性も高いといえます。

しかし28歳という年齢であれば、30代に突入するまであと2年という猶予があります。

そのため企業側としても、マネジメント候補者としてポテンシャルがある人を採用してくれる可能性が高いです。

転職活動中のアピールとしては、どれだけ即戦力になるための努力ができるか、5年後の転職先でのビジョンを明確にし、「長く働いてくれそう」「中間管理職として機能してくれそう」と感じてもらうことが重要です。

「こんな28歳は厳しいかも」お見送りしたくなる転職者のポイント2つ

同じ28歳でも採用を見送られてしまう人と歓迎される人の違いがあります。

求められる28歳像を理解できず、採用を見送られてしまう人の特徴を2つまとめてご紹介しますので、ぜひ参考にして自分が当てはまらないように注意しましょう。

ポータブルスキルがない

28歳は即戦力であることがアピールポイントです。

異業種・異職種の場合、すぐに即戦力とはいきませんが「仕事に慣れれば即戦力になってくれるだろう」という見込みが立てば採用してくれる可能性が高いです。

その見込みを作るのがポータブルスキルです。

【仕事の仕方に関するポータブルスキル】

成果をあげるために重要な行動 職務遂行上、特に重要であるもの
課題を明らかにする 現状の把握
課題設定に先立つ情報収拾の仕方や内容、情報分析など
課題を明らかにする 課題の設定方法
設定する課題の内容(会社全体、事業・商品、組織、仕事の進め方の課題)
計画を立てる 計画の立て方
計画の期間、関係者・調整事項の多さ、前例の有無など
実行する 実際の課題進行
本人の役割、スケジュール管理、関係者、柔軟な対応の必要性、障害の多さ、成果へのプレッシャーなど
実行する 状況への対応
柔軟な対応の必要性、予測のしやすさなど

【人との関わり方に関するポータブルスキル】

対人メネジメントで重要なこと 職務遂行上、特に重要であるもの
社内対応
(上司・経営層)
指示に従う必要性、提案を求められる程度、社内での役割期待など
社外対応
(顧客、パートナー)
顧客、取引先、対象者の数、関係の継続期間、関係構築の難易度など
部下マネジメント
(評価や指導)
部下の人数、評価の難しさ、指導・育成が必要なポイントなど

出典:厚生労働省

ポータブルスキルとはその名の通り、持って歩ける=どこでも通用するスキルのこと。

社外の人と交渉する能力や事務処理能力、大人数で協力体制を組み、プロジェクトを進行する能力はどの会社に行っても役立つスキルです。

これらに代表されるポータブルスキルを持っていない場合は採用を見送られてしまう可能性もあります。

自分にはそんなスキルはない・・・」という人も、28歳まで社会人経験を積んできたなかで、異業種・異職種でも生かせるスキルを習得していることが多いです。

スキルの棚卸しをし、他の企業でも使えるスキルをどれだけ自分が持っているかはよく確認しておきましょう。

転職後のビジョンが見えていない

28歳はポテンシャル採用してもらえる可能性が高い年代です。

しかし転職後のビジョンが見えていないようであれば、育成枠としての採用も難しくなるでしょう。

28歳という年齢は中堅ポジションであるため、「会社に対してどのくらい好影響を及ぼしてくれる人材なのか」を重要視して会社側は採用を行っています。

5年後のビジョンを尋ねられた時に、自分の目標だけではなく会社に対してどのくらい貢献できるかについても話せるようになっていなければ、採用を見送られる可能性が高いです。

年齢の割に視野が狭く、今後マネジメント候補者として検討しづらいと判断されてしまいプラスがマイナスを上回る危険があります

【男女別】28歳の転職を成功させる3つのポイント

ここまで28歳の市場価値や採用を見送られてしまう人の特徴をご紹介しましたが、次は28歳の転職を成功させるためのポイントをご紹介します。

男女共通のもの、男女別の3つに分けてご紹介しますので、それぞれ自分に役立つものをピックアップし、転職成功のヒントにしてみてください。

【男女別】28歳の転職を成功させる3つのポイント

  • 男女共通:これからの伸びしろと即戦力を同時にアピール
  • 男性:昇進自体よりも昇進した後に何がしたいかを明確に
  • 女性:ライフプランを明確に伝える

【男女共通】これからの伸びしろと即戦力を同時にアピール

28歳の転職では、育成できる年齢であることと即戦力が強みとなります。

そのため、これからどのくらい伸びしろがあるのか即戦力になれる理由を根拠を持って伝えていきましょう。

そこで必要なのが、これまでの実績と現状取り組んでいる勉強実際の仕事のエピソードです。

他者と比較してどのような努力を重ねてどんな実績を上げられたか」、「即戦力になるために不足している能力は現在の仕事でこういったチャレンジをし身につけている」など、具体的なエピソードを下の図のようにアピールしてください。

