29歳女性の転職は厳しい…払拭すべき採用側3つの懸念点を徹底解説

29歳で転職を考える人は、決して少なくありません。厳しいイメージを持つ人も多いなか、「29歳でしかも女性の転職というと、実際のところどうなの?」と不安に感じている女性もいることでしょう。

結論から言うと、29歳女性の転職は、転職者1人1人の状況によって厳しいかどうかは異なります

今回は、「29歳女性の転職が厳しくなるケース」「厳しくならないケース」それぞれのケースについて解説するとともに、29歳女性の転職をスムーズに進めていく方法についてご紹介していきます。

結論から言うと・・・

29歳女性の転職は厳しくない!」その理由は・・・

  • 実際に多くの29歳女性が転職を叶えているから
  • 複数の業界・業種で、女性転職者へのニーズが高まっているから
  • 企業が重視しているのは年齢や性別ではなく、年齢相応のスキルだから

29歳女性の転職は厳しい!」その理由は・・・

  • 人により29歳相応のスキルが足りていないことがあるから
  • 近い将来で起こるライフイベントが懸念材料になるから
  • 昇進とライフプランの兼ね合いが難しいと判断されるケースがあるから
★20代女性の転職におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
パソナキャリア
(女性専用)

パソナキャリア女性専用
★当サイト女性の申込数No1
  • オリコンの顧客満足度ランキングNo1
  • 25,000件以上の求人
  • 利用者満足度96.8%

詳細

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
  • 女性専門のアドバイザーが転職活動をサポート
  • 利用者の約71%が年収UP

詳細

doda
doda
  • 【業界最大級】10万件以上の求人
  • 女性の求人特集が見れる

詳細

※公式サイトより引用

【この記事を執筆した人】

名前:杉本友美

  • 新卒で専門商社へ入社し、総務・経理・人事事務職として約7年勤務
  • その後公的機関の人事部門にて、人事・労務事務およびディレクション業務に約2年従事(委託業務)
  • その後も大手化学メーカーでの経理事務などを含め計4社約12年の総務・人事・経理キャリアを持つ
  • 現在は総務・人事・就転職・女性の働き方といったジャンルを中心に、フリーライターとして活動中

※本人都合により顔写真は非公開とさせていただきます。

29歳女性の転職は厳しい?「NO 厳しくない」のケース

市場は空前の売り手市場!多くの女性が転職している

ここ数年、人材不足も影響して、転職市場はバブル期をしのぐ求人倍率で推移しています。

求人倍率

出典:厚生労働省|一般職業紹介状況(平成31年4月分)より

厚生労働省がまとめた一般職業紹介状況(平成31年4月分)においても、有効求人倍率は1.63倍、つまり1人の転職者あたりに必ず1社の求人がある状態で、まさに売り手市場となっています。

また2017年における年齢階級別転職入職率において、25~29歳の女性は一般労働者で17.2%、パートタイム労働者で23.2%と、どの年齢階級よりも高い数値をたたき出しました。

女性の年齢別転職率

出典:厚生労働省|平成29年雇用動向調査結果の概要 4.転職入職者の状況 より

つまり、転職活動の末に内定を勝ち取り、転職先の会社に入社した10代から60代以上の女性の中で、20代後半の女性が最も多い結果になっているということです。

これらの数値を見てもわかるように、現在の就転職市場は大きな動きを見せており、29歳女性の転職者も多数存在します。

したがって、就転職市場の状況において、29歳女性の転職は決して厳しいとは言えないということになります。

女性へのニーズが高まっているこんな業界・あんな職種

女性のニーズが高まってる業界・職種

女性へのニーズが高まっている業界

  • 医療福祉業界(看護師・薬剤師など)
  • IT業界
  • 社会福祉業界(ホームヘルパー・ケアワーカーなど)

女性へのニーズが高まっている職種

  • 営業職全般(ハウスメーカーの営業職など)
  • 事務職
  • コーディネーター
  • 看護助手
  • 介護職
  • WEBデザイナー

そもそもの求人数が増加しているなか、女性に対するニーズが高まっている業界・職種があります。

たとえば業界であれば、医療福祉系・IT系・福祉系などが挙げられます。職種では、一般的事務職はもちろん、営業職でも注目されています。

ハウスメーカーの営業職・コーディネーターなども注目すべき仕事です。

この他、スキル・資格などを活かした「手に職」系も。たとえば医療福祉系であれば看護助手や介護職など、IT系ではWEBデザイナーなどが一例です。

女性のニーズが高い職業では、女性ならではの細やかな配慮や多方向への気配り、女性視点での感性豊かなデザインなどが重宝されています。

女性に対するニーズが高い業界・職種であれば、29歳の転職でも十分にチャンスはあります。決して29歳女性の転職が厳しいわけではないのです。

【結論】ニーズがマッチすれば転職は難しくない!

