未経験でもwebデザイナーになれる!webデザイナーの仕事と転職を成功させる方法

パソコンやスマホで日々目に触れるwebサイト。カッコいいデザインのwebサイトを見てwebデザイナーの仕事に興味を持つ人や、将来的にweb全般に関わっていきたいと考え、キャリアアップの一環としてwebデザインに携わっておきたいと考える人もいるでしょう。

しかしwebデザイナーの仕事に興味を持っても、「未経験でwebデザイナーなんてハードルが高い…」と最初からあきらめてしまう人も多いのではないでしょうか。

専門的な知識やスキルが必要だと思われることが多いwebデザイナーですが、未経験でもwebデザイナーになることは可能です。
この記事では、「webデザイナーの仕事内容」や「未経験でwebデザイナーになる方法」などをお伝えします。
★20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
リクナビNEXT
転職サイト
  • 転職者の約8割が利用
  • 常に5,000件以上の求人を掲載
  • 都合のいい時間に全国の求人をチェック

詳細

DYM就職
DYM就職
転職エージェント
  • 就職率96%
  • 優良企業求人2,000社以上
  • 転職成功者5,000人
  • 関東・東北・東海・関西・九州(福岡)で展開

詳細

doda
doda
転職サイト
転職エージェント
  • 【業界最大級】10万件以上の求人
  • 女性の求人特集が見れる

詳細

【この記事を執筆した人】

ペンネーム:Kelly

  • 新卒で大手就職情報会社へ入社
  • 企業採用広報ディレクターを経て、最年少で就職総合媒体の編集長に就任
  • 編集の傍ら採用イベントにて就職に関する講演などを行う
  • その後上司と共に独立し、ナショナルクライアントからベンチャーまで採用コンサルティング・採用ブランディング・PRなどを手がけ、現在は採用PRコンサルタント・広告プロデューサーとして活躍中。

※本人都合により顔写真は非公開とさせていただきます。

webデザイナーってどんな仕事

webデザイナーの仕事は、クライアントから依頼された内容をデザインに落とし込み、表現することです。クライアントからの要望を直接自分で考えてデザインを作成することもあれば、クライアントとwebデザイナーの間に入っているディレクターがクライアントの要望について方向性を決め、その指示によってデザインを作成することもあります。

具体的なwebデザイナーの仕事内容について、見ていきましょう。

webサイトの構成・レイアウト(ワイヤーフレーム)を決める

まずは制作するwebサイトのおおまかなレイアウトや配置を決めていきます。レイアウトは「ワイヤーフレーム」とも呼ばれます。

図やグラフ、バナーなどパーツの制作

webサイトに表示される図やグラフ、また他のサイトからリンクを張ったりする場合のバナーなど「パーツ作成」をします。イメージするwebサイトデザインを想定しながら、合ったものを作ります。

webサイトのデザイン

レイアウトをベースに、webデザインを考えます。写真やイラストなどキーとなるビジュアルを決め、カラーリングや全体のイメージ、キービジュアルの使い方、ナビゲーションの置き方などを決めていきます。デザインに写真を使用する場合は、イメージとなる画像を探したり、画像の手配をしたりします。

イラストなど挿絵作成

わかりやすく説明したりデザインの方向性に沿った必要なイラストなどは、専門のイラストレーターに発注することも多いのですが、時にはwebデザイナー自らが作成することもあります。イラストレーターに依頼する場合は、描いて欲しいイラストの内容の指示やディレクション、スケジュール管理をします。

「デザインだけしている」と思われがちなwebデザイナーですが、このようにデザイン作成にまつわるさまざまな業務があります。

webデザイナーの仕事の流れ

webデザインはどのように作られていくのでしょうか。webデザイナーの仕事の流れについて見ていきましょう。

社内外のディレクターから指示、依頼を受ける

まずはディレクターがクライアントの意向や希望を受け、webデザインを含めたwebサイト全体の方針を指示します。ディレクターは所属する組織によっても業務範囲が多少異なりますが、基本的には「プロジェクトの管理・監督をし、webサイトの質を担保する」人を指します。

