"29歳の転職で絶対失敗したくない!”人が読むべきリスク回避策3つ

29歳 転職

29歳は30代に突入する前の重要な1年。現在の仕事に対し、これからも働き続けるかどうか、あなたはどうお考えですか?

「転職」という言葉が頭に浮かぶなか、さまざまな思いを巡らせているのかもしれませんね。

29歳で転職を考えた場合、確かにリスクはつきもの。しかし、あらかじめ注意すべきポイントを押さえておけば、理想の転職が実現する可能性もぐっと高まります。

今回は、29歳の転職におけるリスク回避で知っておきたいポイントをご紹介します。

★20代後半の人におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
リクナビNEXT
  • 転職者の約8割が利用
  • 常に5,000件以上の求人を掲載

詳細

マイナビジョブ20's
マイナビジョブ20's
  • 1,500件の求人全てが20代向け
  • 未経験OK求人が50%以上

詳細

doda
doda
  • 業界最大級10万件以上の非公開求人
  • 内定率86%
  • 入社後定着率93%

詳細

【この記事を執筆した人】

名前:杉本友美

  • 新卒で専門商社へ入社し、総務・経理・人事事務職として約7年勤務
  • その後公的機関の人事部門にて、人事・労務事務およびディレクション業務に約2年従事(委託業務)
  • その後も大手化学メーカーでの経理事務などを含め計4社約12年の総務・人事・経理キャリアを持つ
  • 現在は総務・人事・就転職・女性の働き方といったジャンルを中心に、フリーライターとして活動中

※本人都合により顔写真は非公開とさせていただきます。

29歳の転職が大きな意味を持つ3つの理由

転職は人生における大きなターニングポイントのひとつですが、なかでも29歳の転職は、20代前半など他の年齢層にはない重要な要素を持ちます。

ここでは、29歳の転職が大きな意味を持つ3つの理由について見ていきましょう。

29歳の転職が大きな意味を持つ3つの理由

  • 30代でのキャリアを決定付ける重要な時期
  • ポテンシャルを考慮されるならラストチャンスの時期
  • 結婚・出産後などの転職では選択肢が狭まるケースも

29歳の転職が30代でのキャリアを決定付ける

あなたはこれまで着実にスキルを積み重ね、仕事に邁進してきたことでしょう。

今後、ビジネスシーンにおいてどのようなキャリアを重ねていくのか、それは29歳での転職で大きく変わります。

29歳での転職は30代40代でのキャリアを決定付ける重要なタイミングです。

これまでの経験を活かして転職した場合、その後のポジションはよりスケールアップするはず。30代においていかにビジネスシーンで活躍できるかどうか29歳での転職が大きなカギを握ります

