20代女性の転職成功術|転職で絶対にやってはいけない5つのこと

20代のビジネスウーマン

女性の転職を手厚くサポート!

転職のプロに
無料相談してみる

※IT/エンジニア・営業/販売等に強みがあります。

20代女性が将来のキャリアなどの人生設計を考えながら転職を検討する場合、

経験が少ない20代でも転職に成功できるかな?
もし転職に失敗してしまったらどうしよう……

なんて不安に思われるのではないでしょうか。

この記事では、20代の女性が転職する際に重要となるポイントや転職のタイミング、やってはいけないことについて解説します。

最後まで読むことで、転職活動への不安が消え、自分らしく働ける職場探しのノウハウを得ることができるでしょう。

この記事でわかること

  • 20代前半で転職する女性に求められるのは「ポテンシャル」や「若さ」
  • 20代後半で転職する女性に求められるのは「スキル」や「経験」
  • 未経験の職種への転職は20代前半の方が有利

目次

転職成功のPOINT

20代女性の転職活動には転職エージェントの利用が効果的です。

なぜならば、転職成功に大きく近づく7つのメリットがあるからです。


  1. 現在持っている悩みや今後のキャリアプランを転職のプロに気軽に相談できる
  2. 完全無料で利用できる
  3. 独自の非公開求人を多数保有している
  4. 企業へ求職者の推薦状を書いてくれる
  5. 書類添削と面接対策の万全なサポートがある
  6. 求人票にない社内情報や企業風土を教えてもらえる
  7. 面接の日程調整や年収面の条件交渉を任せられる

そして、転職エージェントのなかでも利用をおすすめしたいのがtype女性の転職エージェントなどの女性専門の転職エージェントです。

女性の働き方に理解のあるアドバイザーが、安心して働ける職場探しを心強くサポートしてくれますよ。

★20代女性におすすめの転職エージェント★
年収UPを狙いたい女性におすすめ!
type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
  • 女性の気持ちを理解したアドバイザーが転職活動をサポート
  • 利用者の約71%が年収UP

公式サイトはこちら

「自分らしく働ける職場を見つけたい」
マイナビエージェント
マイナビエージェント
  • 約80%が一般に公開していない非公開求人
  • 業界・職種別に専任のチームが対応!あなたに合った仕事が見つかる

公式サイトはこちら

「安定感のある転職をしたい」
パソナキャリア
(女性専用)
パソナキャリア女性専用
  • 利用者満足度96%の実績
  • オリコンの顧客満足度ランキングNo1

公式サイトはこちら

【この記事を執筆した人】

名前:杉本友美

  • 新卒で専門商社へ入社し、総務・経理・人事事務職として約7年勤務
  • その後公的機関の人事部門にて、人事・労務事務およびディレクション業務に約2年従事(委託業務)
  • その後も大手化学メーカーでの経理事務などを含め計4社約12年の総務・人事・経理キャリアを持つ
  • 現在は総務・人事・就転職・女性の働き方といったジャンルを中心に、フリーライターとして活動中

※本人都合により顔写真は非公開とさせていただきます。

20代の女性が転職するときに抱える不安

20代の女性が転職時に抱える不安

20代の女性が転職を考えた場合、多くの不安が頭をよぎるのではないでしょうか?

  • 希望する仕事に対して未経験でも転職できるのか
  • 近い将来結婚を考えているけれど、転職するのは難しい?
  • 結婚後に妊娠・出産・育児を想定しているけれど、採用してもらえる?
  • 今の働き方を変えられるのか不安
  • 現在の職場に慣れているけれど、新しい職場環境になじめるか不安
  • 実務経験が少ないので、転職できるか不安

どんな人でも、仕事内容を理解して人間関係をうまく築いていくためには、ある程度の時間・努力は必要です。

転職先でスムーズに仕事に取り組めるのか、環境の変化に順応できるのか、不安はつきものですよね。

また、女性だからこその悩みも数知れず。特に結婚・出産・子育てなど、人生の大きな転機を迎えるそのタイミングは、仕事にも大きく影響してきます。

20代女性の場合、その転換期を今後迎える人が多いかもしれませんね。

いつ転職するとベストかな?

と転職時期に思い悩み、その一歩を踏み出せずにいる人もいるでしょう。

今回の記事は上記のような数々の悩みを抱える女性へ向けたアドバイスです、転職成功への近道を探してみましょう。

\女性の転職に精通したアドバイザーがサポート/

無料で悩みを相談してみる

20代の女性にはどんな転職理由がある?

