20代の女性で未経験の業界へ転職するための方法を徹底解説

「20代で未経験の業種に転職なんて、無謀なの?」「20代女性だし、すぐに辞めると思われて採用されないのでは?」

20代の女性が将来のキャリアを考えたとき、今の仕事をずっと続けていくのかどうか、悩む人もいることでしょう。例えばなんて思いを抱えている女性も少なくないはず。

20代の女性にとって、「これからいつ、どんな状況で人生のターニングポイントが訪れるのか」自分自身でも未知数なのではないでしょうか。もし、未経験の仕事に興味があるのであれば、20代女性でも転職できるチャンスはあります。

今回は、20代女性が未経験の業界に転職するための方法を解説していきます。未経験のフィールドに対する不安を解消し、転職成功への近道を探ってみましょう。

★20代女性の転職におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
パソナキャリア
(女性専用)

パソナキャリア女性専用
★当サイト女性の申込数No1
  • オリコンの顧客満足度ランキングNo1
  • 25,000件以上の求人
  • 利用者満足度96.8%

詳細

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
  • 女性専門のアドバイザーが転職活動をサポート
  • 利用者の約71%が年収UP

詳細

doda
doda
  • 【業界最大級】10万件以上の求人
  • 女性の求人特集が見れる

詳細

※公式サイトより引用

転職エージェント
特長
詳細
type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
  • 女性専門のアドバイザーがあなたの転職活動をサポート
  • サービス利用者の約71%が年収UPに成功
  • 未経験職種への転職相談OK

詳細

パソナキャリア
(女性専用)

パソナキャリア女性専用
  • 25,000件以上の業界トップクラスの求人数
  • 25万人の転職支援実績
  • 女性の転職に精通したキャリアアドバイザー

詳細

【この記事を執筆した人】

名前:杉本友美

  • 新卒で専門商社へ入社し、総務・経理・人事事務職として約7年勤務
  • その後公的機関の人事部門にて、人事・労務事務およびディレクション業務に約2年従事(委託業務)
  • その後も大手化学メーカーでの経理事務などを含め計4社約12年の総務・人事・経理キャリアを持つ
  • 現在は総務・人事・就転職・女性の働き方といったジャンルを中心に、フリーライターとして活動中

※本人都合により顔写真は非公開とさせていただきます。

20代の女性で未経験の業界への転職はそもそも可能?

未経験だと、転職に対して躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。ある転職支援サービスのアンケート結果によれば、20代の転職希望者のうち、約6割が別業種を希望しているとのこと。実際には多くの人が別業種へのあこがれを持っているのがわかります。

また、厚生労働省がまとめた「平成28年雇用動向調査結果の概況」によれば、28年度における女性転職者(一般労働者)のうち20~24歳が20.6%、25~29歳が30.8%と、全体の約半数が20代という結果が出ています。

(参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/17-2/dl/gaikyou.pdf)

さらに、リクルートワークス研究所がまとめた「中途採用実態調査(2017年度実績)」によると、新卒・中途(経験者・未経験者)の3区分で考えた場合の採用実績比率では、新卒34.7%、中途(経験者)38.7%、中途(未経験者)26.7%でした。

男女含めた数字ではあるものの、未経験者でも転職できる可能性は大いにあるといえるでしょう。 (参考:http://www.works-i.com/pdf/180627_midcareer.pdf)

ただし転職を成功させるには、転職に対する不安を解消することはもちろんのこと、事前にしっかりとした対策をしておく必要があります。準備なくしては、転職活動が長期化することにもつながりかねません。

転職の際の女性ならではの理由

20代の女性が「転職」に対して感じる不安。それぞれの女性によって悩み・不安はさまざまですが、転職したいと思う理由には主に以下のようなものが挙げられます。

働き方を変えたい

今の仕事内容や職場環境に対し、多少なりとも不満を感じている人は決して珍しくありません。「残業時間を減らしたい」「土日休みにしたい」「しっかり休みを取りたい」「時短で働きたい」など、ワーク・ライフ・バランスを考えたら、働き方を変えておきたいと思うのも自然なこと。

特に結婚や出産など、将来の先行きが不透明な20代女性だからこそ、早いタイミングで転職したいと考える人も多いのではないでしょうか。

福利厚生・産休育休

転職を検討している人のなかには、結婚予定者や既婚者だけでなく、将来的なライフプランに不安を感じる20代女性も多い傾向にあります。「これからしばらくは働き続ける予定だけれど、結婚や出産を考えるようになったとき、今と同じ仕事を続けられるのか。」これは、多くの20代女性が考える悩みのひとつです。

