未経験転職におすすめ!採用されやすい業界職種10種と攻略法6選

未経験分野への転職を検討している人たちにとって、「未経験での転職の際、年齢がどう影響するか」「未経験分野への転職が厳しくなるのは何歳くらいからか」ということは最も気になるところではないでしょうか?

実際、未経験での転職において、年齢は大きく影響します。

また、新しいことに挑戦したい気持ちはあるものの、「どんな業種・職種への転職がおすすめなのか知りたい」という方も多いでしょう。

そんな方のために、本記事では未経験での転職と年齢の関係や未経験でも転職しやすい業種・職種を一挙にご紹介します。

新しい世界での活躍を目指して、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • 未経験からの転職は「異業種」「異職種」の2タイプある
  • 異業種への転職なら30代以降も可能
  • 異職種への転職は早ければ早いほど有利
  • 未経験でも採用されやすいおすすめの業種と職種
  • 「未経験業種」「未経験職種」それぞれを目指す場合の効果的な転職活動法
★20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
doda
doda
転職サイト
転職エージェント
  • 多くの求人を見たい人におすすめ
  • 転職エージェントと転職サイトの両方を使える
  • 【業界最大級】常時10万件の求人を紹介

詳細

ハタラクティブ

ハタラクティブ
転職エージェント
  • 未経験業界に転職したい人におすすめ
  • 実際に調査した優良企業のみ紹介
  • 面接のフォローがあるため安心!

詳細

DYM就職
DYM就職
転職エージェント
  • 職歴・学歴に自信がない人におすすめ
  • 書類選考なしで面接可能!
  • 高い就職率96%

詳細

高下真美

【この記事を執筆した人】

  • 新卒でインターンシップ紹介・人材派遣・人材紹介のベンチャー企業に入社
  • 営業・コーディネーター・人事・総務に2年半従事
  • その後大手人材会社に転職し、求人広告の年間採用計画を提案する営業として8年勤務
  • 大手アパレル、外食チェーン、流通、医療など幅広い業種を担当
  • 現在は就職・転職系メディアの記事執筆など、フリーライターとして活動中

未経験業種と未経験職種の違いとは?簡単に解説

未経験業種と未経験職種への転職の違い

まずは未経験業種と未経験職種の違いについて、ご紹介します。

未経験業種への転職というのは、たとえば電子機器の商社で法人営業をしていた人が半導体メーカーの営業職に転職した場合です。

職種は営業職で同じですが、業種を変更したため、未経験業種への転職となります。

未経験職種への転職は、不動産会社で事務をやっていた人が不動産会社の経理になった場合などを指します。

業種は不動産業界で同じですが、職種を変更をしているため、未経験職種への転職となります。

商社の事務として働いていたけれど、広告代理店の営業職に転職したという場合は、異業種・異職種への転職となります。

  • 業種は企業や事業の種類・職種は職業の種類

異業種への転職は広き門、未経験職種への転職は20代のうちがおすすめ

20代の67%、30代でも52%が異業種へ転職している

年齢別の異業種への転職の割合

出典:doda 未経験の業種・職種に転職できる可能性はどれくらい?

データによると、20代の67%、30代でも52%の人が異業種へ転職している結果が出ています。

20代前半の第二新卒に当たる年代の転職では、異業種へ転職する人が7割以上も存在し、20代後半でも約6割以上が異業種転職をしています。

さらに30代でも前半後半問わず、2人に1人が異業種に転職をしている結果を見ると、20代・30代問わず、未経験の異業種への転職は広き門と言えるでしょう。

20代の4割が未経験職種への転職に成功、30代では3割以下に

年齢別の異業種転職者の割合

出典:doda 未経験の業種・職種に転職できる可能性はどれくらい?