「年齢」というものさしだけで、企業における人材の適性を推し量ることは不可能です。

29歳というと、20代前半の頃より転職が厳しくなりそうというイメージを持つ人も多いかもしれませんが、企業は年齢相応のスキル・能力があるかどうかが重要だと考えています。

29歳の女性として適切なビジネススキル・能力があると判断できれば、おのずと採用される可能性は高まります。

どんなに高いスキルを持っていても、そのスキルを必要としていない企業からは内定をもらえません。

重要なポイントは、企業の要望する能力を備えていること。自分のスキルを必要としている企業へ応募すれば、転職はしやすいといえるでしょう。

しかしながら、応募先企業がどういったレベルの能力を求めているのか、自分がどんなスキルを持っているのか、主観的にしか判断できないのが問題です。

たくさんの求人の中から、自分の能力・希望にマッチする転職先が見つけられる可能性は決して高くなく、転職活動が長引くケースも少なくありません。

29歳女性の転職は厳しい?「YES 厳しい」のケース

29歳相応のスキル・実績が乏しい

29歳というと、新卒から数えて7年ほどのキャリアを積んでいるはず。

新卒からずっと同じ企業で勤めている女性もいるでしょうが、なかには1年~数年で転職を繰り返している女性も多いでしょう。

短い期間での転職を繰り返してきた場合、企業が29歳女性のスキルだと想定する実績に満たない可能性もあります。

29歳ではまだポテンシャル要素で採用される可能性が残ってはいるものの、やはり経歴・スキルを重要視する企業も多いです。

転職におけるスキルの差

実際上記のように、ひとつしかない枠に同じ29歳女性で経験者の応募があった場合でも、ひとつの会社である程度の経験を積んだ人と転職を繰り返している人とを比較すると、そのスキルに差が現れる場合があります。

つまり、転職を繰り返した分スキルが分断され企業が求める29歳相応のスキルに到達していなかった、というケースがあるということです。

転職を繰り返したせいでどのスキルも中途半端な気がする…」という人の場合、その点をカバーでき、なおかつライバルにない他の強みをアピールできなければ、29歳女性の転職は厳しいと言わざるを得ないでしょう。

近い将来で起こり得るライフイベントが採用側の懸念材料に

女性のキャリアとライフプラン

29歳というと、結婚・出産など人生における重要なライフイベントと重なる女性もいます。すぐにではないものの、「数年後には…」と考えている女性も少なくないはず。

しかし、採用側にとって、応募者がライフイベントを迎えるのが「数年後」なのか「すぐ」なのか、懸念のひとつになっている可能性が高いです。

企業の特質や人事担当者の考えなどによっては、29歳女性という年齢と性別のハードルが採用決定の判断を揺るがすケースもあります。

したがって、面接で今後のライフプランについて聞かれた際には、きちんと伝えることができるよう備えておくことが必要です。

これを機会に一度腰を据えてライフプランを考えておくことをおすすめします。

残業が多い職種・キャリア職などの募集でも難しいケースが

採用にはコストと手間がかかるため、企業は出来るだけ長く自社で活躍して欲しいと願って採用活動を行なっています。

キャリア職など責任があるが故に残業が多くなってしまいがちな職種の採用においては、企業の「出来るだけ長く活躍して欲しい」という願いが特に強い傾向にあります。

29歳女性というと、仕事内容プラス、ライフプランとの兼ね合いで「働きやすさ」を求めている場合が多いことから、そういった職種やポジションには適さないという判断をする人事担当者も多いかもしれません

本人は「頑張ります!」といったとしても、応募職種が残業の多い部署だったり、スタッフをたくさん抱えるようなマネジメント職だったりすれば、人事担当者としても「確実に任せられるのかな…?」と心配になることも。

29歳でキャリア職やマネジメント職、残業が多い職種への転職を検討している女性は、採用側の不安を払拭できるようアピールをしていくことが必要です。

女性が29歳で転職するメリット・デメリット

転職する3つのメリット

  • ライフイベントにも柔軟に対処しやすい企業に勤められる
  • 未経験業種・職種で新しいキャリアをスタートさせられる
  • 即戦力としてこれまでの実績を活用し年収アップにつなげることができる

ライフイベントにも柔軟に対処しやすい企業に勤められる

29歳といえば、結婚・出産・育児など、キャリア以外のビジョンを何となくイメージしている女性も多いのではないでしょうか?