ポテンシャルを考慮されるなら、29歳がラストチャンス

29歳といえど、20代であることに変わりはありません。ポテンシャルという強みを活かせるのは、29歳がラストチャンスといえるでしょう。

特に未経験業種未経験職種などにチャレンジしたい場合、転職を実現させるためには30歳よりも29歳のほうが可能性はあります。

これまでの実務経験とは異なるジャンルに転職するならすぐに転職活動を始めることをおすすめします。

結婚・出産後などの転職では選択肢が狭まるケースも

29歳というと、結婚出産というライフイベントも考えるべき時期といえるでしょう。

独身であれば、自分のキャリアを中心に物事を決断することができます。

一方、結婚・出産後だと仕事内容やキャリアなどよりも、家族を考慮して選択せざるを得ません。

結婚・出産時期について、まだ数年先といった場合には早めの転職がベスト

今後の自分のキャリア経験を最優先させた転職先を探すことができますし、応募先企業にも働く意思をアピールしやすいです。

要注意!29歳の転職で起こりがちな失敗例3つ

これまでに29歳で転職を経験した人は数多く存在するものの、すべてが成功したとは言えないのが現状です。

これから転職を検討しているのであれば、失敗はしたくないですよね。

ここで29歳の転職でありがちな失敗例を3つ挙げ、解説していきたいと思います。

29歳の転職で起こりがちな失敗例3つ

  1. 転職先のリサーチ不足が原因で制度利用が困難に
  2. 部署異動・転勤の頻度が多い!
  3. 年収や体裁で転職先を選んだら、仕事内容でミスマッチが…

制度の利用実績を知らず、転職に失敗…

近年では、女性だけでなく男性も育休が取得できる職場が増えつつあります。女性の場合は特に、「産休育休制度」が気になるところではないでしょうか。

こうした背景もあり、29歳では将来のライフイベントをふまえて産休・育休制度などが充実した企業へ転職するケースが多いです。

しかし、企業情報などで「産休・育休制度あり」と記載されているものの、その実態についてリサーチせずに転職してしまうと大変なことに。

厚生労働省のまとめた資料によれば、2013年度における各企業の育休取得者有無について、制度はあるものの「利用者がいない」と回答した企業が、正社員101人以上の企業で12.4%100人以下の企業で31.4%にものぼりました。

各企業における育休取得者の有無

参考:厚生労働省|中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

これは「社内に産休育休制度の対象者がいるにも関わらずその対象者が制度を利用していない」ということです。

出産後は育児に専念したいので制度を利用せずに辞職した」という人ももちろんいると思われますが、制度を利用しなかった背景に「制度を利用しづらい雰囲気があったから」という理由があり、制度を利用しなかった人が一定数いることを考えておくべきです。

仕事と家庭を両立したい」と産休・育休制度がある会社に転職をしたのに、いざ自分が利用しようと思った時に制度を利用しづらいということであれば、その転職は失敗ということになりかねません。

そんな失敗をおかさないために、制度の有無はもちろんのこと、利用実績の有無についてもリサーチしておくことが大切です。

部署異動・転勤の頻度が多いことを知らず、転職に失敗…

「将来的にも長く勤めたいと思っていたのに、「予想外に転勤・部署異動が多かった」というケースも見られます。

特に大企業など、部署異動という名の転勤もあり得るのが実情です。

ライフプランなども考えると、頻繁に転勤があるのはきついと考える人も多いもの。

男性の場合、家庭を持ってからの転勤は単身赴任せざるを得ないケースもありますし、女性の場合は転勤自体が難しく、さらなる転職を迫られるケースもあるでしょう。

転勤や部署異動の頻度柔軟な働き方ができるかなども事前に下調べしておくと安心です。

年収・体裁のみで転職先を選び、失敗…

29歳といえば、ある程度実績やキャリアを積み重ねてきたプライドもありますよね。

転職において、まわりの目を気にしてしまい、ついつい目先のことに気を取られてしまうこともあるでしょう。

年収が○○万円アップするから」「今の職場よりも大手で有名だから」といったポイントで転職先を選んでしまうと、自分のやりたかったことができず、仕事内容でもミスマッチが生じることも。

この先長く働いていく転職先ですから、お金や企業名だけでなく、キャリア・やりがいを忘れずに転職先を見つけたいですね。

【ケース別】29歳の転職で失敗しないために知っておくべき2つのポイント

29歳の転職といっても、人それぞれ状況は異なります。

特に、新卒後今回が初めての転職となる人、これまでに転職を経験した人では、押さえておくべきポイントも大きく異なります。

ここでは転職経験なし・ありのケース別で、29歳の転職で失敗しないためのポイントをご紹介します。

(1)【転職経験ナシ】今の職場が7年目の人のケース

新卒で入社して29歳といえば、勤続7年目、脂ののった時期ともいえます。

一方で、まわりでは20代前半での転職経験者も少なくないのではないでしょうか?