このwebディレクターはプロジェクトによって社内の場合も社外の場合もあり、デザイナーとしてキャリアを積めばwebデザイナー自身がディレクターを兼任する場合もあります

ディレクターから指示を受けた後は、デザインをweb上で見られるようにプログラミング言語を使ってコーディングする「コーダー」とも連携をとりながら技術的な裏付けやアイディアなどを話し合い、ブレインストーミング(ブレスト)を行います。webデザイナーがコーディング業務を兼任する場合もあります

制作スケジュールの作成

ブレスト後、制作の方向性が固まったら制作スケジュールを作成します。公開予定日からクライアントのチェックに必要な日数やコーディングに必要な日数を逆算して、デザインにどれだけ時間を割けるのかを確認します。

短納期のwebサイトなど、時にはクライアントチェックやコーディングの期間短縮などを依頼せざるを得ないケースもあります。

デザイン制作

制作スケジュールにのっとり、具体的なデザイン制作に入ります。同テーマのサイトや海外サイトなども参考にしながら、オリジナル性の高いデザインを考えて作成します。クライアントやターゲット・プロジェクトによって「美しい」「元気な」「カッコいい」「親しみのある」などデザインの方向性も変わります。

デザインには好みがあるので自分好みのデザインにひっぱられがちですが、自分の好みに左右されずwebサイトの目的やゴールに応じたデザインを考え、クライアントにもデザイン意図についてコンセンサスを得る必要があります。

チェック・修正

デザインがOKとなればコーディング作業に入ります。コーダーが別にいればwebデザイナーの仕事はコーディングの前工程までです。webデザイナーがコーディングを兼任する場合は、web上の表示がデザイン通りに再現できているかをチェックし、崩れていれば修正します。

通常コーディングはデザインがOKとなった段階でスタートしますが、コーディング後にデザインの修正指示が入る場合もあります。

納品

クライアントチェックを経てOKになれば納品です。

webデザイナー転職前に必要な勉強

デザイン・レイアウトの基礎を学ぶ

webデザイナーを目指すのであれば、デザイナーの基本中の基本、デザイン・レイアウトの基礎を学びましょう。デザイナーはデザインセンスが一番重要といっても過言ではありません。デザインのセンスがあれば、多少ソフトの知識が欠けていたとしても必ず仕事の依頼があります

デザインやレイアウトは、専門スクールなどへ行かなくても十分学べます。まずはwebデザインがカテゴリやテーマ別にまとまったサイトがたくさんあるので、それらをよく見てカラーリングやレイアウトなどを学びます。

またデザインの基本について紹介しているサイトなどもあるので活用するとよいでしょう。専門的なデザインの勉強をしていなくても、このような方法でデザインやレイアウトを学びながら経験を積み、webデザイナーとして活躍している人が大勢います。

よいな、と思うデザインには規則性や法則性、レイアウトのパターンがあります。よいと感じたサイトから、それらの基本をしっかり学びましょう。

クラウドソーシングのコンペに応募してみる

デザインのスキルを上げるためには、実践して経験を積むことが有効です。とはいえwebデザインを始めたばかりで、いきなりweb制作会社に入社するのも抵抗を感じる場合もあると思います。そんなときに試したいのがクラウドソーシングのコンペなど、一般公募のコンペです。

クラウドソーシングのコンペは採用されなければ報酬はありませんが、経験を積めるうえに不採用のデザインでも自分のポートフォリオにすることができます。勉強だと思えば、コンペ用のデザインを作成した時間も惜しくはありません。クラウドソーシングのコンペではwebサイトのトップページやランディングページの案件が多いようです。