実績のアピールの比較の仕方

異業種・異職種で転職をしようとした場合は特に、自分だけの実績をアピールすると、その実績がどのくらいすごいことなのかわかってもらえない可能性があります。

そのため、他者と比較し通常実績との違いを見せることで、努力や工夫の度合いを理解してもらう必要があるでしょう。

また、違う会社に入ればその会社のやり方や特徴を把握して、慣れてからでないと即戦力にはなれません。

だからこそ、今までのキャリアと今回の転職先での仕事との違いをクリアにしましょう。

その上で、自分に不足している能力や知識を洗い出し、「不足している能力や知識をどう補っていくのか今はそのために何をしているのか」を伝えられるように準備しましょう。

そうすると、入社後即戦力として働いてくれると、採用側から確信を持ってもらえる可能性が高まります。

【男性】昇進自体よりも昇進した後に何がしたいかを明確に

28歳の男性の場合は「昇進したい」「マネジメントを早く経験したい」という思いが強い傾向にあります。

結婚を視野に入れている人はもちろん、そうでない人も昇進願望を持っている場合が多いでしょう。

つまり、「昇進したいと考えるのは当たり前」と企業側に思われている可能性が高いのです。そこで5年後のビジョンを問われた時に「マネージャーになって業績を引っ張りたい」といっても、他の応募者もそう主張しているケースが多いため、ライバルと一線を画すアピールにはなりません。

マネージャーになれば業績を上げることは当たり前です。そこから志望先企業で不足していることは何かそれをどう補っていくのかというビジョンを伝えるようにしましょう。

志望先企業をよく分析できている人なら、この事業を強化すれば業界の中でも良いポジションが取れるということがわかるはずです。

業界・企業研究ができていることをアピールするだけでなく、将来性を期待してもらえ採用確率を上げることができるでしょう。

【女性】ライフプランを明確に伝える 

28歳の女性の場合は、転職の際、面接で結婚・出産・育児と仕事のバランスをどう考えているかを問われることも多いでしょう。

転職してすぐに妊娠した場合、業績を上げられないうちに育休に入ってしまう可能性もあります。

そう考えると受け入れが難しいと考える企業も少なくはないでしょう。

転職活動中で懸念されたままだとマイナスに受け取られかねません。結婚をしていて転職活動中の場合は、「仕事と家庭をどう両立していくつもりかライフプランを明確に伝えるようにしましょう。

★20代女性の転職におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
パソナキャリア
(女性専用)

パソナキャリア女性専用
★当サイト女性の申込数No1
  • オリコンの顧客満足度ランキングNo1
  • 25,000件以上の求人
  • 利用者満足度96.8%

詳細

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
  • 女性専門のアドバイザーが転職活動をサポート
  • 利用者の約71%が年収UP