もしかしたら「29歳で転職なんて…」と考えている人もいるかもしれませんね。

しかし、29歳の転職では以下のポイントを強みに、転職活動を進めることができます。

  • 7年というこれまでのキャリアを活かし「即戦力」アピール
  • 7年の社会人経験を活かしキャリアチェンジ

以下で具体的に見ていきましょう。

7年というこれまでのキャリアを活かし「即戦力」アピール

同じ企業で7年間務めたというのは、粘り強さ継続性キャリア構築の面からいっても20代前半にはない大きな強みです。

社内外での人間関係作り・若手への教育・豊富な実務経験および実績など、ビジネスパーソンに欠かせない力を備えています。

転職後は即戦力で貢献できるという面を大いにアピールしましょう。

7年の社会人経験を活かしキャリアチェンジ

1社で7年間培った社会人経験は、未経験業種・職種でも大いに活かせます。

29歳は20代というポテンシャルとともに、社会人としてのビジネスマナーを教育する必要がなく、ビジネスパーソンとしては即戦力と認識してもらえます。

(2)【転職経験アリ】2回目なら無問題、3回目以降は入念な下準備を

転職経験がある場合、誰しも転職回数について気になるのではないでしょうか?

リクナビが行ったアンケート結果によれば、転職3回目から気になると答えた企業の人事担当者が40%とのことでした。

転職歴

出典:リクナビ|年代別の転職回数と採用実態

転職回数が1~2回であればそれほど気にすることはありませんが、上記をふまえて3回目以降は注意すべきと考えておくといいでしょう。

また、転職経験ありという要素も含めて、以下のポイントに注意して転職活動を進めましょう。

  • 転職理由については、前向きな回答が必要
  • 将来のキャリアビジョンはしっかり立てておく

転職理由については前向きな回答が必須

上記データで、転職回数で3回目から気になる人事担当者が多かったものの、実際に採用した人では転職回数3回目が28%という結果も出ています。

転職回数

出典:リクナビ|年代別の転職回数と採用実態

つまり、人事担当者は転職回数だけを見ているわけではなくその理由やキャリアなど他の要素もしっかりと見極めているということです。

面接で特に気をつけたいのは、転職理由です。

ネガティブな理由をあげてしまうと、自分はもちろん前就業先への批判にもつながり、応募先企業への心象もよくありません。

なので「ポジティブな理由に言い換えられないか?」と、考えてみましょう。

どうしても転職理由がネガティブにしかならない場合は、他責に終始するのではなく、自責の要素を入れ、今後に活かしていくという心構えをアピールすると良いでしょう。

将来のキャリアビジョンはしっかり立てておく

転職回数が多い人でよくあるパターンが、「将来のビジョンをしっかり立てていない」ということ。

過去の転職が、ひとつの明確なキャリアビジョンに基づいていると説明できれば、転職回数をそこまで気にしすぎることはありません。

しかしその反対に、転職経験者の場合、一度転職してしまうと「合わなければまた転職すればいい」と安易に考えてしまいがちになることもあり、過去の転職がちぐはぐな印象で、行き当たりばったりに転職を繰り返している印象を与えてしまうこともあります。

そうなると、30代でのキャリアステップもうまくいきません。

29歳の転職では、将来のライフイベントやキャリアビジョンをしっかりと考え、5年後・10年後・15年後の未来をふまえて転職先を検討することが大切です。

失敗できない29歳の転職にエージェントを活用すべき4つの理由

29歳で思うような転職が果たせないと、30代で苦労を重ねる可能性も否定できません。

不本意な気持ちを抱え、その後の長い人生を送るのは悲しいこと。29歳の転職における成否が、人生の大きなターニングポイントといえるでしょう。

失敗はしたくないできない」29歳の転職では、転職エージェントの活用が有効です。その理由を4つに分けてご紹介します。

29歳の転職でエージェントを使うべき理由4つ

  1. 自分の市場価値がわかる
  2. 個別に第三者からの客観的な意見・アドバイスを受けられる
  3. 一般的には出ていない非公開求人を提供してもらえることも
  4. 転職活動での各種交渉・調整などを代行してもらえる

自分の市場価値がわかる

自分だけで転職活動をはじめると、自分の適性やスキルに合わない企業へ応募してしまうケースもあります。

まず、自分のことだけに自分の適性やスキルを把握することはなかなか難しいです。

加えて、一般的な求人票にある少ない情報だけでは、その企業の社風や実際の業務を把握することも至難の業です。

特に自分の市場価値を自分で正確に把握することは難しく、自分の市場価値を見誤ったまま転職活動を続けてもなかなか選考に通らず、「転職活動の長期化のせいで自信喪失…」ということもあるでしょう。