将来的にも長く働ける職場がよいのであれば、やはり福利厚生や産休育休制度が充実した会社で勤めたいと思うもの。20代の今こそ、未来の自分が働きやすいように仕事を変えるという選択肢を選ぶのもありでしょう。

スキルアップしたい

長期的に働くためや、産休明けでも働けるように「スキルアップをしたい」「専門性を身につけたい」と思う女性もいます。

現在の仕事でなかなか思うようなキャリアビジョンを見いだせない、スキルアップを実現できるような仕事ではない場合、「転職」によって新たなキャリア探しをするという方法もあるでしょう。

社風が合わない

転職理由が「職場の人間関係」や「雰囲気の悩み」というのは、男性よりも女性に多い傾向があります。一般的な人間関係だけに関わらず、セクハラ・モラハラなどの原因によって深く悩んでいる女性もいることでしょう。

社内環境・社風が合わないことによって仕事がつらくなり、新たな環境で再スタートを切るために、「転職」という道を選ぶ女性もいるのではないでしょうか。

キャリアアップしたい

転職する目的の優先順位としては、「働きやすさ」に劣るものの、やはり年収は上げたいという女性もいることでしょう。仕事を通して自分を磨き、キャリアも着々と築き上げている20代女性なら、これからの飛躍した自分をイメージしつつ、キャリアアップのために転職することも有効な手段です。

このように、多くの悩みや不安はつきものです。しかし転職することで、すべて100%叶うというわけにはいかないでしょう。まずは、「一番優先すべきポイントはどこなのか、譲れるポイントはどこなのか」自分自身の気持ちと向き合ってみることです。

自分のなかで納得のいく答えを出しておかないと、不満を抱えながら転職活動を続ける原因になってしまうでしょう。

未経験の業界へ転職をするためにまず何から始めればいい?

転職が成功するかどうかは、人生を大きく変えるといっても過言ではありません。特に未経験の業界への転職では、どのように進めていったらよいのかよくわからないという人もいるのではないでしょうか。

転職活動をはじめる前に、まずは以下のポイントを押さえ、事前に調整しておくことが重要です。

スケジューリング

転職活動をはじめるにあたり、どれくらいの期間で転職活動をしたいのか、ある程度のスケジュールを立てておくことで、ダラダラと転職活動をするリスクを軽減できます。転職した場合、どれくらいの時期に退社・入社したいのかを見越し、逆算して転職活動をはじめましょう。

一般的な転職活動期間としては、3〜6カ月程度です。転職準備や書類作成などで2〜3週間程度、求人に応募・採用選考などで2〜3カ月程度、内定・引き継ぎ・退職などで2カ月程度と想定されます。

引き継ぎ期間などは社内の状況によって異なるでしょうが、ある程度時期を想定しながら行動するようにしておきましょう。

社内調整

内定後、入社時期の調整をするにあたり、現職の社内調整が必要になってきます。まずは上司に対し、希望日の約1〜3カ月前を目安に、退職希望の報告をしましょう。ある程度の引き継ぎ期間を考えて伝えるのは社会人マナーです。

上司と相談して各種引き継ぎスケジュールが整った後、退職届を提出します。入社日は退社日より少し余裕を持ってお願いしておくとよいでしょう。何らかのトラブルがあった場合、双方の企業に迷惑をかける恐れもあります。

退社にともない、社会保険などの手続きが発生しますので、人事の指示に基づいて書類を提出しましょう。また、退職金・賞与・有給消化など金銭的な部分でも、後々のトラブルにならないよう、確認しておくことです。

自己分析をしておく

就職活動などで行った人は多いかもしれませんが、自己分析は社会人として仕事をするにあたり、非常に重要です。自分が何をしたいのか、どんなことができるのか、自分としっかり向き合って仕事に対する考え方をまとめておくことで、思いの外スムーズに転職活動が進むはずです。

これまでの実績・経験・スキルなどを書き出し、「自分の強みは何なのか」を具体的に突きつめていきます。いくつかの強みについてピックアップし、具体的なエピソードを加えて文章にまとめましょう。何を感じ・どんな学びを得たのか、どんな成果があったのかを具体的にわかりやすくアピールすることです。

面接、書類対策

「書類選考では必ず通るのに、なぜか面接には弱い。」そんな人のなかには、「面接での回答内容と書類に一貫性がない」という場合もあります。ビジネスシーンにおいては、実績・スキルも重要ですが、人としての信頼性も大切なポイント。

転職活動で転職理由・志望動機・自己PRは、書類選考・面接選考ともに記載・回答する場合がほとんどです。前向きな内容であるとともに、内容の一貫性を持たせるようにしておきましょう。

