20代女性の転職成功術|転職で絶対にやってはいけない5つのこと

20代のビジネスウーマン

20代女性が将来のキャリアなど、人生設計も考えながら転職を検討する場合、「経験が少ない20代でも転職に成功できるかな?」「20代女性で転職に失敗してしまったらどうしよう」なんて不安に思う人もいることでしょう。

今回は、20代の女性が転職する際に重要となるポイントタイミングやってはいけないことについて解説します。

転職活動に対する不安を払拭し、コツを押さえて転職成功への切符をつかみましょう。

この記事でわかること

  • 20代前半で転職する女性に求められるのは「ポテンシャル」や「若さ
  • 20代後半で転職する女性に求められるのは「スキル」や「経験
  • 未経験の職種への転職は20代前半の方が有利
★20代女性の転職におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
パソナキャリア
(女性専用)

パソナキャリア女性専用
★当サイト女性の申込数No1
  • オリコンの顧客満足度ランキングNo1
  • 25,000件以上の求人
  • 利用者満足度96.8%

詳細

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
  • 女性専門のアドバイザーが転職活動をサポート
  • 利用者の約71%が年収UP

詳細

doda
doda
  • 【業界最大級】10万件以上の求人
  • 女性の求人特集が見れる

詳細

※公式サイトより引用

目次

【この記事を執筆した人】

名前:杉本友美

  • 新卒で専門商社へ入社し、総務・経理・人事事務職として約7年勤務
  • その後公的機関の人事部門にて、人事・労務事務およびディレクション業務に約2年従事(委託業務)
  • その後も大手化学メーカーでの経理事務などを含め計4社約12年の総務・人事・経理キャリアを持つ
  • 現在は総務・人事・就転職・女性の働き方といったジャンルを中心に、フリーライターとして活動中

※本人都合により顔写真は非公開とさせていただきます。

20代の女性が転職するときに抱える不安

20代の女性が転職を考えた場合、多くの不安が頭をよぎるのではないでしょうか?

  • 希望する仕事に対して未経験でも転職できるのか
  • 近い将来結婚を考えているけれど、転職するのは難しい?
  • 結婚後に妊娠・出産・育児を想定しているけれど、採用してもらえる?
  • 今の働き方を変えられるのか不安
  • 今の職場に慣れているけれど、新しい職場環境になじめるか不安
  • 実務経験が少ないので、転職できるか不安

どんな人でも、仕事内容を理解して人間関係をうまく築いていくためには、ある程度の時間・努力は必要です。

転職先でスムーズに仕事に取り組めるのか、環境の変化に順応できるのか、不安はつきものですよね。

また、女性だからこその悩みも数知れず。特に結婚・出産・子育てなど、人生の大きな転機を迎えるそのタイミングは、仕事にも大きく影響してきます

20代女性の場合、その転換期を今後迎える人が多いかもしれませんね。

いつ転職するとベストかな?」

と転職時期に思い悩み、その一歩を踏み出せずにいる人もいるでしょう。

今回の記事は、上記のような数々の悩みを抱える女性へ向けたアドバイスです。ぜひ最後まで読み進めて、転職成功への近道を探してみましょう。

20代の女性にはどんな転職理由がある?

20代女性が転職を考えるその理由には、どんなものがあるでしょうか?

例えば、以下のような理由がよく挙げられます。

  • 社内で長く働いている女性社員がいない(将来のキャリアビジョンが見いだせない)
  • やりがいはあるが残業が多い仕事なので、家庭とのバランスが難しい
  • 近いうち結婚する予定がある
  • 女性でも転勤があるため、将来のことも考えて転勤のない企業に転職したい
  • 将来的に自分に有益となるような、経験をつめる職種へ転職したい
  • 体力的にハード(重労働など)な仕事なので、30代になっても働き続けられない

今、この記事を読んでいるあなたも含め、多くの女性が転職に対する悩みを抱えているのです。

20代女性が考える転職理由は、複雑で多岐にわたるといえるでしょう。そこで次に、20代前半・後半の転職活動における違いについて具体的にご紹介していきます

20代女性の転職は前半と後半で違いはある?