29歳で女性が柔軟に働きやすい企業に転職できれば、その後数年で離職せざるを得ないといったケースが激減します。

それぞれのライフイベントに合わせて柔軟に働き方を変えられれば、仕事のキャリアを失うことなく、家庭も大切にする時間が作りやすいでしょう。

未経験業種・職種で新しいキャリアをスタートさせられる

29歳はポテンシャルを武器にできるラストチャンスの1年。職場にもよりますが、29歳でも若手とみなし、未経験の仕事に挑戦するチャンスをもらえることもあります。

憧れを抱く未経験業種・職種がある場合、転職できるチャンスはまだ残っています。

転職が実現すれば、30歳を迎える前に新しいキャリアをスタートさせることができるでしょう。

即戦力としてこれまでの実績を活用し年収アップにつながる

29歳でこれまでの経験・キャリアを活かした転職に成功すれば年収アップが十分に見込めます

29歳は、ある程度の社会人経験はもちろん、リーダー的なポジションとしても歓迎される年齢だからです。

現在の職場ではスキルアップの経験やキャリアが積めなさそう…」と感じるのであれば、現在の経験・キャリアを活かした転職は検討に値します。

転職する3つのデメリット

29歳女性が転職した場合、もちろんデメリットもあります。たとえば以下のようなものが挙げられます。

  • 自分の市場価値を見誤り、転職活動が厳しく年収がダウン
  • 転職後に思っていたようなキャリアが積めない企業とわかった
  • 人間関係など、また新しくスタートしなければならない

自分の市場価値を見誤り、転職活動が厳しく年収がダウン

転職活動をする前に離職した女性によく見られますが、実際転職活動をしてみると、転職活動が厳しく年収がダウンしてしまうことがあります。

転職活動をする際は今の会社で働いている状況で進めましょう。転職の際に年収が下がる場合は今働いている会社で働くことも選択肢にしましょう。

自分のなかではスムーズに転職できると思っていたものの、自分に対する社会的な評価・市場価値が予想以上に低かったということは起こり得ます。

前職を辞めてしまっているなかで転職先がなかなか決まらないとなると、焦って転職先を選んでしまうリスクもあります。

また転職先の仕事内容や残業時間などで心身ともにつらいなど、予想外の会社であった場合には、さらに離職・転職を重ねるという悪循環に陥る恐れもあります。

転職後に思っていたようなキャリアが積めない企業とわかった

転職先の条件・イメージは、書面で見た内容と実際とは異なることもしばしばですよね。

たとえば女性のキャリア支援についてアピールしている企業でも、実際には女性キャリア職の数(割合)が少なく、新卒入社でずっと働いている社員を優先的に昇進させているというケースもあります。

将来のキャリアビジョンを大きく膨らませながら転職したとしても、実際にはキャリアを積むことが難しいとなった場合、不本意な転職になってしまいます。

キャリアアップを目的とした転職の場合は、転職先に活躍している女性がどれくらいいるのかまで把握しておくことが大切です。

人間関係など、また新しくスタートしなければならない

転職するとなると、これまで積み重ねてきた社内外の人間関係をそのまま転職先へもっていくことはできません。

何年もの間かかって築いてきた、仕事において良好なコミュニケーションをとっている同僚・上司・得意先担当者との関係を手放すことになります。

転職で自分の要望にマッチする働き方を実現できる可能性が高い反面、リセットされた人間関係を再び一から構築していかなければいけないことは、転職のデメリットと言えるでしょう。

29歳女性の転職を成功に導く5箇条

転職成功の道のり
  1. 転職の理由は何なのかはっきりさせておく
  2. 転職における「絶対条件」「妥協できる条件」を明確にしておく
  3. 将来のビジョン(5年後・10年後など)を具体的にイメージしておく
  4. これまでの実務経験・強み・セールスポイントを「見える化」
  5. 応募する企業は自分の基準だけで判断しない