異業種転職と比較すると、異職種への転職は難易度が高いことが見て取れます。

異職種の転職者は、20代前半でも48%しかいません。

そこから20代後半で36.7%、30代に至っては前半で28.8%、後半で28%と大幅に下がっています。

20代から30代になると、未経験から異職種への転職を成功させている人の割合が14%程度も少なくなることを考えると、異職種への転職を検討しているのであれば20代のうちの方が有利だと言えるでしょう。

異業種の場合は転職先の業種の特徴をつかめば即戦力になってくれるという面がありますが、異職種の場合はどうしても仕事の経験自体がゼロとなってしまいます。

転職して未経験からスタートするのは年齢が高くなるにつれて難しくなる傾向にあります。

未経験でも転職しやすいおすすめ業種TOP5

この章ではデータをもとに、未経験でも転職しやすいおすすめ業種をランキング形式でご紹介します。

転職した人の業種間・職種間の動きを調査し、未経験の転職希望者の受け入れが多かった業種をお伝えしてきます。

未経験でも転職しやすいおすすめ業種ランキング

異業種からの転職者を多く受け入れている業界は多かった順に、「IT・通信業」「サービス業」「メーカー」「建設・不動産業」「メディカル」となりました。

異業種からの転職者を多く受け入れている業界 ということを考えると、未経験でも転職しやすい業種だと言えるでしょう。

こう見てみると、人手不足といわれている業界がランキングの上位に来ている事がわかります。

どの業界も新聞やメディアで人手不足が報道され、外国人労働者の受け入れ先としても名前が挙がっています。

では、実際にどういった企業がそれぞれの業種に当てはまるのでしょうか?

「IT・通信業」はこんな企業

  • NTT系列
  • 携帯電話会社
  • 大塚商会

「サービス業」はこんな企業

  • リクルートホールディングス
  • 博報堂DYホールディングス
  • 電通などの広告代理店
  • 楽天などのBtoCサービス
  • セコムや総合警備保障などの警備会社
  • オリエンタルランドに代表されるテーマパーク
  • エイチ・アイ・エスなどの旅行代理店

「メーカー」はこんな企業

  • アサヒ・キリン・サントリーなどの飲料
  • 三菱重工業
  • 小松製作所
  • ダイキン工業などの機械メーカー

「建設・不動産業」はこんな企業

  • 大和ハウス工業や積水ハウスなどの住宅メーカー
  • 大林組や鹿島建設・清水建設・大成建設・大東建託などの建設系会社

「メディカル」はこんな企業

  • 武田薬品工業
  • アステラス製薬
  • 第一三共
  • エーザイ
未経験の転職者を多く受け入れているこれらの業界に共通して言えることは、時代と共にますます高まるニーズに対して人手不足が起こっているということ。

求人票にある「未経験歓迎」の文字を、「過酷な労働がある」「離職率が高い」と深読みし過ぎてしまう人もいるかもしれませんが、企業側が「未経験でも積極的に採用したい」と思っている背景には、このような時代の流れがひとつの要因として大きく関わっています。

後ほど詳しく解説していきます。

未経験でも転職しやすいおすすめ職種TOP5

データをもとに、今度は未経験でも転職しやすいおすすめの職種をランキング形式でご紹介します。

未経験からの転職者を多く受け入れた順にまとめると、以下のようになりました。

未経験でも転職しやすいおすすめ職種ランキング

業種と同じように異職種からのを多く受け入れていれば、未経験でも転職しやすい職種だと言えるでしょう。

「営業職」はこんな職業

  • コンサルティング営業などの形式
  • 販売チャネルの違いなどで表されるルート営業
  • 新規営業

「企画・事務系」はこんな職業

  • 経営企画・営業企画・事業企画
  • マーケティング職
  • 新規営業

「アシスタント系」はこんな職業

  • 一般事務
  • 営業事務
  • 営業アシスタント

「技術系(化学・食品)」はこんな職業

  • 基礎・応用研究
  • 製品開発
  • 生産管理

「販売・サービス系」はこんな職業

  • ホテルのフロント
  • 旅行企画
  • 飲食店のホールスタッフ・店長
  • ブライダルコーディネーター

ここまで未経験でも歓迎してくれる可能性の高い業種・職種をご紹介しましたが、次章では、それらの業種や職種が未経験でもなぜ転職しやすいのか、その理由をご紹介します。

【業界・職種別】未経験歓迎は罠じゃない!転職しやすい理由とは?

IT・通信業やサービス業が未経験歓迎の理由は?