特に面接においては「なぜ未経験業界である当社を志望したのか」と聞かれるのは確実です。確実に聞かれるであろう質問については、事前に回答すべき内容をまとめてスムーズに答えられるように準備しておくことは必須です。

転職後に社風が変わることへの心づもり

転職後によく聞かれるのが「社風になじめない」というミスマッチ。転職活動では、求人内容など紙ベースの情報と、面接担当者など面接時に対応する社員の雰囲気くらいしか「会社を知る方法」はありません。

社内の雰囲気は、実際に入社してみないとわからないという場合も多いもの。しかし、入社してすぐに辞めてしまうなんてことは、自分にとっても転職先企業にとってもメリットはありません。

社風は変わって当たり前という覚悟とともに、柔軟に対応できるような努力も大切です。

未経験転職が不安なら転職サイト・エージェントを活用すべき

転職活動は、事前のスケジューリングをはじめ、必要な準備をしておくことはもちろん重要です。さらに客観的なサポートを得ることで、自分だけで行う以上の成果をもたらしてくれる可能性が高まります。

ここでは、20代で未経験の仕事へ転職したい女性におすすめの転職サイト・エージェントについて見ていきましょう。

DODA

パーソルキャリアが運営する「DODA」は、転職情報誌時代から30年近いキャリアを持つ老舗ともいえる存在。DODAは転職サイトであり、求人数の多さが魅力でもあります。しかも、エージェントサービスに無料登録することもでき、全体の8〜9割ともいわれる非公開求人情報を得ることができるのも特徴です。

女性のキャリアアップを目指すべく、アドバイザーがともに活動を支えてくれるので、自信を持って転職活動に励むことができるでしょう。

日本最大級のエージェントサービス|非公開求人の豊富さに定評のある「doda」

dodaの特徴

  • 10万件以上の求人から、希望に合う会社を見つけられる
  • 未経験職種への転職に強い
  • 2人のプロによる転職活動サポート
  • イベントの出展企業数・募集職種数No.1
公式サイトはこちら

type女性の転職エージェント

「type女性の転職エージェント」は、18年以上の歴史を持つ実績とノウハウを兼ね備えた転職エージェント。経験豊富な女性アドバイザーも多く在籍しており、信頼のおけるアドバイザーと言えるでしょう。

「女の転職@type」という同じ会社が運営する転職サイトもあり、転職エ―ジェントの実績もありながら、転職サイトの豊富な求人数や企業とのつながりで魅力的な求人を紹介してもらえるチャンスがあります。

20代の正社員転職支援なら、type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントの特徴

  • 専任のアドバイザーから女性転職者へのサポート
  • 転職支援サービスを利用して転職した方の約71%が年収UPに成功
  • 各種書類の提出・交渉もアドバイザーが代行
公式サイトはこちら

マイナビジョブ20’s

マイナビは、新卒・転職を含め、業界大手の人材広告企業です。なかでも20代・第二新卒向けに特化したサービスが「マイナビジョブ20’s」。専任アドバイザーからの個別アドバイスはもちろんのこと、各種セミナーが開催されているのも注目です。

セミナーは東京・大阪・名古屋オフィスで開催されており、職種別相談会や面接対策など、ぜひ参加してみたい内容が網羅されています。女性向けでは事務職への転職成功へ向けたセミナーをはじめ、これまでに女性のキャリアプランセミナーなども開催されています。

書類・面接対策はもちろんですが、こうしたセミナーなどに足を運んで転職への知識を深めるのにも「マイナビジョブ20’s」はぴったりのサービスです。

若年層の転職を熟知したキャリアアドバイザーが、20代の転職をフルサポート!

マイナビジョブ20'sの特徴

  • 転職経験を持つキャリアアドバイザーが個別にカウンセリング
  • 東京・関西・東海地方の転職に強い
  • 履歴書・職務経歴書の添削や面接対策のサポート
  • 応募手続きから面接日程調整の代行
公式サイトはこちら

20代の女性で未経験の業界へ転職した人の声

未経験業界への転職をした20代女性の体験談
女性アイコン 27歳:女性
カテゴリー第二新卒
転職活動期間6ヵ月
転職経験2回
きっかけDODA

Q:「未経験職種への転職を決断した理由はなんですか?」

A:営業をやっていて、自分の限界を感じ、OAスキルを活かした事務への転職を決意するようになりました。

Q:「転職活動前に不安に思っていたことはなんですか?」

A:未経験の職種だとどうしても、転職時に不利に働いてしまうのではないかと不安でした。 事務職であれば希望者も多く、資格保有者も居るので、そんなライバルに勝って自分が就職できるかどうかというのが未知数なのは怖かったです。