20代女性が転職を考えるその理由には、どんなものがあるでしょうか?

例えば、以下のような理由がよく挙げられます。

  • 社内で長く働いている女性社員がいない(将来のキャリアビジョンが見いだせない)
  • やりがいはあるが残業が多い仕事なので、家庭とのバランスが難しい
  • 近いうち結婚する予定がある
  • 女性でも転勤があるため、将来のことも考えて転勤のない企業に転職したい
  • 将来的に自分に有益となるような、経験を積める職種へ転職したい
  • 体力的にハード(重労働など)な仕事なので、30代になっても働き続けられない

今、この記事を読んでいるあなたも含め、多くの女性が転職に対する悩みを抱えているのです。

20代女性が考える転職理由は、複雑で多岐にわたるといえるでしょう。

そこで次に、20代前半後半の転職活動における違いについて具体的にご紹介していきます。

20代女性の転職は前半と後半で違いはある?

20代半ばまでは「ポテンシャル」が重要

20代前半女性の強み

転職活動をするうえで実務経験・実績はもちろん重要ですが、採用企業が20代前半女性に求める要素として、主に以下の3つが挙げられます

  • 「企業の雰囲気や風土にすっと溶け込める柔軟性」
  • 「転職組でありながらも比較的若い年齢」
  • 「短期間ながらも一定の社会人経験スキルがある(新卒ではない)」

「20代女性」とひとくくりでいっても、実際の年齢は10年もの幅があります。

どんなスキル・仕事であっても、やはり経験年数によってその実績や経験内容は大きく変わってくるでしょう。

転職を考える20代女性にとって「実績がないから転職は難しいかも…」という不安は、特に20代前半の年齢層によく聞かれます。

しかし実際のところ、20代前半女性の場合ポテンシャルを重要視される傾向が高いです。

現在では既卒・第二新卒という言葉もあるように、20代の就職・転職ではさまざまな状況で活動をしている人がたくさんいます。

20代前半であれば、その人が持つ人柄や若さを武器に転職活動を進めていくことが十分可能です。

\非公開求人の保有率約80%/

マイナビエージェントへ相談する

20代後半の転職は「経験」「スキル」が重要、より厳しい目でチェックされる

20代後半女性の強み

20代後半の転職で「若さ」や「ポテンシャル」を重視する企業はそれほど多くはありません。

それよりも、20代後半の女性は、社会人として相応の「経験」や「スキル」を持っていると判断する企業が、圧倒的に多いのが現実です。

経験やスキルは、仕事に対する実務経験だけに限りません。

社会人としてのビジネスマナーはもちろん、ビジネスにおけるヒューマンスキルなども期待されている場合があるでしょう。

20代前半よりも、ワンランク上の厳しい目でチェックされているといっても過言ではありません。

20代後半女性が転職活動に成功する方法としては、求人企業が求める「経験」と「スキル」をアピールすることが重要課題となります。

20代後半の転職はライフイベントとの兼ね合いも考慮に

とはいえ、転職時の選考は企業から応募者が選ばれる立場であると同時に、応募者が企業を選ぶ場でもあります。

20代後半の女性が転職を検討する際には、今後目指すキャリアとライフイベントとの兼ね合いで考えることをおすすめします。

結婚や出産・育児などのライフイベントは、まだまだ先のことと思っていても、20代後半で転職した先が仕事と家庭の両立が難しい職場だった場合、近い将来にまた転職をしなければならない状況に追い込まれてしまうことがあります。

そうなると、企業が転職後すぐに産休や育休に入る可能性がある応募者の採用を渋り、転職活動が難航してしまいかねません。

そのため、仕事と家庭の両立を望む女性はもちろん、両立する可能性がある女性はライフイベントを迎える前に、生活の変化に対応できる働きやすい職場という基準を持って転職先を決めた方が良いでしょう。

\利用者満足度96%!/

働きやすい職場を見つけてみる

未経験の職種に転職するなら20代前半の方が有利!

現在の仕事とは違う分野にチャレンジしてみたい
今よりも専門的な仕事で長く働ける職場を見つけたい

という気持ちはあるものの、「未経験」ということで門前払いされてしまうのではないかと不安に思う人もいるのではないでしょうか?