未経験でも転職しやすいおすすめ業種ランキング

1位 IT・通信業

IT・通信業は圧倒的に需要が伸びてきており、それに対応するだけの人手が不足しているため、未経験者に教育してでも採用を強化したいという企業が多いです。

特に不足しているエンジニアなどの技術職に関しては、未経験歓迎をアピールし、もともとエンジニアでない人を一人前のエンジニアにするべく教育体制を整えている傾向にあります。

2位 サービス業

2位のサービス業は、「立ち仕事できつい」「接客業が合わない」「休みが土日祝でない」などを理由に離職する人が多いです。

また、アルバイト時代にこの仕事を経験したため、正社員としては別の仕事を選ぶ人もいるでしょう。

結果サービス業への応募が減り、全体的に人手不足になってきているのです。

人材確保ができないとお店が回らなくなり経営難に陥るため、未経験からでも歓迎する動きがあると考えられます。

3位 メーカー

3位のメーカーで人手不足になっているのは、主に工場の作業です。

工場勤務=きついというイメージや、先輩との年齢差が開きすぎてギャップが大きくなじめないというイメージがあるせいか、需要に対して十分な入職者を確保できていないことも大きな理由となっているでしょう。

4位 建設・不動産業

4位の建設・不動産業はオリンピック開催などで需要が一気に高くなっていることもあって、人手不足が続いています。

人数の多かった団塊世代が退職し、若者離れが進んでいるため、圧倒的に数が減っていっています。

5位 メディカル

5位のメディカル系は超高齢化社会を迎えている影響で、これからも需要がどんどん高まっていくことが予想されています。

また、今後は長寿化の問題も出てくるため、高齢者に対して働く世代の人数が圧倒的に少なくなることが明白です。

これらの問題がある結果、人手不足にならざるを得ない状況になっています。

これらの状況により、人手不足に悩んでいる業界は未経験者を今から採用・教育し、さらなる需要アップや人手不足を打破しようとしています。

そのため、未経験者が転職しやすくなっているのです。

営業や事務系の職種が未経験歓迎の理由は?

未経験でも転職しやすいおすすめ職種ランキング

では次に、職種で未経験歓迎の理由はどのような物があるのでしょうか。ご紹介していきます。

1位 営業

1位の営業職に必要なのは交渉・コミュニケーション能力、達成意識などがあります。

営業職自体には資格がないため、これらの能力を具体的にアピールできれば受け入れてもらえる可能性が高いです。

特に営業でなければ身につけられない能力ではないため、その点が転職しやすいポイントといえるでしょう。

2位 企画・事務系

2位の企画・事務系も営業職からの配置転換などで異動するような部署でもあるため、これまでの業務で活かせそうなことをアピールできれば、歓迎してもらえます。

ずっと企画畑にいる人よりも、経験がないからこそ新しい発想が生まれる場合もあります。

そのあたりも企業側にとって未経験者を受け入れるメリットがあるといえるでしょう。

2位 事務・アシスタント系

同じく2位の事務・アシスタント系は事務作業が必要ない業界自体がほとんどないことから、一定数以上の需要があります。

また、事務作業を行わない職種自体もがほとんどありませんから、全員に何かしらの事務作業経験があると言いえる点が転職しやすい要因といえます。

4位 技術系(化学・食品)