20代半ばまでは「ポテンシャル」が重要

「20代女性」とひとくくりでいっても、実際の年齢は10年もの幅があります。

どんなスキル・仕事であっても、やはり経験年数によってその実績や経験内容は大きく変わってくるでしょう。

転職を考える20代女性にとって「実績がないから転職は難しいかも」という不安は、特に20代前半の年齢層によく聞かれます。

しかし実際のところ、20代前半女性の場合「ポテンシャル」を重要視される傾向が高いです。

転職活動をするうえで実務経験・実績ももちろん重要ですが、採用企業が20代前半女性に求めるのは

  • 「企業の雰囲気や風土にすっと溶け込める柔軟性」
  • 「転職組でありながらも比較的若い年齢」
  • 「短期間ながらも一定の社会人経験スキルがある(新卒ではない)」

などが挙げられます。

現在では既卒・第二新卒という言葉もあるように、20代の就職・転職ではさまざまな状況で活動をしている人がたくさんいます。

20代前半であれば、その人が持つ人柄や若さを武器に転職活動を進めていくことは十分可能です

20代後半は「経験」「スキル」が重要、より厳しい目でチェックされる

20代後半で「若さ」や「ポテンシャル」を重視する企業は少ないかもしれません。

社会人として相応の「経験」や「スキル」を持っていると判断する企業が、圧倒的に多いのが現実です。

経験やスキルは、仕事に対する実務経験だけに限りません。

社会人としてのビジネスマナーはもちろん、ビジネスにおけるヒューマンスキルなども期待されている場合があるでしょう

20代前半よりも、ワンランク上の厳しい目でチェックされているといっても過言ではありません。

20代後半女性が転職活動に成功する方法としては、求人企業が求める「経験」「スキル」をアピールすることが重要課題となります。

とはいえ、転職時の選考は企業から応募者が選ばれる立場であると同時に、応募者が企業を選ぶ場でもあります。

20代後半の女性が転職を検討する際には、今後目指すキャリアとライフプランとの兼ね合いで考えることをおすすめします。

結婚や出産・育児などのライフイベントは、まだまだ先のことと思っていても、20代後半で転職した先が仕事と家庭の両立が難しい職場だった場合、近い将来にまた転職をしなければならない状況に追い込まれてしまうことがあります。

そうなると、企業が転職後すぐに産休や育休に入る可能性がある応募者の採用を渋り、転職活動が難航してしまいかねません。

そのため、仕事と家庭の両立を望む女性はもちろん、両立する可能性がある女性はライフイベントまでまだ余裕のある20代後半のうちに、生活の変化に対応できる働きやすい職場という基準を持って転職先を決めた方が良いでしょう。

未経験の職種にチャレンジするなら20代前半までが勝負!

現在の仕事とは違う分野にチャレンジしてみたい
今よりも専門的な仕事で長く働ける職場を見つけたい

そんな中、転職の場合「未経験」ということで門前払いされてしまうのではないかと不安に思う人もいるのではないでしょうか?

もし、転職で未経験職種を狙っているのであれば、20代前半までが勝負

というのも、20代前半の「ポテンシャル」を重視して採用してくれる企業が多いからです。

その波に乗ることで、うまく自分の「ポテンシャル」をアピールし、希望の仕事に採用される可能性がぐっと高まります。

20代後半でも、未経験で採用された人がいないわけではありません。

とはいっても求人企業も「若さ」「ポテンシャル」だけではなく、やはり「スキル」や「経験」は重視します。

転職成功への間口が広い20代前半こそ、未経験職種へ自信を持ってチャレンジできるといえるでしょう

【関連記事】
20代の女性で未経験の業界へ転職するための方法を徹底解説

20代女性が転職でやってはいけない5つのこと

20代女性が転職活動を進めていくにあたり、「やってはいけない」ことがあります。ここで5つに分けて、具体的に見ていきましょう。

誰にも相談せずに1人で転職活動をする

現在の勤め先では相談しにくいなど、1人で転職活動をしようとしている人もいるのではないでしょうか。

しかし、1人ではできることに限りがあるとともに、考えがかたよる傾向にあるためおすすめしません。

転職活動を進めるうえで、第三者からの意見は非常に貴重です。

というのも、何がいけないのか、どこを改善したらよいのか、自分のこと・行動は意外にも自分では気づかないものなのです。

転職活動は1人ではせず、まわりの意見を聞いたり転職エージェントを活用したり、外部からの助けも大切にしましょう

積極的にコミュニケーションをとることで、転職に対する考え方も幅が広がります。

 