しかし、そんなことはありません。20代の40%以上が、未経験で異職種に転職しているというデータがあります。

20代前半では48%が未経験の異職種への転職

もし、転職で未経験職種を狙っているのであれば、20代前半は勝負の時期です。

というのも、20代前半の「ポテンシャル」を重視して採用してくれる企業が多いからです。

その波に乗ることで、うまく自分の「ポテンシャル」をアピールし、希望の仕事に採用される可能性がぐっと高まります。

実際に20代前半では48.0%の人が未経験の異職種への転職を成功させています。

20代後半では36%の人が未経験の異職種へ転職している

20代前半では約半数程度の人が異職種への転職を成功させていましたが、20代後半では36%の人が未経験の異職種へ転職を成功させています。

成功率は下がりますが、20代後半でも未経験で採用された人がいないわけではありません。

とはいっても求人企業も「若さ」「ポテンシャル」だけではなく、未経験でもやはり「スキル」や「経験」は重視します。

20代後半の異職種への転職は、「一から仕事を覚えます!」というやる気をアピールするよりも、前職と未経験の職種の間の共通点におけるスキルや実績をアピールしていくといいでしょう。

  • 未経験職種への挑戦は、転職成功への間口が広い20代前半のうちがおすすめ
未経験の転職におすすめの転職エージェント
ハタラクティブ
ハタラクティブ
  • 未経験専門の転職エージェント
  • 就職成功率80.4%の高い実績
  • 全ての求人を訪問取材しブラック企業を徹底排除

公式サイトはこちら

DYM就職
DYM就職
  • 一部上場企業やメガベンチャーなど2,000件の厳選求人
  • 書類選考無しで面接から選考を始められる!

公式サイトはこちら

20代女性が転職でやってはいけない5つのこと

20代女性が転職でやってはいけないこと

20代女性が転職活動を進めていくにあたり、「やってはいけないこと」があります。

20代女性が転職でやってはいけないこと

  1. 誰にも相談せずに1人で転職活動をする
  2. ワークライフバランスを気にしすぎる
  3. 自身のキャリアプランを描かない
  4. 職種だけで転職先を判断する
  5. 最低限のマナーを守れない

以下で5つに分けて、具体的に見ていきましょう。

誰にも相談せずに1人で転職活動をする

現在の勤め先では相談しにくいといった事情から、1人で転職活動をしようとしている人もいるでしょう。

しかし、1人ではできることに限りがあるとともに、考えがかたよる傾向にあるためおすすめしません。

転職活動を進めるうえで、第三者からの意見は非常に貴重です。

というのも、改善点や方向性の間違いは、自分ではなかなか気づきにくいからです。

転職活動は1人ではせず、周りからの意見を聞いたり、転職エージェントを活用するなどして、外部からの意見にも耳を傾けるようにしましょう。

積極的にコミュニケーションをとることで、転職に対する考え方も幅が広がります。

女性におすすめの転職エージェントは別記事で紹介しているので、そちらを参考にしてみてください。

ワークライフバランスを気にしすぎる

残業が少ないほうがよい」「休みは多いほうがよい」など、ワークライフバランスを重要視しすぎるのも気をつけましょう。

理想が高すぎて、なかなか思ったように転職活動が進まなくなる可能性があります。

ある程度柔軟な考えで、妥協できるポイントを探りながら、自分によりマッチする求人を探すことです。

 

自身のキャリアプランを描かない

今よりよい企業に勤めたい」など、ただやみくもに転職活動をしていると、転職しても自分に合わずにすぐ辞めてしまう恐れがあります。

これは、「自分の将来像」が自分で具体的に理解できていない・描けていないために起こると想定されます。

「自身のキャリアプランがピンと来ない…」という方は、以下の簡単な自問自答から初めてみることをおすすめします。

「あなたは転職に何を求めていますか?」
「将来どんなキャリアを積んでいきたいですか?」

まずは自分の心と向き合ってみましょう。

自分を理解しないことには、どんな職種・どんな企業が自分に適しているのかを理解することはできないでしょう。

キャリアプランを一人で描くことが難しければ、マイナビエージェントや、パソナキャリアなど、転職のプロであるエージェントへ相談しても良いでしょう。

職種だけで転職先を判断する

絶対に事務職以外は受けない!」など、職種だけで転職先を選ぶのは危険です。

職種に固執しすぎると、それ以外の条件を見落としてしまうこともあり、入社後にミスマッチを起こしてしまう可能性があります。

希望の職種を見つけておくのは重要ですが、それだけでは長く腰を落ち着けて働けるとは限りません。

将来どのようなキャリアプランを描いているのかはもちろん、どんな業種どんな社風なのか、自分に合う企業なのか、しっかり見極めたうえで転職先を判断するようにするとよいですね。