Q:「転職エージェントを利用してよかったことはなんですか?」

A:自分で全て手配をする場合は時間も労力もたくさんかかってしまいますが、履歴書の送付や面接日程の折衝をすべて行ってもらえたので効率的に進めることができました。 面接時のアドバイスや自分の希望条件の見直しなども一緒に見てもらえて不安が拭えたことも良かったです。

Q:「20代女性でこれから転職する人にアドバイスするとしたらどのようなアドバイスをしますか?」

A:フレッシュな20代であれば、自信を持って挑めば、きっと自分を必要としてくれる企業があるはずです。 スムーズに転職活動を進めるためにもエージェントサービスは利用するのが得策と思いました。時間が限られて居る社会人の転職には、大分助かります。

未経験業界への転職をした20代女性の体験談
女性アイコン 24歳:女性
カテゴリー第二新卒
転職活動期間2ヵ月
転職経験1回
きっかけDODA

Q:「未経験職種への転職を決断した理由はなんですか?」

A:当時は営業職に就いていましたが、将来的に結婚や出産を考えていたため年齢を重ねても長く続けやすい事務職への転職を志しました。日商簿記・医療事務の資格をとれば職場が変わっても活かせるスキルになります。

Q:「転職活動前に不安に思っていたことはなんですか?」

A:求人情報を見ると、事務職の募集条件の多くは「経験必須」や「資格保持者のみ」となっており、資格を持たない未経験はかなり不利になると思っていました。また、在職中に活動をしようと思っていたので、現在の仕事と両立して選考を進めることができるのかがとても不安でした。

Q:「転職エージェントを利用してよかったことはなんですか?」

A:誰にでも当てはまるようなことではなく、私のこれまでの実績と今後目指したい姿を理解した上で選考に関するアドバイスを丁寧に教えてもらえました。また、面接日程の調整から内定後の給与の交渉など、企業とのやりとりを全て行ってくれるので、在職中でもスムーズに転職活動が進められて助かりました。

Q:「20代女性でこれから転職する人にアドバイスするとしたらどのようなアドバイスをしますか?」

A:私も転職活動を始める前は不安でいっぱいでしたが、実際にやってみたら20代の女性にはたくさんの需要があります!エージェントなどを上手く活用すれば、自分の希望する条件に合った企業も見つけやすくなります。就活の時と違って内定は意外とすんなりとれるので、自分なりの軸をみつけて頑張ってください!

まとめ|20代の女性で未経験の業界へ転職する為に必要な事

この記事のポイントをおさらいしていきましょう。

  • 20代の女性で未経験の業界への転職は珍しい事ではない。可能。
  • 転職の際の女性ならではの理由を自分と向き合って言語化しておく。その上で、転職活動しなければ長期化する可能性もある。
  • 転職活動は全体感を把握した上でするとよい。不安なら転職サイト・エージェントを活用がおすすめ。

20代というのは、まだまだ社会に出て数年という世代です。「この仕事がしたい!」と思ってチャレンジしたものの、他の仕事に関心が向いたり、自分の適性に合った仕事に改めて気づいたりすることもあるでしょう。そのため、20代でジョブチェンジするという選択肢を選ぶ人は、決して少なくはないのです。

特に20代女性といえば、働きながら結婚・妊娠・出産という人生の転換期を迎える人もたくさんいます。これからは働き方改革のもと、女性が出産しても働きやすい環境づくりが進んでいくでしょう。その波に乗り、結婚・出産後も長期的に働けるような仕事を探す女性が「転職」を考えることも増えているのです。

転職活動で有効なのは、転職サイトの活用はもちろんですが、転職エージェントなどアドバイザーからのサポートも重要に。信頼できるアドバイザーは、転職志望者に大きな自信・勇気を与えてくれるはずです。ひとりで不安にかられながら転職活動をするのでは、なかなか転職がうまくいかない要因にもなります。

悩みや相談に耳を傾け、書類・面接対策などで力強く背中を押してくれるアドバイザーとともに、転職活動を乗り越えていけるとよいですね。

関連記事

20代女性が登録すべき転職サイト・転職エージェント8選をタイプ別に…

「20代女性向けの転職サイトはあるの?」「種類が…

20代女性必見!転職の面接にふさわしい服装とNGな服装

「20代女性の場合、転職の面接ではどんな服装が良い?」「

【体験談からわかる】20代女性が事務職への転職を成功させる方法

「20代女性が事務職に転職するにはどうすればいいの?」「

女性の転職 20代前半/20代後半,年代別に処方!2つの成功プラン

女性はプライベートが将来のキャリアに大きく影響するため、さまざまな不安を感じてしまいますよね。

女性が転職を考える時と実際の転職理由の差“転職すべき?”に答えます

女性は20代から30代にかけてライフイベントが重なることが多く、