1.転職の理由は何なのかはっきりさせておく

ただ何となく嫌で退職したい」という考えの場合、転職に失敗する可能性が高いです。

そもそも転職の理由は何なのか?企業や社員に対する批判的な考えだけでなくなぜそのような状況になったのか?背景の部分までを冷静に考えてみましょう。

結果として、転職せずに解決できる場合もあります。本当に転職がベストな方法なのか、今一度自分自身に問いかけてみましょう。

2.転職における「絶対条件」「妥協できる条件」を明確にしておく

転職活動は、長引けば長引くほど体力・気力が消耗します。

転職活動が長引く理由に、なかなか内定を獲得できないというケースもありますが、希望の求人が見つからないことが転職活動の進行を鈍化させてしまっていることも多いです。

転職活動で多くの仕事・条件を目にしていると、「あれもこれも」と希望ばかりが膨らんでしまうことも。

完璧を求めず「絶対に外せない条件」「あればいいけれどなくても妥協できる条件」を明確にしておくと、転職活動がスムーズに進みます。

3.将来のビジョン(5年後・10年後など)を具体的にイメージしておく

現状の嫌な部分にばかり目がいき、それを払拭するために転職先を選んでしまうこともあります。

不満が解消できればいいという気持ちで転職するのではなく、社会人として、長く働き続ける覚悟で転職先を選ぶ責任を持ちましょう。

長く働くことを考えれば、おのずと将来のビジョンも考える必要があります。

5年後・10年後・15年後の自分の未来像を具体的にイメージし、将来も転職先で働いていけそうかどうか、考えてみることが転職成功へのヒントです。

4.これまでの実務経験・強み・セールスポイントを「見える化」

29歳ともなると、1社および複数社での実務経験がある女性も多いでしょう。

転職先でどんな経験・能力を活かせるのか、これまでの就業経験を振り返り、紙に書き出してみましょう。

実務経験をふまえ、強みやセールスポイントを「見える化」することで、転職活動で必要な書類作成・面接対策を強化することができます。

自分の強みやセールスポイントは自分からは見えにくいことも多いので、キャリアのことを相談できる第三者がいればなお良いです。

5.応募する企業は自分の基準だけで判断しない

転職で起こりがちな失敗が、転職後のミスマッチです。

主観的な価値基準をもとにし、書類・サイト上の企業情報に踊らされて転職先を決めてしまうと、「こんなはずじゃなかったのに…」と後から後悔することになります。

応募する転職先企業を選ぶ際は客観的な意見も大切にしましょう。友人など身近な人物、転職エージェントなど転職のプロからアドバイスを受けるのもおすすめです。

この記事のまとめ

29歳の女性が転職を考えた場合、転職活動が厳しいか否かは個人のスキル・応募先などで異なります。

自分のスキルを必要としている企業に応募できるか?」「企業が欲しがっているスキルをアピールできるか?」が大切になってきます。

また、「自分の市場価値はどうなのか」「どんな仕事内容・待遇の転職先が考えられるのか」は、個人では計り知れない部分もあるでしょう。

そこで、客観的な視点で転職のプロからアドバイスを受けられる「転職エージェント」の活用が有効です。

たとえば「パソナキャリア(女性向け)」なら、女性の考えに寄り添ったキャリア支援に定評があります。「type女性の転職エージェント」は、女性のキャリアアドバイザーがつき、実績も豊富なのが魅力です。

女性の転職に強みを持つエージェントを利用することで、自分だけで転職活動するよりもよりスムーズに進められるでしょう。

★20代女性の転職におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
パソナキャリア
(女性専用)

パソナキャリア女性専用
★当サイト女性の申込数No1
  • オリコンの顧客満足度ランキングNo1
  • 25,000件以上の求人
  • 利用者満足度96.8%

詳細

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
  • 女性専門のアドバイザーが転職活動をサポート
  • 利用者の約71%が年収UP

詳細

doda
doda
  • 【業界最大級】10万件以上の求人
  • 女性の求人特集が見れる

詳細

※公式サイトより引用

関連記事

転職を悩む女性へ。20代・未経験でも希望の転職を叶える方法を徹底…

「20代で未経験の業種に転職なんて、無謀なの?」「

20代女性の転職体験談|転職に成功する人と失敗する人の違いはどこ…

「女性の転職には男性の転職にはない、女性ならで…

【体験談からわかる】20代女性が事務職への転職を成功させる方法

20代の女性が転職を検討するとき、結婚や出産…

20代女性が登録すべき転職サイト・転職エージェント8選をタイプ別に…

「20代女性向けの転職サイトはあるの?」「種類が…

20代女性必見!転職の面接にふさわしい服装とNGな服装

「20代女性の場合、転職の面接ではどんな服装が良い?」「