最低限のマナーを守れない

20代というと、まだまだ社会に入って間もない時期。

しかし「20代だから仕方ないよね」とたかをくくっていてはいけません。

社会人としてまだまだ未熟であることを理解し、謙虚な姿勢を心がけましょう。

ビジネスマナー」という言葉もあるように、ビジネスではある一定のマナーが求められます。

服装・言葉づかいなどはもちろん、立ち居振る舞いやコミュニケーションなど、マナーに配慮して企業の社員と接するべきでしょう。

20代女性の転職理由や成功・失敗談については別記事でも紹介しているので是非読んでみてください。

20代女性の転職に関するQ&A

20代女性の転職に関するQ&A

Q.自分に合った仕事はどのように見つければ良いですか?

まずは自己分析を繰り返し、「自分が本当に取り組みたい仕事」や「自分の長所や短所から考えられる向いている職種」、そして「自分にとっての理想の職場の条件」といった転職の軸を固めていきましょう。

仕事に関する自問自答を繰り返していくことで、気になる仕事ややりたい仕事が明確になっていくはずです。

そして、一通り自己分析が完了したら、今度は企業研究に移り、自身の通える範囲にその仕事ができる会社はあるのか、その企業の社風や職場の人間関係が良好なのかといったことを調べていきましょう。

もし転職活動の進め方に不安があるのならば、転職のプロであるエージェントへ相談してみると良いでしょう。

Q.書類選考や面接で落ちないか不安です……

履歴書や職務経歴書の作成、面接対策と転職活動を1人で進めることは大変ですし、自分の対策が正しいのか不安になりますよね。

「今の仕事が大変で転職の準備にまで手が回らない……」という方には、女性向けの転職エージェントの利用をおすすめします。

書類・面接対策の徹底的なサポートはもちろん、キャリアプランの相談や非公開求人の紹介など無料で転職活動を支えてくれますよ。

★20代女性におすすめの転職エージェント★
年収UPを狙いたい女性におすすめ!
type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
  • 女性の気持ちを理解したアドバイザーが転職活動をサポート
  • 利用者の約71%が年収UP

公式サイトはこちら

「自分らしく働ける職場を見つけたい」
マイナビエージェント
マイナビエージェント
  • 約80%が一般に公開していない非公開求人
  • 業界・職種別に専任のチームが対応!あなたに合った仕事が見つかる

公式サイトはこちら

「安定感のある転職をしたい」
パソナキャリア
(女性専用)
パソナキャリア女性専用
  • 利用者満足度96%の実績
  • オリコンの顧客満足度ランキングNo1

公式サイトはこちら

まとめ|20代女性は前半と後半で戦い方が違う

20代女性が転職を考えたとき、20代前半なのか、20代後半なのかで求められるポイントが異なります。


  • 20代前半なら「ポテンシャル」
  • 20代後半なら「スキル・経験」

をアピールするようにしましょう。


未経験職種への転職を希望しているなら、極力若い時期に転職しておくことをおすすめします。


20代の転職には、20代前半の「経験が浅いが故の弱み」・20代後半の「経験が求められるが故の難しさ」両方がありますが、転職エージェントにサポートしてもらいながら、思い通りの転職を成功させていきたいですね。


これからは、女性が社会で活躍できる環境はどんどん広がっていくでしょう。

自分らしく働ける職場を見つけ、仕事もプライベートも充実させていってくださいね。

カテゴリー内記事一覧

29歳女性の転職は厳しい…払拭すべき採用側3つの懸念点を徹底解説

\女性の転職を手厚くサポー…

【10月最新】20代女性が登録すべき転職サイト・転職エージェント8選…

20代女性におすすめの転職サービス

20代女性必見!転職の面接にふさわしい服装とNGな服装

「20代女性の場合、転職の面接ではどんな服装が良いんだろう?」

20代女性の転職体験談|転職に成功する人と失敗する人の違いはどこ…

「女性の転職には、女性ならではの難しさがありそう……」 「

【体験談からわかる】20代女性が事務職への転職を成功させる方法

女性で事務職への転職を希望する方に最適な転職エージェント

女性の転職は20代前半と後半で方法が違う!?それぞれの成功プラン…

20代の女性が転職を考えるとき、前半と後半では最大で9年ものキャリアの開きができてしまいますので、…

20代の女性が未経験職に転職する流れを解説!ライフイベントの考慮…

女性が転職を考える時のきっかけで多い理由は? “転職すべき?”に答え…

女性は20代から30代にかけてライフイベントが重なることが多く、生活が大きく変わ…