【フリーターが就職できないのは嘘】就職できない人が守るべき3つのこと

【フリーターが就職できないのは嘘】就職できない人が守るべき3つのこと

フリーターだと就職活動をしてもうまくいかないのでは?
頑張ってもいつも書類で落ちてしまう……

このような悩みを持つフリーターの方も多いでしょう。

しかし、昨今では労働人口の減少に伴い多くの企業が人材不足に悩んでおり、ともに成長していける若手を求める企業もたくさんあります。

そして実際に正社員希望のフリーターのうち5割ほどが正社員へ就職できたという調査結果も出ています。

この記事では、フリーターが就職するためのポイントを詳しくご紹介していきます。

この記事のポイント

  • フリーターをしていた理由を明確に答えることが大切
  • 書類の内容には一貫性を持たせる
  • 不安な方は就職エージェントへの無料相談がおすすめ
【無料で利用可能!】
★フリーターにおすすめの就職サービス★
サービス
特長
公式サイト
ネットビジョンアカデミー
ネットビジョンアカデミー
  • 需要の高いITエンジニアをフリーターから目指せる!
  • 徹底サポートで優良企業への就職成功率98%!

詳細

JAIC
JAIC(ジェイック)
  • 厚生労働省の認める職業紹介優良事業者
  • 利用者の入社後の定着率は91.3%!

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 正社員就職率80.4%の実績
  • 全ての求人先へ訪問取材し、ブラック企業を徹底排除

詳細

フリーターで就職できない人とできる人の違い

フリーターで就職できない人とできる人の違いは?

フリーターから就職できない人とできる人の違いをまとめると以下の通りです。

就職できない人 就職できる人
  • 一貫性がない
  • 無職・ニート期間が長い
  • 第一印象がよい
  • 柔軟性がある
  • 自己分析ができている
  • 就職の目的が明確

ではそれぞれの特徴について解説します。

\フリーターからITエンジニアの正社員へ!/

ネットビジョンアカデミーに
無料相談してみる

フリーターで就職できないのはこんな人

一貫性がない

就職活動における採用選考では、履歴書・職務経歴書などの書類選考、面接選考の両方を行う企業が9割方となっているのが実状です。

つまり、ほとんどの企業が書類選考と面接選考を採用しています。

それなのに、本人の記載内容と実際に話す内容が異なれば、「この人大丈夫かな?」という不安が面接担当者の頭をよぎってしまいます。

ビジネスシーンではコミュニケーションなどのスキル面はもちろんですが、信頼のおける人物かどうかという点も非常に重要なポイントになります。

事前にしっかりと情報をまとめておける書類選考には通過しても、面接で書類の内容とちぐはぐな回答をしてしまう場合もあるかもしれません。

そういった準備不足やミスにより、不名誉なレッテルを張られてしまう前に一度下の関連記事もご覧ください。

無職やニート期間が長い

無職やニートだった期間が長い人は、なかなか定職に就きにくい、つまり就職できない傾向にあります。

これは、能力的な部分での問題ではなく、普段の生活面での問題が大きく影響しています。

例えば

  • 日常的に乱れた生活リズム
  • 日々仕事をこなすための体力的な不安
  • 基本的な社会常識が身についていない
  • 会話やコミュニケーション能力の欠如

などが挙げられます。

逆に言えば、これらの能力がある程度備わっていれば無職やニートの期間が長くても就職できる確率がグンと上がるはずです。

こうした不安な点については、就職エージェントへ相談してみても良いでしょう。

20代専門の就職支援|就職成功率80.3%のJAIC

JAICの特徴

  • 就職成功率80.3%!入社後定着率91.3%で安心の就職
  • 全ての求人先へ訪問取材し、ブラック企業を徹底排除
  • 厚生労働省が認める職業紹介優良事業者
公式サイトはこちら