たとえば「年収」だけに目がいってしまい、企業情報をあまり深く理解せずに応募、というケースもありがちです。

そこで採用されてしまった場合、転職後に「こんなはずじゃなかった!」と落ち込んでしまう人もいます。

転職エージェントでは、これまでの経験やスキルをはじめ、さまざまな項目についてヒアリングされます。

その結果、自分ひとりで探すよりも適性のある企業を紹介してもらえるはず。

自分の転職市場価値も把握でき、自分だけでは知りえなかった強みを発見するきっかけにもなります。

個別に第三者からの客観的な意見・アドバイスを受けられる

転職エージェントでは、転職希望者それぞれに個別でエージェントがつきます。

登録の際のヒアリングをはじめ、転職に対する悩みや相談はもちろん、各種アドバイスを受けられるのが大きなメリットです。

ひとりで転職活動を行っているときに陥りやすいのが、「同じ失敗を繰り返すこと」。

たとえば何度応募しても書類選考が通らない、面接で落ちてしまうといったことがあります。

それは応募先企業のマッチング具合ももちろんですが、書類内容・面接での回答に問題があるにも関わらず、それに気づかないまま応募し続けてしまっているケースも多いのです。

転職エージェントを活用していれば、応募企業に採用されなかった場合、その理由などを本人に教えてくれることが多いです。

また応募の前後に、個別で書類添削や面接指導を受けることもできるため、可能な限り内定に近い状態で転職活動を進めることができます。

一般的には出ていない非公開求人を提供してもらえることも

転職エージェントでは、他には出ていない貴重な求人案件を持っているケースが多いです。

それは個人で転職活動していると、出会うことのない企業。そのなかにこそ、あなたにマッチする企業があるかもしれないのです。

転職エージェントでは個人のスキルや実績を把握したうえで案件を紹介してもらえるので、応募して採用される可能性もぐっと高まるでしょう。

転職エージェントを利用して転職活動をする人ならではの特権ともいえます。

転職活動での各種交渉・調整などを代行してもらえる

転職活動では、就業中・離職中と、状況は人それぞれ異なります。

転職時のタイムラグがないよう就業中に転職活動するケースも多いですが、働き続けながら転職活動を行うことは実に大変なのです

応募先企業とのやりとり・書類作成・面接対策・採用選考状況の把握など、仕事と転職活動の同時進行が大変で転職活動が長引く人もいます。

転職エージェントを利用すれば、応募企業との間に入ってスケジュールの交渉や金額交渉なども行ってくれます。

煩雑さの軽減だけでなく、より好待遇で転職できる可能性も高まるでしょう。

この記事のまとめ

29歳は、30歳とたった1年の差ではあるものの、20代という特権をうまく活用できる最後の年齢でもあります。

転職することに不安を感じて迷っていると、あっという間に時間は過ぎてしまうもの。重い腰を上げるのは、早いに越したことはありません。

29歳での転職においてリスクは伴う一方、他の年齢であっても何かしら払拭すべき問題点はあります。

今回の記事を参考に注意点を押さえておき、転職エージェントの力を借りることで想定されるリスク回避は可能です。

ぜひこれまでの社会人経験やスキルを活かし、希望にマッチした転職先に出会えるといいですね。

★20代後半の人におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
リクナビNEXT
  • 転職者の約8割が利用
  • 常に5,000件以上の求人を掲載

詳細

マイナビジョブ20's
マイナビジョブ20's
  • 1,500件の求人全てが20代向け
  • 未経験OK求人が50%以上

詳細

doda
doda
  • 業界最大級10万件以上の非公開求人
  • 内定率86%
  • 入社後定着率93%

詳細

関連記事

28歳の転職は遅いの?男女/異業種/スキルなし,攻略法を採用が伝授

30歳手前の27歳、28歳くらいの年齢にさしかかると、仕事を覚えることも一段落して次のキャリアや転職に…