また一度選ばれれば報酬が入るだけでなく、実績を見たクライアントからwebデザインの相談が舞い込んだり、リピート発注の可能性もあります。

HTML・CSSの勉強

webサイト作成には、デザインのほかにHTMLなどのプログラミング言語を使ってweb上でページを見られるようにする「コーディング」という作業があります。

コーデイングは専門の「コーダー」と呼ばれる職種の人が担当することも多いのですが、webデザインをするうえでwebデザイナーもコーディングの知識や技術を身につけておかないと「コーディングが困難なデザインでスケジュールが押す原因となった」など、トラブルの元になる場合があります。また自分自身で簡単なコーディングができれば仕事の幅も広がるでしょう。

コーディングを学ぶ際に、覚えておきたいのが「HTML」「CSS」のwebプログラミングの知識。ほとんどのwebサイトはこの2つの言語によって閲覧できるようになっています。プログラミングと聞くとハードルが高いように感じてしまいますが、これらもオンラインや書籍で十分学ぶことができます。

オンラインスクール

さまざまなことがオンラインで学べるようになった今、webデザインも例外なくオンラインで学習することができます。webデザインのオンラインスクールのよいところは、その多くが初心者向けなのでわかりやすく、忙しくても自分の都合に合わせて学べること。有料と無料のタイプがありますので、まずは無料タイプを試して必要に応じて有料オンラインスクールを検討するとよいでしょう。

勉強するときに必要な物

Photoshop

webデザイナーの仕事で必須のソフト「Photoshop(フォトショップ)」は、「フォトショ」の愛称で親しまれる有名な画像編集ソフトです。最近では便利な画像加工のアプリが増えて手軽に画像加工が可能になりましたが、webの仕事における写真の加工にはPhotoshopが必要不可欠。写真の合成・加工や切り抜き、アートなグラフィックを作成するなどデザインに関わるさまざまな作業をすることが可能です。

PhotoshopはアメリカのAdobe(アドビ)社より提供されており、インストールには2GBほどのディスク容量が必要です。以前は買い切り型でしたが、現在はクラウドのシェア型のみでオンラインより購入でき、プランごとに1カ月税別980円〜2,180円。次に紹介するillustratorとセットになっているプランもあり、学生は割引料金で利用できます。

Illustrator

こちらもwebデザイナーに必須のソフト、Adobe社の「Illustrator(イラストレーター)」。webデザインに限らず雑誌やポスターなど世界中のほどんどのデザインが「イラレ」とも呼ばれるIllustratorで作成されています。

Illustratorでできることは「オブジェ(形)の作成・変形・整列」「テキストや写真などの自由なレイアウト」「イラストを描く」「カラーリング」など。インストールにはこちらも2GBほどのディスク容量が必要です。こちらもPhotoshop同様Adobeのサイトから購入しますが、単体で1カ月税別2,180円。Photoshopなどとセットになったプランは1カ月税別4,980円〜8,460円で、こちらも学生割引があります。

転職活動の前にポートフォリオの作成を

webデザイナーをはじめクリエイターの転職活動に大切な「ポートフォリオ」は、自分の作品をまとめた作品集。企業側はポートフォリオを見ることで、「デザインスキル」「引き出しの多さ」「課題解決方法」「仕事への姿勢」などを読み取ることができるので、webデザイナーとして転職や就職を考えているのであれば、必ず作成するようにしましょう。

中には「過去のデザインをファイリングすればよい」という考えの人もいますが、他のwebデザイナーが凝ったポートフォリオを丁寧に作成してくることを想定すると、抜群のデザイン力がある場合を除いて書類選考すら通過できないということになりかねません。

ポートフォリオには、デザインを羅列するだけでなく、「クライアント名」「作品の意図」「ターゲット」などを追記するとより効果的です。最近は「Portfoliobox」のようなポートフォリオ作成サービスや、「クリエイターズバンク」のようなポートフォリオをクラウド共有できるサービスもあるので、ぜひ活用してみてください。