女性におすすめの転職エージェントは別記事で紹介しているのでそちらを参考にしてみてください。

【参考記事】
20代女性に人気?おすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介

ワークライフバランスを気にしすぎる

残業が少ないほうがよい
休みは多いほうがよい

など、ワークライフバランスを重要視しすぎるのも気をつけましょう。

理想が高すぎて、なかなか思ったように転職活動が進まなくなる可能性があります。

ある程度柔軟な考えで、妥協できるポイントを探りながら、自分によりマッチする求人を探すことです

 

自身のキャリアプランを描かない

今よりよい企業に勤めたい

など、ただやみくもに転職活動をしていると、転職しても自分に合わずにすぐ辞めてしまう恐れがあります。

これは、「自分の将来像」が自分で具体的に理解できていない・描けていないために起こると想定されます。

あなたは、転職に何を求めていますか
将来どんなキャリアを積んでいきたいですか

まずは自分の心と向き合ってみましょう。

そうしないことには、どんな職種・どんな企業が自分に適しているのかを理解することはできないでしょう。

職種だけで転職先を判断する

絶対に事務職が良い!

と、職種だけで転職先を選ぶのは危険です。

入社後にミスマッチが起こる可能性が高いでしょう

希望の職種を見つけておくのは重要ですが、それだけでは長く腰を落ち着けて働けるとは限りません。

将来どのようなキャリアプランを描いているのかはもちろん、どんな業種でどんな社風なのか、自分に合う企業なのか、しっかり見極めたうえで転職先を判断するようにするとよいですね。

最低限のマナーを守れない

20代というと、まだまだ社会に入って間もない時期。

しかし「20代だから仕方ないよね」とたかをくくっていてはいけません。

社会人としてまだまだ未熟であることを理解し、謙虚な姿勢を心がけましょう。

ビジネスマナー」という言葉もあるように、ビジネスではある一定のマナーが求められます。

服装・言葉づかいなどはもちろん、立ち居振る舞いやコミュニケーションなど、マナーに配慮して企業の社員と接するべきでしょう

20代女性の転職理由や成功・失敗談については別記事でも紹介しているので是非読んでみてください。

★20代女性の転職におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
パソナキャリア
(女性専用)

パソナキャリア女性専用
★当サイト女性の申込数No1
  • オリコンの顧客満足度ランキングNo1
  • 25,000件以上の求人
  • 利用者満足度96.8%

詳細

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
  • 女性専門のアドバイザーが転職活動をサポート
  • 利用者の約71%が年収UP

詳細

doda
doda
  • 【業界最大級】10万件以上の求人
  • 女性の求人特集が見れる

詳細

※公式サイトより引用

まとめ|20代女性は前半と後半で戦い方が違う

20代女性が転職を考えたとき、その年齢が20代前半と後半では求められるポイントが異なります。


  • 20代前半なら「ポテンシャル」
  • 20代後半なら「スキル・経験」

をアピールするようにしましょう。


未経験職種への転職を希望しているなら、極力若い時期に転職しておくことをおすすめします。


20代の転職には、20代前半の「経験が浅いが故の弱み」・20代後半の「経験が求められるが故の難しさ」両方がありますが、転職エージェントにサポートしてもらいながら、思い通りの転職を成功させていきたいですね。


これからは、女性が社会で活躍できる環境はどんどん広がっていくでしょう。

自分に合う転職先を見つけ、生活とうまく両立できるとよいですね。

カテゴリー内記事一覧

20代女性が登録すべき転職サイト・転職エージェント8選をタイプ別に…

「20代女性向けの転職サイトはあるの?」「種類が…

20代女性必見!転職の面接にふさわしい服装とNGな服装

「20代女性の場合、転職の面接ではどんな服装が良い?」「

女性の転職 20代前半/20代後半,年代別に処方!2つの成功プラン

女性はプライベートが将来のキャリアに大きく影響するため、さまざまな不安を感じてしまいますよね。

女性が転職を考える時と実際の転職理由の差“転職すべき?”に答えます

女性は20代から30代にかけてライフイベントが重なることが多く、

29歳女性の転職は厳しい…払拭すべき採用側3つの懸念点を徹底解説

29歳で転職を考える人は、決して少なくありません。厳しいイメージを持つ人も多いなか、「

【体験談からわかる】20代女性が事務職への転職を成功させる方法

「20代女性が事務職に転職するにはどうすればいいの?」「

20代の女性で未経験の業界へ転職するための方法を徹底解説

「20代で未経験の業種に転職なんて、無謀なの?」「20代女性だし、すぐに辞めると思…

20代女性の転職体験談|転職に成功する人と失敗する人の違いはどこ…

「20代の転職を絶対に失敗したくない」「20…