4位の技術系は大学で学んできていれば、その応用で役に立つ場合もあるため、その場合は歓迎される可能性が高いです。

5位 販売・サービス系

5位の販売・サービス系もお客様と接する機会は他職種でもありますし、アルバイト時代の経験が生きることもあるでしょう。

事務と同じくまったくの未経験という場合がないため、歓迎されると考えられます。

未経験からの転職を成功させるおすすめ攻略法6選

異業種への転職は業界研究から始める

最後に、未経験から異業種・異職種の転職を成功させる攻略法3選をご紹介します。

まずは異業種から解説していきます。

異業種の転職を成功させる方法3つ

  1. 業界研究・企業研究を綿密に行う
  2. 今の仕事との共通点を探す
  3. 自分のポータブルスキルを棚卸しする

1.業界研究・企業研究を綿密に行う

働き方がどう変わるかをよく理解していなければ、アピールもできません。

そのため、まずは業界研究・企業研究を綿密に行ってください。

そして次にその業界の働き方に役立ちそうな自分のスキルを当てはめてアピールしていくのがおすすめです。

2.今の仕事との共通点を探す

アピールする時に「今の仕事とのこういった共通点がある」と伝えるだけで業界・企業について研究していると伝えられます。

また、今の仕事で培ったスキルや経験が生きる部分をアピールすることで、今の仕事実績も自己PRにつながります。

3.自分のポータブルスキルを棚卸しする

自分のポータブルスキル(どこでも使える汎用的なスキル)が何かを、洗い出してください。

【仕事の仕方に関するポータブルスキル】

成果をあげるために重要な行動 職務遂行上、特に重要であるもの
課題を明らかにする 現状の把握
課題設定に先立つ情報収拾の仕方や内容、情報分析など
課題を明らかにする 課題の設定方法
設定する課題の内容(会社全体、事業・商品、組織、仕事の進め方の課題)
計画を立てる 計画の立て方
計画の期間、関係者・調整事項の多さ、前例の有無など
実行する 実際の課題進行
本人の役割、スケジュール管理、関係者、柔軟な対応の必要性、障害の多さ、成果へのプレッシャーなど
実行する 状況への対応
柔軟な対応の必要性、予測のしやすさなど

【人との関わり方に関するポータブルスキル】

対人メネジメントで重要なこと 職務遂行上、特に重要であるもの
社内対応
(上司・経営層)
指示に従う必要性、提案を求められる程度、社内での役割期待など
社外対応
(顧客、パートナー)
顧客、取引先、対象者の数、関係の継続期間、関係構築の難易度など
部下マネジメント
(評価や指導)
部下の人数、評価の難しさ、指導・育成が必要なポイントなど

出典:厚生労働省

まずは業界・企業研究を行い、今の仕事との共通点を見出します。

それらの共通点におけるポータブルスキルは何かを洗い出し、実績も交えるととても魅力的なアピールができあがります。

  • 経験がない未経験の分野で、自己アピールに説得力を持たせるためには、今の仕事と志望業種の共通点において、「こんなポータブルスキルを持っていますその証拠に、こんな実績があります」のセットでアピールすることがおすすめです

異職種への転職は役立つ資格取得を目指そう

次に、未経験から異職種への転職を目指す場合の攻略法です。

異職種の転職を成功させる方法3つ

  1. 20代で転職できるようにスケジュールを組んでおく
  2. 役に立つ資格を探し、取得を目指す
  3. 異職種でも共通で使える能力・経験をアピールする

1.20代で転職できるようにスケジュールを組んでおく

30代になってから異職種へ転職する難易度は高いため、20代で転職できるようにスケジュールを組んでおきましょう

もしすでに30代になっている場合は、以下の2と3の攻略法を組み合わせ、自分の経歴を強化していく方法がおすすめです。

2.役に立つ資格を探し、取得を目指す

職種が変わってしまうと、これまでの経験がまったく生きない場合もあります。

そうならないように、志望している未経験職種で役に立つ資格を、実際にその職種で働いている人にヒアリングして取得するようにしましょう。

また、取得にまで至っていなくて、取得のために動いている段階でも構いません

そのことをアピールすることで、意欲と入社した後のことも考えて動いていると企業に伝えることができます。

3.異職種でも共通で使える能力・経験をアピールする

今の仕事の中で異職種でも使える能力や経験はないでしょうか?

「今の仕事はアシスタントだけど、経営企画の事務をやっていたから資料のつくり方がわかる」「営業職だが、自分がどういうサポートを受けたら嬉しいかを実感してきたからできる」など具体的なエピソードを伝えられると、面接官が具体的にイメージできるのでおすすめです。