フリーターから就職できるのはこんな人

第一印象が良い

人の印象は、初対面の3~5秒で決まるともいわれています。

これはメラビアンの法則と呼ばれ、人はさまざまな情報を得る際、言語・聴覚・視覚のうち約半数を視覚情報から取り入れているということです。

書類や面接での内容をしっかり準備しておくことも大切ですが、第一印象はそれをも超える重要ポイントです。

清潔な身なり、明るい笑顔やぴしっと伸びた背筋、はっきりと聞き取りやすい声などは、面接担当者に好印象を与える要素になります。

ビジネスシーンで安心して仕事を任せられる人は、外見から好印象を与えられる人ともいえるでしょう。

自己分析をしっかり行って自分をよく理解している

就職できない人は自己分析ができていない人が多いです。

ただやみくもに就職活動をしている場合、自分には合わないような求人にも手を出してしまいがち。

そうなると、採用はもちろん、採用されてもすぐ辞めてしまうリスクがあります。

自己分析にじっくり時間をとり、自分と向き合ってどんな仕事を目指すべきか、どんなジャンルに向いているのかが言語化できている人は、面接の場でも堂々とできるでしょう。

就職活動に対して明確な目的がある

就職できない人のパターンとして、一貫性がない人が挙げられます。

ただ就職したいだけという中途半端な考え方では、本当に働きたいと思う素晴らしい企業と出合うこともできないでしょう。

  • どんな職種・業種で働きたいのか
  • 仕事を通してどんな自分になり、社会に貢献していきたいのか

などを考えてみましょう。

自分のなかに確固とした「」と「目的」があれば、就職活動でもブレることなく自信を持って行動できるはずです。

人の意見を素直に聞ける柔軟性のある人

人の意見に耳を傾けられる人は、自分の弱点や改善点にも向き合うことができます。

柔軟な考え方を持つ人は、自分の欠点を改善して就職に成功しやすいでしょう。

\社会人マナーもバッチリ身に着く!/

就職エージェントへ
無料相談してみる

フリーターで就職できない人が守るべき3つのポイント

フリーターで就職できない人が守るべき3つのポイント

就職を目指すフリーターの人に向けて、これだけは守ってほしい3つのことをご紹介します。

「なぜフリーターをしていたのか」「なぜ就職したいのか」をポジティブに答えられること

フリーターの肩書をネガティブにとらえてしまうと自信を持って就職活動に挑むことができません。

フリーターの期間でも、少なからず何かしらの学びを得ていたはずです。

どんなことをしていて、今回どうして就職したいと思ったのかを「ポジティブに」答えられるようにしましょう。

就職でのネガティブな要素はすべて悪い方面に向かってしまう傾向にあるので、書類内容、面接での回答についても必ずポジティブさを大切にしてください。

面接での回答が不安であれば、JAICハタラクティブといった就職エージェントへ無料相談し、就職のプロからアドバイスを聞いてみてください。

履歴書、職務経歴書に一貫性があること

面接選考に進む前に肝心なのは、提出書類で確実に選考を通過すること。

前章でもお伝えしたように、内容の一貫性は絶対はずせない重要ポイントです。

提出する前にしっかり内容を確認し、在籍年数や職務歴・仕事内容など矛盾がないようにしておきましょう。

志望動機に合う企業なのかを事前に企業研究すること

とりあえず就職したい‼」そんな人によくあるパターンが、志望先の企業が実際にはどんな企業かがよくわかっていないことです。

やみくもに多くの求人企業に応募していて企業研究がしっかりできていないのが原因です。

しかし、これから長くじっくり働いていきたいと思っているならば、企業の概要や社風共感できるポイントなどをリサーチしておきましょう。

またフリーターの就職成功のためのノウハウは別記事で紹介しているので、よろしければこちらの記事も参考にしてみてください。

不安であれば就職のプロに相談する

不安であれば転職のプロに相談する

就職支援サービスを利用する

就職支援サイトや就職エージェント、無料のスクールでは、現在就職・転職活動中の人を希望の就職先へ導くためにさまざまなサービスを提供しています。

実際に利用したことのない人にとっては、どんなサービスか未知の世界かもしれませんね。ここで、就職支援サイトや就職エージェントのメリットを4つご紹介します。

【無料で利用可能!】
★フリーターにおすすめの就職サービス★
サービス
特長
公式サイト
ネットビジョンアカデミー
ネットビジョンアカデミー
  • 需要の高いITエンジニアをフリーターから目指せる!
  • 徹底サポートで優良企業への就職成功率98%!

詳細

JAIC
JAIC(ジェイック)
  • 厚生労働省の認める職業紹介優良事業者
  • 利用者の入社後の定着率は91.3%!