派遣よりも直接雇用を選ぶべき理由

webデザイナーとして働くためには、社員やアルバイトとして「直接雇用」されるタイプと、「派遣」として雇用されるケースがあります。クリエイティブな作業はどうしても時間的に拘束されることも多く、最近では勤務時間が読める派遣のwebデザイナーも増えていますが、派遣では即戦力を求められることが多いため未経験の場合はおすすめできません

直接雇用であれば、「デザイナーの育成」という観点でスキルが十分でない場合でも採用の可能性が高くなります。他職種からスタートしたばかりの新人webデザイナーは、デザイナーといっても最初はアシスタント的な雑用が多く勤務時間も不規則になりがちですが、見方を変えれば給料をもらいながらwebデザインについて学ぶことができるともいえます。一人前になる修行期間と割り切って、前向きに捉えましょう。

webデザイナーに未経験で転職を成功させた人の体験談

WEBデザイナー転職成功体験談
男性アイコン 22歳:男性
カテゴリー第二新卒
転職活動期間1カ月
転職経験なし
きっかけtype転職エージェント/リクルートエージェント

Q:「WEBデザイナー職への転職を決断した理由はなんですか?

A:今後webデザインスキルは求められると考えたからです。

Q:「転職活動前に不安に思っていたことはなんですか?

A:ITやwebデザイン関連に全くスキルや経験がない自分が本当に転職することができるのかが一番大きな不安でした。また、仮に就職ができたとしても、その後の仕事についていけるか不安という面でもとても不安でした。

Q:「転職エージェントを利用してよかったことはなんですか?

A:私自身のスキルや経験を見極めてくれた上で、私のことを理解してくれる企業を見つけ出してくれるところだと思います。その点は転職に精通しているエージェントではないと分からないところだと思うので、エージェントを利用して良かったと思います。

Q:「20代でこれからWEBデザイナー職に未経験で転職する人にアドバイスするとしたらどのようなアドバイスをしますか?

A:とにかくその業界を見てみることが大事なので、転職エージェントに希望を相談の上で自分のスキルや経験がどれだけ活かせるか試してみることが大切ということを伝えたいです。実際webデザインは好き嫌いがはっきり出ると思うので、やってみないと適切かどうかわからないので、トライしてみてくださいと言いたいです。

入念な事前準備が転職成功のカギ

「webデザイナーは特別な技術や知識が必要で、未経験から転職するにはハードルが高い」と考えている人も多いと思います。確かにwebデザイナーになるためには、他の職種と比べて専門的なスキルが必要ですが、最初から完璧である必要はありません。

もちろんスキルがあることに越したことはありませんが、最低限基本的な準備をしっかりすることで、後は実地で働きながら学び続けることが可能です。

早く行動すれば、それだけ早く一人前のwebデザイナーになることができます。必要な準備を行って、未経験でも臆せずwebデザイナーへの転職を成功させましょう!

関連記事

未経験転職におすすめ!採用されやすい業界職種10種と攻略法6選

未経験分野への転職を検討している人たちにとって、「未経験での転職の際、年齢が…

新卒1年目の転職を成功させたい人が知るべき全知識と4つの必須条件

新卒1年目は学生から社会人へと変化していく過程です。その中で、入社前と入社後のギャップに悩む人も…

入社3年目での転職の全知識|4年目との違いやメリット・デメリット…

入社してから3年が経つ時期になると、ある程度仕事にも慣れてきて周りの状況にも目を配れるようになる…

社会人2年目の転職が難しい人3つの特徴はこれ!成功させるコツも解説

新卒で現在の企業に入社して2年目を迎えたものの、転職したいという気持ちを抱えている人は少なくない…

未経験の転職では年収ダウンが当たり前?知っておくべき交渉術とは

未経験で転職をしようとすると、「年収が下がるのでは?」と不安に感じる人も多いのではないでしょうか。…