異業種・異職種それぞれのポイントを押さえて、ぜひ転職活動に取り入れてみてください。

未経験からの転職を成功させるためには、転職エージェントが必要な3つの理由

未経験からの転職は、経験者として転職するのとはまた違う難しさがあります。

未経験からの転職の難しさ

  • 業界研究・職種研究から始めることになる
  • 未経験OKの求人が見つけにくい
  • 働き方が具体的にイメージしづらいため、効果的なアピールがしにくい

未経験から異業種へ、異職種へ転職する際はこの3つの難しさが大きな壁となります。

転職エージェントを活用すると、以上3つの難しさに対して、以下のようなサポートを受けることができます。

業界・職種・企業のことを教えてくれる

転職エージェントは企業の採用側とパイプを持っています。

そのため、自分1人の力ではキャッチできない有益な情報を手に入れることができるでしょう。

また、転職エージェントの中には、特定の業界や職種に強い、特化型エージェントもあるので、志望する業界が決まっているという方はそちらに登録しても良いでしょう。

ただし、未経験で業界知識が乏しいまま、ひとつの特定の業界だけに絞ると言う行為はリスクもあるため、その業界以外の求人を紹介してくれる総合型のエージェントにも登録しておくことをおすすめします。

未経験OKの求人を見つけてきてくれる

膨大な数の求人の中から、「未経験歓迎」の求人を探すことは想像以上に大変です。

また、誰でも見られるいわゆる公開求人は数に限りがあるため、「なかなか未経験OKの求人を見つけることができない…」ということもよくあります。

しかし、転職エージェントを利用した場合は、最初の面談の「未経験から異業種・異職種へ転職したい」という希望をもとに求人を紹介してくれるので、そもそも経験者でなければ難しい企業の求人は省いてくれています。

また、転職エージェントを利用すると、世に出ていない非公開求人にも応募することができるため、自分1人で探していた時とは比較にならない数の求人に触れることができるようになり、マッチする企業も見つかりやすくなるでしょう。

具体的な働き方を教えてくれ、効果的なアピールを一緒に考えてくれる

前出のように、転職エージェントは採用側の企業とのパイプを持っているため、その企業やどう言う働き方をするのか?という部分に詳しいです。

同じ職種でも、企業によりどの部分までを業務として受け持つことになるのかは微妙に異なるものですが、そういった細かい部分の情報を得ることができるのは安心です。

また、今までの自分のキャリアと志望している業種や職種との共通点どんなアピールができるか?どんなアピールが効果的か?についてもアドバイスをもらえるので、より転職成功に近づくことができます。

この記事のまとめ

未経験から異業種・異職種へ転職する際は不安も多く、うまくいくのか心配になる人も多いはずです。

しかし、ご紹介した攻略法6選をそれぞれ活用すれば、転職活動もうまく進めていけるでしょう。

もし自分1人ではなかなかうまくできなそうだと感じるのであれば、転職エージェントの力を借りてみるのもおすすめです。

自分では気がつかなかったスキルや経験を、「異業種異職種にどう活かせるのか」までアドバイスをしてくれるため、さらにスムーズな転職活動が実現できるはずです。

ぜひうまく活用しながら自分の理想の転職を叶えてみてください。

★20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント★
サービス
特長
公式サイト
doda
doda
転職サイト
転職エージェント
  • 多くの求人を見たい人におすすめ
  • 転職エージェントと転職サイトの両方を使える
  • 【業界最大級】常時10万件の求人を紹介

詳細

ハタラクティブ

ハタラクティブ
転職エージェント
  • 未経験業界に転職したい人におすすめ
  • 実際に調査した優良企業のみ紹介
  • 面接のフォローがあるため安心!

詳細

DYM就職
DYM就職
転職エージェント
  • 職歴・学歴に自信がない人におすすめ
  • 書類選考なしで面接可能!
  • 高い就職率96%

詳細

関連記事

第二新卒の期間はいつからいつまで?定義は企業によって異なる

「第二新卒っていつからいつまでを指すの?」「

20代未経験の転職者におすすめ転職サイト・転職エージェント10選

どうしてもハードルが高く思えてしまう未経験での転職。 「未経験者向け」と書かれた転職サー…

第二新卒の転職は不利なの?転職市場における第二新卒の需要につい…

「会社を辞めたいけれど、まだ入社して間もないから転職に不利にならないかな?

第二新卒の面接対策マニュアル|面接担当者は第二新卒の何を見てい…

「第二新卒は、新卒と同じ自己PRでよいの?」

第二新卒の転職理由はそれで大丈夫?“理由のポジティブ化”例文9つ

第二新卒者の転職の場合、特に転職理由が重視されがちです。 理由…