詳細

ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 正社員就職率80.4%の実績
  • 全ての求人先へ訪問取材し、ブラック企業を徹底排除

詳細

無料で利用できる

有料なのでは?」と思う人も多いかもしれませんが、基本就職エージェントは無料で利用できます。

現在アルバイトなど非正規雇用者から無職の人まで、料金の心配は不要です。まず話を聞いてみよう、という人でも気軽に問い合わせできます。

自分に合った企業を紹介してくれる

初回登録時に、これまでの経歴や希望の職種・業種など細かい項目までヒアリング・入力します。

就職支援サイトや就職エージェントでは、しっかり希望条件を把握したうえで、自分に合う企業を紹介してもらえる仕組みになっています。

紹介される企業は、上場企業の大手や一般的なサイトでは見られないような非公開求人を紹介してもらえるのも大きな魅力です。

就職支援サイトや就職エージェント経由なら、不採用になった理由を聞くことができる

一般的に、個人で求人企業に応募して不採用となった場合、その理由はまったくわかりません。

なぜだめだったのかがわからないと、また同じ就職活動をくり返すことになります。

就職支援サイトや就職エージェントを経由して紹介された企業なら、万が一不採用でもその理由を聞くことができます。

アドバイスから不採用の理由を知って次回の活動に活かすことができるので、着実に就職成功へステップアップしていけるでしょう。

応募書類や面接の対策サポートを受けることもできる

就職支援サイトや就職エージェントの魅力のひとつが、採用選考で必ず必要となる提出書類面接選考の対策をサポートしてくれる点です。

就職活動を1人で行っていると、第三者からの客観的な意見を聞く機会がなかなかありません。

自分自身を知るためには、「外から見た自分を知ることが大切です。

アドバイザーなどに必要なサポートを受けることで、着実に就職活動が成功へと近づくでしょう。

別記事でフリーターにおすすめの就職サイトや就職エージェントについて紹介しているので、そちらも参考にしてみてください!

フリーターの就職に役立つ就職サービス

フリーターや既卒の方におすすめの就職エージェントは「第二新卒エージェントneo」と「ウズキャリ」です。

高い内定率はもちろんのこと、採用担当者からの面接対策や就職に関する相談など、様々なサポート機能を持ち合わせている就職エージェントになります。

就職できないことに一人で悩むのではなく、就職のプロと二人三脚で行動することが就職成功への一番の近道になるはずです。

ITエンジニアを目指すならネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーの特徴

  • 98%の就職成功率
  • 大手・有名ベンチャー等への就職支援実績が多数
  • すべてのサービスが完全無料
公式サイトはこちら

20代専門の就職支援|就職成功率80.3%のJAIC

JAICの特徴

  • 就職成功率80.3%!入社後定着率91.3%で安心の就職
  • 全ての求人先へ訪問取材し、ブラック企業を徹底排除
  • 厚生労働省が認める職業紹介優良事業者
公式サイトはこちら

20代フリーター・既卒向け|未経験から正社員になるならハタラクティブ

ハタラクティブの特徴

  • 20代をメインとした若年層の就職・転職支援
  • 正社員成功率80.4%
  • 支援実績約60,000人以上
公式サイトはこちら

まとめ|フリーターが就職できないのは嘘

この記事のポイントをおさらいしましょう。


  • 書類と面接に一貫性があり、乱れた生活を整えれば就職への活路は開ける。
  • 最後まであきらめないこと。不安であれば就職エージェントがおすすめ。

なかなか就職できない、就職活動に不安を抱いているフリーターのあなた、決して就職できないことはありません。


書類・面接では内容の一貫性を心がけるのはもちろん、改めて自己分析し、自分をよく知る努力をしてみてください。


それと並行して就職支援サイトや就職エージェントのサポートも受けることも一つの選択肢として視野に入れておきましょう。

関連記事

【見本あり】フリーターから正社員を目指す人向けの職務経歴書ガイド

「職務経歴書の書き方がわからない……」「そ…

フリーター向け!失敗しない就職サイト・就職エージェント9選

フリーターにおすすめの就職サービス

フリーターの就職面接で聞かれる質問と回答例!服装や自己紹介のポ…

「フリーターから脱出しようとやっと面接までこぎつけたけれど、

必見!女性フリーターでも正社員になれる方法と就職しやすい職業

「女性のフリーターって就職難しいのかな……?」 「

フリーターの履歴書の書き方│志望動機や自己PR、チェックポイントを…

「フリーターの履歴書って何を書けばいいの……?」 「