詳細

doda
doda
  • 【業界最大級】10万件以上の求人
  • 女性の求人特集が見れる

詳細

※公式サイトより引用

【異業種/スキルなし/女性】ケース別、28歳転職を有利に進めるコツ

未経験異業種への転職

まずは異業種への転職を考えている28歳が対象です。どのように振る舞えば有利に進められるのでしょうか。

異業種でも活かせる仕事のやり方・長所を発見する

まずは面接の場で十分にアピールできるように、今の仕事で志望先の異業種でも活かせる仕事のやり方や、自分の長所はどこかを知っておきましょう。

現職の仕事で勉強できることで次に志望している仕事に活かせるものがないかを確認して、退職までの期間に身につけておけるといいでしょう。

そして退職前にも次の仕事のために勉強をしていたことを、面接の場で十分にアピールをしましょう。

アピールする長所については、志望先業種で求められているものである必要があります。

よくわからない場合は、転職エージェントを介して、応募先業種で活躍している人の特徴について聞いてみるのもおすすめです。

転職エージェントは転職希望者をサポートする担当と、企業への営業担当に別れていることがほとんどで、応募先の企業に詳しいのは企業への営業担当です。

なので、志望先業種を担当している営業に、担当の転職エージェントから聞いてもらうようお願いしておくと、有益な情報を集めることができます。

その上で志望先業種で活躍している人の特徴と自分の長所が合致する部分を見つけてアピールすれば、応募先の企業に今後自分がその企業で活躍している姿をイメージしてもらえる可能性が高いですよ。

スキルなしからの転職

28歳時点でスキルがなくても転職したいと考えている人の場合、人柄だけのアピールでは勝ち上がれない可能性が高いです。

そのため、スキルを身につけようとしている行動自体をアピールするようにしましょう。

資格取得

まずはその仕事に関わる資格を取得をし、実務経験はないけれど知識がある状態に自分を持っていきましょう。

そうすればスキルがまったくない状態で応募するよりも、資格取得してまでその仕事に就きたいのだという熱意と行動力を理解してもらえます。

資格でなくても関連するスキルを取得

転職先として考えている仕事に、特に該当するような資格がない場合は、関連するスキルを身につけることでカバーをしていきましょう。

また、自分ではスキルを持っていないと思っていても、自己分析をしてみると志望先の仕事に役立つ特性を持っている可能性もあります。

うまく自己分析ができない場合は、転職エージェントで他己分析をしてもらい、伝わりやすいエピソードを選んでアピールする練習をしておいてください。

女性の転職

女性でも特に結婚している場合は出産、育児に関して懸念されることも多いです。

物理的に不在の期間ができてしまうため、事業の推進を考えると雇いにくいと思われてしまうのも事実です。

そんな懸念で不合格にならないように、下記2つに注意して転職活動を行うといいでしょう。

仕事と子育てのバランスを取れる計画を立てる

仕事と育児をうまく両立しようとすると、祖父母のサポートが受けられるか否か、時短勤務が可能かどうかということも重要になってきます。

未経験での転職だと、即戦力となれるまでにはどうしても時間がかかります。

できれば、異業種転職の場合は1~2年程度で産休・育休に入るのではなく、「ある程度仕事を覚えてそこから即戦力になれるくらいまでは腰を据えてしっかり働く」という見通しを持ったほうがおすすめです。

その方が産休・育休というブランク明けでも、スムーズに仕事に復帰できるでしょう。

自分自身が入社先企業で活躍できる状態をアピールするためにも、両立できる体制を整え、どのようにキャリアを積んでいくかの計画を伝えて、準備万全の状態で臨むことを伝えておくといいでしょう。

入社前にキャッチアップできる努力を行いアピールする

異業種への転職、または入社後1年などの短期間で出産を考えている場合は、入社してから即戦力として業績を上げていくための準備をアピールしましょう。

これまでの実績と、事前に勉強している知識ポータブルスキルとして活かせそうなもの全てをアピールすることが重要です。

人生の大事な転機だからこそ、28歳の転職は転職エージェントを活用すべき

30歳手前の28歳という年齢は20代前半と違って、社会人としての力もあり、即戦力になれる存在です。

一方で、これからのキャリアを再開拓できるポテンシャルが残っている時期でもあります。

有利な状態で転職活動を進め、転職を成功させるためにも、転職エージェントを活用すべきです。

30代40代のキャリアを花開かせるためにも、28歳の今、転職活動をして新たな可能性を見つけてみてはいかがでしょうか。

★20代後半の人におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
リクナビNEXT
  • 転職者の約8割が利用
  • 常に5,000件以上の求人を掲載

詳細

マイナビジョブ20's
マイナビジョブ20's
  • 1,500件の求人全てが20代向け
  • 未経験OK求人が50%以上

詳細

doda
doda
  • 業界最大級10万件以上の非公開求人
  • 内定率86%
  • 入社後定着率93%

詳細

関連記事

"29歳の転職で絶対失敗したくない!”人が読むべきリスク回避策3つ

29歳は30代に突入する前の重要な1年。現在の仕事に対し、これからも働き続けるかどうか、あなたはどう…